FutosiSaito

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のFutosiSaitoのレビュー・感想・評価

4.1
 銃撃と爆撃は都合よく外れてはくれないというリアル。
 キリアン=マーフィー目当てで見たら、とんでもない良作だった。
 感覚としては『カティンの森』に近い。
 ナチスに領有されることを選んだ(そうせざるを得なかった)チェコスロバキアから送られた部隊による、親衛隊隊長ハイドリヒの暗殺を狙った事件。
 その報復は2つの村を壊滅させ、死者は5,000人にのぼると言われている。
 しかし、今の日本でも世界でも同じことが起きないと誰が言えるだろうか。
 この映画は単なる暗殺成功劇でなく、その後も含んだ若者たちの運命を、リアルに描いている。
 拷問や自害など、誇張もせず淡々と描いているのが逆に怖さを見せつける。
 そして、ナチスが残虐なのではなく、戦争がこういう状況を作ることをも活写している。『蟹工船』の小林多喜二の拷問被害経験に基づく小説にも繋がるし、何よりも義務感がそうさせる。残虐にさせるのだ。
 そういう怖さも描いている。
 その意味でも、すばらしい作品だった。