ゆうちゃん

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のゆうちゃんのレビュー・感想・評価

4.5
昨日はダンケルク、本日はこれまた実話に基づく第二次世界大戦下のチェコスロバキアが舞台の映画をみてきました。

ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチスNo.3のラインハルト・ハイドリヒ暗殺の作戦(エンスラポイド作戦)を実行するために故国に降り立ったチェコ亡命政府兵士たち7人の物語。

こちらも緊迫感、臨場感が半端なく、リアルにえがかれ、最後まで緊張しっぱなしだった。
チェコの街並みの美しさを背景にバイオリンの音が効果をもたらし、より一層恐怖感を覚える。
この任務は果たして本当に実行するべきなのか?実行の果ての先は?
生とは?死とは?人間とは?
実話だからこそ感じられる作品です。

ダンケルクにも出演していたキリアン・マーフィのまた違う兵士の演技は必見!
ぜひ見比べて下さい。

ただ邦題はいただけない。原題の「エンスラポイド」がよかったな。