コーディー

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のコーディーのレビュー・感想・評価

4.0
戦わずしてナチスに占領されたチェコの誇りをかけた反攻。たった7人で党No.3〝プラハの虐殺者〟の異名を持つ親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒ暗殺を図ったエンスラポイド作戦を描いた映画。
凄惨な報復も承知でそれでも隷属から脱却のために悪魔の片腕を獲る。極限の緊張感に覆われたひたすら重く苦しい映画でした。

ナチス関連の映画はちょこちょこ観てきたしこの作戦の事も前にチラッと読んだことあったのである程度経緯は知ってたけど、それでも最後まで観るのがこれほど辛いのはあんま記憶にないかも。暗殺シーンや終盤は息できない程の緊張感。ただそんな悲壮の中でキリアンがひたすら美しく吸い込まれる。

レジスタンスの中でも意見に相違があったり覚悟を決めて生きてる人とそうでない人。匿ってもらう一家においても父は何も知らない状況とか知れば知るほど混沌とした時代の異常さに言葉を失う。‬
‪苦しい映画やけど美しい映像やプラハの街並み、銃撃戦の臨場感などどれも一級品。策なしにナチス突っ込み過ぎ〜とかちょっと思ったけど。‬

チャーチルさん怒るの遅いよ〜‬w