ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

原題「エンスラポイド」。エンスラポイド作戦という実際にあった事件の映画。
「エンスラポイド」では日本人になじみがなく、わかりにくいのは理解できるが、それにしてもこの邦題のセンスのなさ。
内容はそこまで勧善懲悪ではないし、ましてや軽いものではない。

史実に基づいているのでストーリーは推して知るべし。
銃撃戦の描写は息をのむほど。
銃火器には疎いが、何やら大きいマシンガンが出てきたときの絶望感はかなりのものがあった。

個人的に、暗殺するときは犯人個人を特定できるようにしておかないと、関係ない人が酷い目に合うものだなと思った。
kana

kanaの感想・評価

-
第二次世界大戦下、
同盟国に見放され、
ナチスに占領されていたチェコに
ヨゼフ(キリアンマーフィ)と
ヤン(ジェイミードーナン)が送り込まれる。
目的はエンスラポイド作戦。
ナチスのナンバー3、ハイドリヒの暗殺であった。

作戦は実行されるが、
その後待っていたのはナチスの激しい報復。

後半は観ているのが苦しくなりました。
むごい、、、
拷問シーンは見るに堪えない。
戦闘シーンは常に緊迫。
あの銃声、かなりの恐怖を感じました。
ナチスの鬼畜さに吐き気しかしません😱
こんな過去があった。
これが本当に人間が行うことなのか、、
もう悲しくてやるせなくて
涙が出てきます。

チェコを取り戻すために戦った男たちの話。
だけど、その代償は大きかったですね。。

すごくシリアスな映画なのに
このタイトルなんなわけ!!😡
映画を観たら
こんな軽いタイトル絶対付けられないはず!
ありえない邦題は幾つかありますが
久々に怒りを感じる邦題でした。

映画としてはすごくいい出来だと思うけど
この酷すぎる出来事に対して
点数をつける気になれません、、
また気持ちが落ち着いたら
点数をつけたいなと思います!


☆DVDにて鑑賞☆
2018年76本目
m

mの感想・評価

3.8
その時代背景やもがき争う力、
とても恵まれている現代の日本においてとても考えさせられる映画でした。
生き延びようとするんじゃなく、急いで死のうとする人が多くて救いようがないように思えた。

どうしてこんな弾んだタイトルになったんだろう…(笑)
maverick

maverickの感想・評価

4.0
ハイドリヒ暗殺を狙ったエンスラポイド作戦を描く作品。丁寧に作られていて非常に見応えがあり、戦争映画の中でも傑作の部類に入る出来。当時の情勢や作戦の概要など、詳しいことを知らずとも内容は自然と頭に入ってくる。舞台はナチスドイツ統治下のチェコスロバキア。そこで生きる人達は今の自分達と何ら変わらない同じ人間なんだなと実感させられる。夢があり、この先の将来があり、愛し合って家庭を持つ。そういったもの全てを奪うのが戦争だ。登場人物1人1人がみんな生きたいと願う。戦争だからと自分をごまかしても抑えきれない生への執着。それが何ともやるせない。登場人物の誰かに必ず共感する。知っておくべき歴史的事実を伝える役目を担う作品であるが、ドキュメンタリーでは表せない人間ドラマとしての共感性が非常に優れている。邦題は何だかB級臭いが、メインキャスト2人のファンでなくともこれは是非観てほしい。
ミ

ミの感想・評価

4.0
邦題のせいでもっと軽い感じを想像してたら、全然だった。

ナチの惨さと
最後までそれに屈しなかった人達の本当の強さ。

観終わって胸が痛い
物語は全体的に重苦しく
救いようの無い感じはするが
ラストめっちゃ素敵やん。
hiro

hiroの感想・評価

3.9
一緒に深呼吸しながら観た

無音のラストは美しい

けどこんな事が起きてはいけない。
り

りの感想・評価

3.5
非常にためになる映画。
当時の陰鬱な雰囲気が伝わってきて面白かった。
>|