潜水艦クルスクの生存者たちの作品情報・感想・評価・動画配信

『潜水艦クルスクの生存者たち』に投稿された感想・評価

鉄の棺に乗るということは
PARLIAMENT

PARLIAMENTの感想・評価

3.5

2023 12

命より 機密を守る おそロシア

実際に起きた原子力潜水艦の事故の映画化作品。乗組員が必死にもがく中、もちろんロシア軍も救出に向かうのだが、英国海軍が救命を表明しても…

>>続きを読む
linemi

linemiの感想・評価

3.5
2023年20本目
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

3.7

ロシア潜水艦クルスクの乗務員ミハイル(マティアス・スーナールツ)は妻ターニャ(レア・セドゥ)と息子を残し任務に向かうが、訓練用魚雷の事故で海底に沈む。わずかな生存者とともに救援を待つミハイルだったが…

>>続きを読む

ずっとずっとみたいと思っていた今作。

マティアス主演でレアセドゥにコリンファースと私得なキャスト。

題材は2000年にロシアで起きた、原子力潜水艦の事故。大枠は事実に即しているようです。ただ、事…

>>続きを読む

大爆発を起こして北極海の海底に沈んだロシアの原子力潜水艦クルクスの生存者達は、いかにして生き残り、軍や周辺国はどう対処したのか。息苦しさと「生き苦しさ」が全開で、ロシアは全面否定したいであろう、恐ろ…

>>続きを読む
にこぺ

にこぺの感想・評価

3.5

潜水艦ものにハズレなしとはいいますが、これはそういう類に入る潜水艦ものとは言えないかもしれません。
舞台はロシア、でもみんな英語で話してます。
沈んでしまった潜水艦クルスクを救助するのしないので、お…

>>続きを読む


2000年に起きたロシアの原子力潜水艦クルスクの沈没事故と、生存者の救出を描く。

乗艦員118名を乗せ軍事演習へと向かった原子力潜水艦クルスクだったが、演習中に艦内の魚雷が突然爆発し、多数の犠牲…

>>続きを読む
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.4

国家の体裁と 国民の命を
秤にかけてしまうような国には
やはり 正義も未来もないと思う

ロシア艦内も全て英語であるコト
当初の予定にあったプーチンの
描写もL・ベッソンにより削除
…諸々 キナ臭い…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事