げんき

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のげんきのレビュー・感想・評価

3.2
エンスラポイド作戦
重要なシーンでの無音・スローモーション
光と影、セピアがかった色味
七人の有志
クロスカット
仲間割れ・拷問の恐怖
「地図から国が消える」という恐怖
意志の強さを表現するために、それに対する恐怖を明確にして、まあ恐怖に負ける描写も必要。
暗殺の意義、必要性、望む姿勢、自決覚悟。
戦時中に自決覚悟の行動するのって日本兵の特攻隊くらいかと思ってた。


シェイクスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』に込められたメッセージ
暗殺行為のその後。1人の殺人が13,000人のチェコ人の殺害に繋がる。暗殺の是非。ローマ帝国と重ねて。