清楓

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の清楓のレビュー・感想・評価

3.7
絶望の中に希望を見出してくれた若者達

チェコの人達がどう思うとか、全然気にして観てなかったけど、暗い世界を変えようと命を賭してくれた彼等にどれだけ感謝と謝罪をしたらいいのだろう。

本当は戦争映画とか、こういう系は苦手なんだけど、でも観ないといけない気がして、頑張って観るけど、こんな事が本当にあったのが恐ろしいし、人間がこんな事を始めたっていうのが一番恐い。

私なら護衛が居ようが居まいが通行人装って実行します。

色味がほぼ茶色で時代と雰囲気が合っててオシャレな映像で何より出てくるキャストの髪型誰を見ても良い!

キリアン、その髪型エッチ過ぎません?
そういうの大好きよ。

暗殺を命じられた青年達の話だけど、彼等にも愛や夢がある普通の人間。
それはヒトラー側で命を賭した兵士達も同じだと思うし、その全てを奪った戦争は今後もあってはいけないと、こういう映画を観るたびに思う。

本当に観ていて苦しかったので終わった後一気に声出して泣いてリセットした。

朝8時から観たので結構ハードな事したなと反省しつつ、観て良かったと思う。

彼等の行動の全てがこの世界を平和に近づけてくれた一つだと確信出来るし、神父の言葉が全てな気がする。

最後のあのカメラワークの感じが本当にたまらない。

キリアンに後ろからガッチリ抱かれて安心させようと耳元で囁いてくれるシーンがあるんですけど、全然いいシーンじゃないですけど、めちゃくちゃやられてぇぇぇって思った。

あと温かいスープって銘打って出てくるスープ大抵冷たそうだし不味そう