jem

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のjemのレビュー・感想・評価

4.5
実話に基づいたお話。

舞台はナチス支配下に置かれたチェコスロバキア。そこに居座るのが「金髪の野獣」の異名を持つナチス親衛隊の幹部ラインハルト・ハイドリヒ。そんな彼を討つべくチェコスロバキア亡命政府から2人のスパイが祖国の地に舞い降りる…

冒頭からシリアスな雰囲気で始まるこの物語は、最後の幕が下りるまで心臓を握られているかのような緊張感に包まれています。

なにより"静"の演出がとても素晴らしく、人々の息遣いや物音によって緊張や恐怖を生々しく描く一方で、銃声さえ鳴らなければ戦争は存在していないのではないのかという錯覚すらも生み出します。
はたまた作戦決行直前の静けさは異様なまでに不気味で、これから崩れる日常を目の前に通常の何倍もの時間経過を感じました。

若者の手に握られた"国"と"ピストル"の重みを
是非感じとって貰いたい一作です。