まほ

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のまほのレビュー・感想・評価

4.0
とんでもない傑作を見逃すところだった
気がつけてよかった…

戦時中って「自分の命を顧みずお国のために捧げます!」っていう精神はよく見る気がするけど(特に日本)
今回のチェコの兵士たちはちょっと違うかなと思った。命を顧みずってところは同じだけど、「自分達がヘマすればチェコという国そのものが失われてしまう」という恐怖がモチベーションにある気がする。
実際、ぽろっと出てきた「チェコが地図から無くなるのが怖い」というセリフが印象に残った。

チェコって本当に街並みは美しいし、芸術も発展していて最高な国だけど
その歴史は本当に大国に翻弄され続ける苦しい時代が多いと思う。(言論統制をくぐりぬけ、自国の言葉を守るために絵本や人形劇が発達した歴史もある)
構想15年以上らしいけど
監督も人生賭けてこの映画作ったんだろうなって伝わってくるよね。