maverick

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のmaverickのレビュー・感想・評価

4.0
ハイドリヒ暗殺を狙ったエンスラポイド作戦を描く作品。丁寧に作られていて非常に見応えがあり、戦争映画の中でも傑作の部類に入る出来。当時の情勢や作戦の概要など、詳しいことを知らずとも内容は自然と頭に入ってくる。舞台はナチスドイツ統治下のチェコスロバキア。そこで生きる人達は今の自分達と何ら変わらない同じ人間なんだなと実感させられる。夢があり、この先の将来があり、愛し合って家庭を持つ。そういったもの全てを奪うのが戦争だ。登場人物1人1人がみんな生きたいと願う。戦争だからと自分をごまかしても抑えきれない生への執着。それが何ともやるせない。登場人物の誰かに必ず共感する。知っておくべき歴史的事実を伝える役目を担う作品であるが、ドキュメンタリーでは表せない人間ドラマとしての共感性が非常に優れている。邦題は何だかB級臭いが、メインキャスト2人のファンでなくともこれは是非観てほしい。