ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

4.0
多少脚色はしてあるにせよ
これが史実だということに改めて
驚かされる。

決してハッピーエンドにはならないのが
わかっているが、最期まで主人公達には
逃げ延びて欲しいと願わずにはいられなかった。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.6
チェコの支配とユダヤ人抹殺を指揮したナチス親衛隊大将《ラインハルト・ハイドリヒ》の暗殺。

何度も映画化されるほどの理由は、ヒトラーがその報復のためチェコ市民1万人以上を虐殺したことにある。

史実を忠実に再現した作品は、緊迫感溢れる良作でした。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.5
<第二次世界大戦中、ヨゼフら7人のパラシュート部隊がナチス親衛隊幹部の暗殺を命じられる実話ベースドラマ映画>
傑作『メトロマニラ 世界で最も危険な街』監督作。

絶対に屈しない。
実際にあった“エンスラポイド作戦”がベース。
終盤の残酷だけどどこか美しい、かっこいい展開にはグッと来た。
拷問シーンも銃撃戦の構成も良かった。
死が武器って言うのは何ともむなしい。

ストーリーは全体的に観るとナチス、戦争映画の王道かな。
前半の暗殺準備段階にナチスの目が光ってる緊張感(をもっと)とかハイドリヒの残虐性を見せるとかしてほしかった。
実話ベース恒例のエンドクレジット前詳細説明がまた残酷。

町山さんも絶賛の同作戦を描いた『暁の7人』は絶対に観なければ。
邦題がクソだがすごい好みなスリラー映画
傑作
大介

大介の感想・評価

3.8
久々に邦題があんまりだと感じた。小学生でももっとマシなタイトルをつけそうなものだと思ってしまう。


大戦時のナチス占領下のチェコスロバキアを舞台にした、ある作戦とそれにまつわる顛末を描いた物語。

実話を元にしているということで、淡々と描かれながらも緊張感を伴うストーリーはなかなか見応えがあり、最後まで見入ってしまった。

中盤あたりまでは比較的静かに進みますが、コトが起こってからは一気に怒濤の展開。アタのヴァイオリンのシーンからのくだりなんかもう…(泣)。


戦争の惨たらしさをまざまざと見せつけられ、やるせなさのようなものを感じさせられます。

文字として読むだけでも、どんなことが実際に行われたのかを知ると暗鬱な気分になる。


ちょっと気になったのが、字幕では「チェコ」と訳しているけど、セリフは「チェコスロバキア」と言ってるところ。

いまは分離独立しているが、ほんの25年前まではチェコスロバキアだった。

字幕の字数の制限もあると思うけど、なんか違和感を感じてしまう。

それから、出来たらチェコ語で製作して欲しかったかな。


最近、個人的にトビー・ジョーンズをよく見るな~。

キリアン・マーフィは流石の存在感だった。
2017/08/20 新宿武蔵野館Sc.3
素晴らしい銃撃戦
kana

kanaの感想・評価

-
第二次世界大戦下、
同盟国に見放され、
ナチスに占領されていたチェコに
ヨゼフ(キリアンマーフィ)と
ヤン(ジェイミードーナン)が送り込まれる。
目的はエンスラポイド作戦。
ナチスのナンバー3、ハイドリヒの暗殺であった。

作戦は実行されるが、
その後待っていたのはナチスの激しい報復。

後半は観ているのが苦しくなりました。
むごい、、、
拷問シーンは見るに堪えない。
戦闘シーンは常に緊迫。
あの銃声、かなりの恐怖を感じました。
ナチスの鬼畜さに吐き気しかしません😱
こんな過去があった。
これが本当に人間が行うことなのか、、
もう悲しくてやるせなくて
涙が出てきます。

チェコを取り戻すために戦った男たちの話。
だけど、その代償は大きかったですね。。

すごくシリアスな映画なのに
このタイトルなんなわけ!!😡
映画を観たら
こんな軽いタイトル絶対付けられないはず!
ありえない邦題は幾つかありますが
久々に怒りを感じる邦題でした。

映画としてはすごくいい出来だと思うけど
この酷すぎる出来事に対して
点数をつける気になれません、、
また気持ちが落ち着いたら
点数をつけたいなと思います!


☆DVDにて鑑賞☆
2018年76本目
m

mの感想・評価

3.8
その時代背景やもがき争う力、
とても恵まれている現代の日本においてとても考えさせられる映画でした。
生き延びようとするんじゃなく、急いで死のうとする人が多くて救いようがないように思えた。

どうしてこんな弾んだタイトルになったんだろう…(笑)
>|