YOK

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のYOKのレビュー・感想・評価

-
史実であるし、同じテーマ、同じストーリーのはずなのに『ナチス第三の男』とこうも違うのか、と驚愕する。
あちらが駄作というわけではなく、本作のレベルが高すぎて。
映画のおもしろさや評価にはもちろんストーリーや脚本が重要だとは思うけど、それだけではないのだということをこれでもかと思い知らされた。

ラストのやるせなく、悲しみに向かって追いつめられ、静かに突っ走っていくような描写に、ただただ打ちのめされる。
映画の力というもので思いきりぶん殴られたような、凄い作品でした。