のんchan

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦ののんchanのレビュー・感想・評価

4.5
澄んだ青い目のアイルランド🇮🇪俳優キリアン・マーフィー。あのブルーの瞳だけで演じられる稀少な存在ですね💫

この作品、素晴らしかった‼️題名が長いけど、その通りにどんどん憎しみが増強して行く様子に目が離せなくなる🔥

ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第3の男ラインハルト・ハイドリヒ‼️
ヒトラーの右腕と呼ばれた重大戦犯ハイドリヒ‼️
彼がユダヤ人虐殺を実質的に推進し実行した。一切の同情余地のない極悪人💢

今作は【実話】です‼️史実では《エンスラポイド作戦》と語られている。

ナチス物ですが舞台はチェコ🇨🇿。チェコはナチスドイツに無条件で国を明け渡し、無政府状態となっていた。ナチスに占領されたチェコにハイドリヒがやって来る。
チェコの政府自体は消滅したが、兵隊は秘密裏に動いていた。イギリスを始めとする連合軍は、ハイドリヒを暗殺するためにプラハで作戦を立てていたのだ。

暗殺計画の実行者となったヨゼフ・ガプチーク、ヤン・クビシュを含む数名がイギリスで暗殺のための訓練を受けた。
その後ヨゼフ(キリアン・マーフィ)とヤン(ジェイミー・ドーナン)はイギリス軍機からパラシュート🪂を投下してチェコに入る。2人がプラハ市内に入り暗殺計画を進めていく様子を追う...

2人をかくまった家族はゲシュタポに襲われ、母は青酸カリで自殺し首を😱息子は目を背けたくなる拷問に耐えかねて2人が隠れた教会を漏らす。ナチスは教会に部隊を送り込んで激しい銃撃戦の末に2人を含むレジスタンスは全滅する。その報復として5000人のチェコスロバキア市民が殺された。

キリアン・マーフィーは深みのある演技に定評ある名俳優。相棒役のジェイミー・ドーナンが素晴らしかった✨暗殺計画の実行直前に精神のバランスを崩して取り乱すシーン。ハイドリヒを暗殺するというあまりのプレッシャーと恐怖に一瞬我を失う。ジェイミーの演技は臨場感に溢れていて彼を羽交い締めにして落ち着かせようとするキリアンの方が食われ気味に見えてしまうほど😮


ナチス関連作品をもう数えられない程観てきたが、この作品はかなり上位の見応えだった👏
残酷さはかなり激しいが、実話なので実際にはもっと酷かったかも?

ナチス物と言っても、どの国から視るのか?でまた違うし、この作戦は知らなかったので知識として勉強になったし、亡くなられた方の為にも世界中が知っておくべき事と痛感している。

120分の中で完成度が頗る高い🌟
手元にあるうちにもう一度観直す‼️