ちーやん

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のちーやんのレビュー・感想・評価

4.0
B級感満載の邦題からは考えられないほど悲壮で重厚な作品だった。
ナチス政権第三の権力者ハイドリヒ暗殺の話。暗殺遂行までの主人公たちの動きや人間模様の変化も遂行からその後の展開、銃撃戦、ラスト、どのシーンもインパクトがあって目が離せない。銃撃戦の緊迫感もすごいし、送り込まれたチェコ軍人たちの覚悟や信念、葛藤がひしひしと伝わってくる。彼らの成し得たものは正義だったのか、その正義の裏には多大な犠牲もあったわけで、誰もが報われない様は観てて辛くなってくる。。だけど、その先に未来や希望があることを信じ、その使命を貫く主人公たちの姿には心打たれる。

それにしても、キャストがみんなめっちゃイケメン笑。キリアンマーフィーとかかっこいいというか、もはや美しい。。そこにも見入ってしまう。