ザ・ブック・オブ・ヘンリーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ブック・オブ・ヘンリー」に投稿された感想・評価

おぐり

おぐりの感想・評価

4.0
前半の悲しいドラマと後半のサスペンス感すらある展開の緩急には驚かされた。
子どもなのにも関わらず、その才能ゆえに子ども扱いされなかったヘンリーがようやく子ども扱いされるシーンにはグッときた。
正直僕は理不尽な悪には正義の鉄槌を下すべきと考えたヘンリーに共感してしまった。
mmd14r

mmd14rの感想・評価

4.2
子どもも大人もstep by step

途中からドキドキが止まらなかった。

itとワンダーの子役たち、君らが出る映画は毎回最高なんか。
早い段階から涙がこぼれ落ちていったよ。

ヘンリーの天才の理由をもっと知りたかった。情報量というか、物語における重大要素が多すぎて、ピックアップしてほしかったところがたくさんあった。どうやって天才になったのかとか、弟の苦悩とか、兄弟愛とか、母親の過去とか、アビューズの詳細とか…。シリーズものにしても良かったぐらいの内容の濃さ。

あーあ、今日目が腫れちゃダメな日だったのになあ。

大人が子どもを成長させるように、子どもも大人を成長させるんだね。

ヘンリーの資金運用の知識ほしい。

このレビューはネタバレを含みます

前情報としてあらすじを軽く見ただけだったから意外な展開にビックリした。前半と後半でまったくの別ジャンルだったね…。予想外のクライムサスペンスにドキドキ。大筋としては天才少年の息子に全てを委ねてきた母親の成長ストーリー。
ヘンリーの計画が成功してしまうのか、ハラハラしたなー。というか倫理観がバグってないか?親に殺しをさせるのも、その計画を実行しようとする親もどちらもヤバい。天才ならもう少しまともなプランは無かったのでしょうか…。もちろんクリスティーナは救わないといけないけどそれでいいのか?と思っていたから、土壇場でスーザンが人としての正しい決断を出来てホッとした。ただグレンの結末はご都合主義的。
子役たちの演技も良かったし、意外な展開の連続で個人的には割と楽しめたかな。批評家からの評価は散々だったみたいだけど(笑)。
ucoucoucoi

ucoucoucoiの感想・評価

3.8
とにかく子役が美しい…

母親にとっても弟にとっても彼の存在は大きすぎて、荒れてしまう彼女と孤独を深めていく弟の姿は見ていて苦しかった。

彼の作戦を実行する中で強くなっていく母。でも必死になりすぎて麻痺していた。張り詰める中、思いがけず現れた写真が母親としての、人としての自覚を取り戻させる。
sames

samesの感想・評価

3.6
レビューチラ見してて、フロムダスクティルドーン的な、途中でパカッとストーリーが変わる展開を期待してしまったがそこまででもなかった。
壮大な前振りというか、後半気持ちがついて行かなかった感じあり。なんなら二個の映画に分けて、ジャンルの全く違う続編ものとかにしたら面白いかったんじゃないでしょうか?!
ジェイデンくんとジェイコブくんという、目の保養兄弟目立てでNetflixで観ました。

淡々と生活が進んでいく感じかなと思っていたら、まさかの急展開が。

ジェイコブくん演じる弟くんのが発表会で拍手喝采されているシーンが好きでした。
R

Rの感想・評価

4.0
こんな感動する展開だとは思わなかった…
グレンはBrBaのハンク
ぽめこ

ぽめこの感想・評価

3.9
11歳の天才少年ヘンリーは、隣に住む少女が父親に虐待を受けていることを知り、彼女を救い出す作戦を計画する。しかしそんな最中、彼の病気が発覚し、家族にその作戦を託すため、ノートとボイスレコーダーに作戦の詳細な計画を残すことに。


天才少年の話かと思いきや、まさかの感動シーンが多めだった。

ヘンリーめっちゃ美少年だし天才だし家族思いだしあまりにも完璧すぎる。。。弟役くんはwonder君は太陽の主役の子。演技が上手い。

ラストの発表会での弟くんの発表すごく良かった。感動した。
さゆみ

さゆみの感想・評価

1.9
母親の成長を表現したいなら他の表現の仕方があっただろう。
子役の演技、素敵でした。
u

uの感想・評価

3.0

兄弟が愛しい序盤
そこから始まる急展開
完璧じゃない母親の成長ストーリー
>|