ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

原題「エンスラポイド」。エンスラポイド作戦という実際にあった事件の映画。
「エンスラポイド」では日本人になじみがなく、わかりにくいのは理解できるが、それにしてもこの邦題のセンスのなさ。
内容はそこまで勧善懲悪ではないし、ましてや軽いものではない。

史実に基づいているのでストーリーは推して知るべし。
銃撃戦の描写は息をのむほど。
銃火器には疎いが、何やら大きいマシンガンが出てきたときの絶望感はかなりのものがあった。

個人的に、暗殺するときは犯人個人を特定できるようにしておかないと、関係ない人が酷い目に合うものだなと思った。
sasaki

sasakiの感想・評価

4.0
邦題がゴミすぎてB級感あって残念
緊張感が半端なくてひたすら苦しくて辛くて陰鬱な気分になるけどいい映画だった
Luna

Lunaの感想・評価

4.5
重苦しかったけど、いい映画だった。
ハイドリヒの暗殺までがメインの話ではなく、その顛末を描いている。

立てこもった地下室の窓から 差し込んだ青い光と水しぶきが、祖国と自由の為に闘った彼らを映す。
キリアン・マーフィーの青い瞳がなんとも美しかった。
あまりにもエモーショナルに描いているようもに思えたけど、彼らの悲劇の死が政治的影響をあたえたことを思うと涙がでた。
寿司屋

寿司屋の感想・評価

4.0
すごく消耗した。
戦争は勝っても負けてもその時代に生まれてしまうだけで悲惨。
ひたすら辛かったけど、キリアン・マーフィーの美しさが救いのように感じた。
ミシマ

ミシマの感想・評価

4.5
“作戦”までは淡々と進み、俳優たちも美しくて、そういう静かな作品なのかと思ったら足元すくわれた気分に。“作戦”後の緊張感か凄まじい。見終えた後は何とも言えない暗澹たる気分になり無気力状態になってしまった。
戦争って最悪な愚行だ。
傑作すぎてびっくりした。本当にすごかった。映画館で見ればよかった。
ジェイミーもキリアンも、どっちも好きだけど特に推しではないって感じだったけど2人とも大好きになってしまったよ…キリアンのあの顔の演技って何なの?天才なの?どうしてそんな憂いが全面的に出てるの?
この時代、恋をするきっかけなんて本当にそんなもんだよね、そこからあんなに深く愛しちゃうんだよね…と思うと涙が止まらない

ハイドリヒ暗殺計画。検索すれば結果も歴史もわかるけど、映画ってやっぱりそれを美しくしているのはもちろん、もっと細かいことまで徹底的に調べて演出しているから、ただつまらないウィキペディアを読むよりずっと印象に残るだろうと思う。
ただ拷問のシーンは本当に無理。

キリアンの訛りがすごいすきだった、めちゃくちゃ練習するのかなああいうのって。
実行から戻ってきた前髪で目隠れキリアンと最後の倒れキリアンが美しすぎて泣きそうだった。何!どうしてそんな綺麗なの
推しじゃないけど推し、みたいなポジションの男の人だなあキリアンさん

最後のほうなんてほぼ製作者の想像だろうけど、それでもやっぱり…
あ~。

もっと勉強してから感想かかないとアホ丸出しな気がする
まー

まーの感想・評価

3.5
安定のナチ暗殺もの。
ナチス="絶対的な悪"は物語の推進力としては最高なので、ナチスものは一定の面白さは担保されてるんです。あとは見せ方ですが、今回は事実に基づく物語を、良くも悪くも”淡々と”描いていました。

アメリカ人とイギリス人だらけのここ何処だっけ?的な作品ではなくて、割と違和感なく描けてたんじゃないでしょうか。ロンドン帰りだし英語も違和感なくて。

キリアン・マーフィーは素晴らしかったです。ラストの銃撃戦も見応えがありました。

邦題が微妙。難しいけど、ハイドリヒを撃て!がメインじゃないからなぁ…
007

007の感想・評価

4.2
緊迫感があり、中だるみすることがなかった
これが実話は凄い
ひろし

ひろしの感想・評価

3.2
とにかく邦題がひどい!人名やナチス入れればインパクトあると思ってる。
内容は面白いし臨場感もあり史実のいい映画だった。
せーた

せーたの感想・評価

4.1
手持ちの撮影が緊張感伝わる。
暴力的でグロい部分もあったが、画としては美しいショットだった。こういった作品で美しいと述べるのは如何とは思うが、だからこそ視覚的に印象に残る。
良かった。
>|