EDA

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のEDAのレビュー・感想・評価

4.6
ナチス占領下のチェコで行われた、当時ナチスNo.3のハイドリヒ暗殺計画の映画化。
なんの後ろ盾も無い若者達が愛国心から巨悪に立ち向かう姿は本当にカッコよく、儚い。
この作戦の是非を問う議論は未だに盛んなよう。終盤で挿入されたシェイクスピアのジュリアス・シーザーが暗示するように、この作戦が直接的にチェコに幸福をもたらしたとは言えない。
うーん言葉が見つからない傑作