kana

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のkanaのレビュー・感想・評価

-
第二次世界大戦下、
同盟国に見放され、
ナチスに占領されていたチェコに
ヨゼフ(キリアンマーフィ)と
ヤン(ジェイミードーナン)が送り込まれる。
目的はエンスラポイド作戦。
ナチスのナンバー3、ハイドリヒの暗殺であった。

作戦は実行されるが、
その後待っていたのはナチスの激しい報復。

後半は観ているのが苦しくなりました。
むごい、、、
拷問シーンは見るに堪えない。
戦闘シーンは常に緊迫。
あの銃声、かなりの恐怖を感じました。
ナチスの鬼畜さに吐き気しかしません😱
こんな過去があった。
これが本当に人間が行うことなのか、、
もう悲しくてやるせなくて
涙が出てきます。

チェコを取り戻すために戦った男たちの話。
だけど、その代償は大きかったですね。。

すごくシリアスな映画なのに
このタイトルなんなわけ!!😡
映画を観たら
こんな軽いタイトル絶対付けられないはず!
ありえない邦題は幾つかありますが
久々に怒りを感じる邦題でした。

映画としてはすごくいい出来だと思うけど
この酷すぎる出来事に対して
点数をつける気になれません、、
また気持ちが落ち着いたら
点数をつけたいなと思います!


☆DVDにて鑑賞☆
2018年76本目