わぞうすき

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のわぞうすきのレビュー・感想・評価

4.0
キリアンマーフィが出てるなら…と軽い気持ちで観ましたが…
重たい戦争映画でした。実話というのが本当に信じられない。

チェコを統治し始めたラインハルトハイドリヒを暗殺する計画、エンスラポイド作戦を実行したチェコの7人の兵士を描いた映画。原題はこの「Anthropoid」です。ちなみに、ヨゼフとヤンはパラシュートで降下したところから始まります。

何が重いかって暗殺作戦が終わってから。序盤だけでもいつ殺されるかわからない恐怖とずっと隣り合わせっていう状況が描かれているのに、彼らを血眼になって探し始めたナチスドイツの恐ろしさったら…
拷問のシーンはもう。もちろんだけど彼を責めることは誰にも出来ない。
ラスト教会での争いは本当に辛すぎた。

1つ熱かった展開をいうと、パニックになった時教えてもらったことを、次にパニックになった人に教えるみたいな、成長と友情を感じれた。だからこそ後が辛いんですけどね。

重たいからこそ戦争を感じられた映画でした。安っぽいから邦題なんとかしてほしい。