なお

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のなおのレビュー・感想・評価

3.8
ナチスNo.3のハイドリヒ暗殺をチェコのパラシュート部隊によって実行される実話。チェコと言ってるが実際はまだチェコスロバキアの頃。
暗殺実行するあたりからの緊迫感からラストまであっという間。

No.3を殺害しても解決にはならず、必ずナチスの報復が待ってます。匿った者まで血眼になって探し出す執念、目を背けたくなる拷問シーンはかなりキツイ。ナチス恐ろしさを実感する。

主役のキリアン・マーフィーのブルーの瞳、覚悟を持って戦う姿がかっこよかった。ほかの作品もチェックしよう。

最近の映画に多いみたいですが、短いカット割りが目まぐるしくて、ちょっと苦手。