ハットにゃん的な

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のハットにゃん的なのレビュー・感想・評価

1.8
チェコ人からみたら、
血気盛んな中二病的な取り憑かれた連中で、
いい迷惑だなぁ。
どれだけチェコ人が虐殺されたねん
(´・ω・`)
ハイドリヒの暗殺にどれだけ、
意義があったか。
知ったこっちゃない。

それより、自分の家族を守りたい。
ハイドリヒの暗殺なんてどうでもいい。
戦争の大義名分なんて自己満だよ。

劇中では、
「君たちは誰よりも勇敢だ」と
暗殺実行者たちに仲間がいう台詞かあるが、
本当かよ?
「なんてことをしてくれたんだ?」
でしょ。チェコ人からしたら。

映画だし脚本だから
お伽話的に作られている。
戦争とは実に無慈悲なのであるから。

後は何もしない奴は最後は裏切る。
史実が物語るように、
現実世界でも起きてないだろか。
いい教訓になる。

そもそもイギリスが仕掛けたこの戦争。
イギリスが負けそうになると、
今度は世界を巻き込む。
いつの時代にも大英帝国とは、
やり方が中途半端で酷い国だ。

現代でもEU離脱で明らかだ。

連合国が善という図式から、
早く歴史を学んでアイデンティティを
持った方がいい。
日本、ドイツ、イタリアが悪で、
原爆を広島、長崎に落とされても、
やむなしなんて思考の方が恐ろし過ぎる。