法月

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の法月のレビュー・感想・評価

3.7
子供の頃観て、とても印象に残っている映画「暁の7人」。
そのリメイクというか、同じ史実、ハイドリヒ(ナチスのナンバー3)暗殺作戦を描いた映画ということで鑑賞。

思ったより地味。派手さがない。勇猛果敢な戦争アクション映画を期待してると肩透かしをくらう。
暗殺を実行する主人公二人も英雄としては描かれない。
常に怯えてるし、死にたくはないし....達成感、カタルシスも描かれない。そして彼らに協力した現地レジスタンスの人々のその後も.....

こちらのほうが史実に忠実なんだろうな。
苦く、重い。けれど、それだけに心に響く。

どちらが面白かったかと聞かれれば、断然「暁の7人」なのだが(暁には厳しい中にも英雄譚的な部分もあるし、血湧き肉躍る感があったのよ)、今、作るのならばこれが正解なんだろうな、とは思いました。

これはこれで良い作品です( `ー´)ノ