yuuuumi

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のyuuuumiのレビュー・感想・評価

4.5
キリアン・マーフィー×ジェイミー・ドーナン共演のユダヤ人大量虐殺の実権を握ったハイドリヒ暗殺事件(エンスラポイド作戦)の映画化。

『ハイドリヒは、ナチスの秘密警察を束ねる国家保安本部の長官であり、ユダヤ人や他の人種の虐殺に対する「ユダヤ人問題の最終的解決」を行うナチスの主要計画遂行者であった。(Wikipediaより)』

とても素敵な主演の二人。体格や背の高さが同じぐらい長身で、二人揃って銃を構える瞬間はカッコ良すぎました。キリアン・マーフィーってこんなに素敵だったんですね。ジェイミー・ドーナンも不安で不安定になるという難しい役柄の演技が素晴らしかったです。

危険な任務を遂行するため常に周りの視線や裏切りが気になり気が抜けません。
そして隠れた生活では物音までが恐怖だし、市民の殺戮に終わりは来るのか常に死と隣り合わせの不安な毎日。

そして襲撃の時。二人の不安と緊張が伝わってきて震えが止まらないとても緊迫した場面。
事態がどんどん深刻になるにつれ、残忍になっていくナチス。罪のない人々や子供まで手にかけていくゲシュタポ(ドイツ・ナチスの秘密警察)による恐ろしい出来事。
最後の教会での銃撃戦は圧巻の迫力。何回も落ち着けと私に言い聞かせた戦闘シーンには悲しみが押し寄せてくる。最後まで自分の国に誇りを持ってナチスと戦ったチェコの市民を描いた作品は素晴らしかったです。

この物語は実話で、イギリスの首相が自由の為に戦ったチェコを同盟国に迎え入れたそうです。この作品からチェコスロバキア亡命政府とは何か?を知り、このようなナチス関連の歴史作品は知っておきたいので、これからもたくさん観ていきたいと思いました。