A

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のAのレビュー・感想・評価

3.9
第二次世界大戦ナチス政権下。
これまで、ナチスが犯してきた罪を元に創られた実話映画がどれだけあるだろうか。
きっと数えきれないほどある。

この作品も含めて
やはりナチス時代を描いた映画は、息が詰まるほど残酷で悲しみに溢れている。
この作品はそんな世界でも希望を持ち、変えようと立ち上がった人々の物語りだった。

目を覆いたくなる様な暴力の激しさ、銃撃戦の激しさ、どれもリアルで緊迫感が並大抵の映画とは比べものにならないほどだった。
戦争とは何か。ナチスとは。ヒトラーとは。ハイドリヒとは。
目を見開いてでも見るべきものがこの作品にはあった。

俳優陣の「何か」を訴えかける表情や緊迫感溢れる演技にも注目して観てもらいたい作品でした。