ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

原題「エンスラポイド」。エンスラポイド作戦という実際にあった事件の映画。
「エンスラポイド」では日本人になじみがなく、わかりにくいのは理解できるが、それにしてもこの邦題のセンスのなさ。
内容はそこまで勧善懲悪ではないし、ましてや軽いものではない。

史実に基づいているのでストーリーは推して知るべし。
銃撃戦の描写は息をのむほど。
銃火器には疎いが、何やら大きいマシンガンが出てきたときの絶望感はかなりのものがあった。

個人的に、暗殺するときは犯人個人を特定できるようにしておかないと、関係ない人が酷い目に合うものだなと思った。
アトミックブロンドとぶっ続けで見てしまったのでドイツ飽きしてしまった…

良い映画だとは思うがレジスタンスの思想に同調出来ず全く感情移入しないまま見てしまったので、リアリティに全振りしたムードに退屈さを感じた。
y4a2s4u

y4a2s4uの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ナチに占領されたチェコにおいて愛国者によるナチの重鎮ハイドリヒの暗殺までの切ないストーリー!
当たり前すぎて気づかない自由。
権力者にすべてを委ねたら、いつのまにか自分たちの都合のいい法律で我々を監視される社会にならないように考えさせられるお薦めの作品だ。
蟻

蟻の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

318(55)

ウゥ………すごく辛い……
暗殺直前に4人がバラバラになってからハイドリヒが現れるまでの緊迫感がすごい。
そして後半は涙が止まらなかった…


「戦争を題材にした映画の邦題は信用してはいけない」とゆう教訓が自分の中にあって、今回はまぁハイドリヒを撃て、までは別にいいんだけど(もちろん原題が一番)、最後のビックリマーク!がいらなかった……そんなテンションではない……「撃て!」って勢い持って熱い心で言える程彼らだって強くはないんだよね…祖国の為未来の為自分の命を賭して戦いに来てるけど出来る事なら避けたい選択肢だってあるし、愛する人を失うのは辛いし、死ぬのも怖い。それでも最後まで戦わないといけない、そうゆう人間的な部分を「!」がぶち壊してる気がする。


拷問描写が目を背けたくなるくらいに残虐非道だったけど、フィクションでも脚色でもなく実際に行われてたってゆうのが恐ろしくて仕方ない。それでもレジスタンスの為に口を割らなかった隠れ家の奥さんの最期が本当に辛かった。そして息子のアタ…彼に至っては年齢的にも母親の立場的にも、祖国のためにどう生きるかを自分で決める選択肢すら無かったんじゃないかなと思う……ヴァイオリンを練習してるアタの姿を思い出すとまた泣けてくる……
もちろんドイツ軍に屈しなかった人達は本当に勇ましいと思うんだけど、でもハイドリヒ暗殺に猛反対してた人も作戦に来なかった彼も、消して弱い訳ではないんだよね……地図から祖国が消えるって想像もつかないくらい恐ろしいし、作戦に来なかった彼がレジスタンスを裏切ったのも家族と自分を守る為だし…しかもそのせいで元の仲間とその協力者達が殺されていく様を目の当たりにしたらまともな精神では生きていけなさそう……


そしてヨゼフとヤン……
彼らがチェコに来るまでの経歴が劇中では全くわからないんだけど、ハイドリヒ暗殺の前夜に不安で動揺してしまうヤンをヨゼフが落ち着かせる様とか(この時ヨゼフにしてもらった事を後になって若い軍人にも同じ事してたのが、あの時ヨゼフにかなり救われたんだろうなってわかってかなり良かった。)レンカの訃報を聞いて取り乱したヨゼフをヤンが抱きしめる様とか、きっとこの2人はお互いがお互いの精神安定剤だったんじゃないかって気がする。だから教会でヨゼフがヤンの身を案じて姿の見えないヤンの名前を叫んだ時はもうね……そして銃撃戦が止んだ時の全てを悟ったかのようなヨゼフの表情……号泣ですよね…………

あとキリアンがめちゃめちゃめちゃめちゃ美しくて、それ故に余計胸がえぐらた……
ラストシーンのキリアンの青い瞳が頭から離れない。ハイドリヒの前に立ちはだかった時のキリアンの表情、最高にかっこよかった…………
つらかった………
事実を元にした作品なのでより一層辛いですね……
邦題が覚えやすいっちゃ覚えやすいんですが、内容の雰囲気と噛み合ってないのが残念です

恋愛要素がちょくちょく不自然にはいって、ん?となった部分もありますが、恋人を思って乱れるキリアンの様子は良かったです

ラストの銃撃戦はとにかくドキドキしました
キリアンのかっこよさを味わうのによい作品だと思います。
ダサい邦題で見逃していた。

史実を知っていても手に汗握り、成功を願うばかり。
悪の凡庸さに飲み込まれていく人が多い中、どの時代、どの国にも正気を保つ人はいて、7人の死が無駄ならないように私もそうでありたい。
この時代にそんな事を強く思うとは。それも重ねてつらい。
この緊張感は良い。なかなか丁寧に描かれているのも好感が持てる。
これが史実だと考えるとだいぶ来るものあるけどな。
Taul

Taulの感想・評価

3.0
『ハイドリヒを撃て!』
『暁の七人』でも有名なエンスラポイド作戦の顛末。観客への情報は少なく裏切りもありこちらの頭と感覚もフル回転。当時のプラハにいるような緊張感。最小限で状況や気持ちを伝える演出が渋い。監督が撮影も行い手ブレはややうるさいがショットに強い意志や敬意を感じた。
Iri17

Iri17の感想・評価

2.5
全体的に単調だったのは否めないし、薄味な映画だった印象。この話は本かネットで読んで知っていたけど、本かネットで読んだ時の方が感動しましたよ。

キリアン・マーフィーとトビー・ジョーンズは安定の安心感。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

実際に起こった出来事も勉強したし、Lidiceにも暗殺部隊が最後にこもった教会にも行ったけど、やっぱり彼らが歴史上の人物じゃなくて実際に生きた人間だってことが映画だと実感できた
バイオリン少年の拷問シーンがとても辛かった
>|