johnnie0

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のjohnnie0のレビュー・感想・評価

4.0
第二次世界大戦、ドイツに占領されたチェコ人がハイドリヒの暗殺を決行する。
この映画に描かれているナチスの非情さが心苦しめる。
暗殺決行後が本当に悲劇。
繰り返される「報復」が人々の命を奪い続ける。
バイオリン奏者の少年や家族たちのいたたまれなさ。あそこでバッハが流れるとは。
ラストに浮かぶジュリアスシーザーの本はこの作品の凄惨さをより強く訴える。

死ぬことに対する恐怖、自決していった人々の正義。戦争の悲惨さ。心に刺さりました。