ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

ラウぺ

ラウぺの感想・評価

3.8
もはや説明不要なハイドリヒ暗殺計画の顛末を描くこの作品、「暁の七人」に次ぐ3回目の映画化。
(4回目の映画化は日本では2019年公開の「ナチス第三の男」)

史実をもとにしているということもあり、端役に至るまで登場人物の殆どと、描かれるエピソードは「暁の七人」と驚くほど同じですが、映像や演出のキレはこちらの方が圧倒的に洗練されており、ハイドリヒが殆どというより襲撃場面以外ほぼまったく登場しないのが大きな違いとなっています。
この手の映画を観る人にはハイドリヒの人物像を説明する必要など殆どないでしょうし、冒頭に簡潔なチェコとハイドリヒについてのキャプションが入ることで最低限のフォローがなされています。
その代わり、ハイドリヒ暗殺が如何に大きなリスクを伴うかというところに脚本のウェイトが割かれており、映画にほぼ登場しないハイドリヒが如何に強大で恐ろしい存在であるかがかえって強調されるという非常によく考えられた構成となっています。

最近多くの英国系映画に登場するトビー・ジョーンズがチェコのレジスタンスのリーダー役で登場し、相変わらず印象的なところを見せています。
全体に無駄な要素を極力排し、襲撃の実行者であるガブチークとクヴィシュ二人に焦点を合わせることで、そこに居合わせているかのような臨場感と緊張感を作り出しています。
クライマックスの教会での場面にはじっくりと時間を割いて鬼神のように戦う空挺隊員の姿を克明に追っています。
「暁の七人」に対するささやかなオマージュと思われるシーンも挿入し、抑えたトーンの中でここだけはヒロイックなイメージを強調することで、滅びの美学ともいうべきこの物語を締め括っています。
勉強不足でハイドリヒという人物や暗殺計画、当時のチェコ情勢について全く知らなかった。例えば「ワルキューレ」は暗殺のターゲットがあの人なので結果が分かった上でなぜそうなったのか?というタイプの映画だったのに対し、本作は顛末を知らない分より楽しめた。

また「ワルキューレ」との対比になってしまうが、その計画によって周囲の住民に対してどういった事が起こったのか、その余波を本作はきちんと描いているので、戦争そのものの悲惨さが浮かび上がるのも本作の優れた点だと思う。
ラユム

ラユムの感想・評価

4.0
恥ずかしながらこのエンスラポイド作戦はこの映画で初めて知りました。独立、自由を獲得するためにどれだけの人が犠牲になったかと思うとありきたりな言葉だけど胸が痛い。
ヨゼフ演じたキリアンの悲しげな眼差し、ヤン役のジェイミーの不安げな表情が印象的。
DON

DONの感想・評価

-
カタルシスなき戦い。ハイドリヒを暗殺したところで、代わりの後釜が座るだけなのだ。徹底したリアリズム描写による戦闘場面や正視に耐えぬ拷問場面は、それが凄惨を極めれば極めるほど、戦争の無益を語っている。白刃のようなキリアン・マーフィの悲哀と高潔が、一本の背骨として作品を貫く。
1942年ドイツ🇩🇪占領下のプラハで起きた、ヒトラーに次ぐ実力者と云われ、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていたラインハルト・ハイドリヒ暗殺計画の実話です。


世界から「ナチスに抵抗する意思はあるのか?」と思われている。英国🇬🇧とチェコスロバキア亡命政府は、パラシュート暗殺部隊をプラハへ潜り込ませ、ハイドリヒ暗殺計画を企てる。

ナチスを敵にまわして、ハイドリヒを暗殺すれば、罪の無いプラハの住民は、誰彼無く殺されて、街は壊滅してしまう。

しかし、暗殺計画は実行に移される。

ハイドリヒは襲撃後に病院で亡くなる。

その後、ナチスは容赦無い残虐な報復を開始していく。

前半は、念密に計画を立てていく過程が描かれドキドキ感があるが、後半は報復攻撃の下に蹂躙されるプラハ市民が描かれ辛い辛い映画🎬です。
uemiki

uemikiの感想・評価

3.5
吉祥寺に居たのでココロオドル映画館に行ってみようと。
その時ちょうどやっていた、この作品。

映画館はさておいて、
見てよかった。

すごい時代。知ることが大事、色々これからも映画から学ぼう。

ちょっと的外れな感想だけど、
どんな時も愛を大切にする西洋文化は
素敵だなと思った。

そして映画館は、外装が可愛い。
以上^ ^
久しぶりにとんでもなく手に汗握る映画を見てしまいました。

実際にあったナチスのナンバー3にあたる高官ハイドリヒの暗殺作戦。それに携わった若者たちの壮絶な物語。

最初から最後まで、重く強烈な緊張感が持続し続けていて、見終わった後の疲労感が尋常じゃなかった。

暗殺を決行する。それはすなわちナチスを敵に回す事。報復として自らと家族も命を狙われるという事。そしてチェコの国自体も危険に晒す事になる。

暗殺作戦をいざ決行しようとするも、仮に成功しても問題はその後。その事実が重くのしかかる登場人物たちの恐怖感が強く伝わってきます。見ているこっちにも手の震えが連鎖するほど。

それでも決死の思いで命懸けの作戦に挑む主人公たちを演じたキリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナンをはじめとする俳優陣の演技が皆素晴らしかった。

作戦開始からラストまでの後半1時間は、片時も目が離せないほどリアルで緊迫感あふれるシーンの連続。

銃撃戦に爆発、凄惨な拷問現場など圧倒的な場面ばかりで、これが実話という事実に驚きと恐ろしさを感じます。

邦題が酷いせいで、B級臭さしか感じられないのが残念すぎる。
全ての作品を見た訳ではありませんが、ここ最近の第二次世界大戦をテーマにした作品ではトップクラスの完成度でしょう。
あんぬ

あんぬの感想・評価

3.8
ずっしり重い…。
最後の30分ずっと手をかざしながら観てた。キリアンマーフィー良い。
残念なのは邦題。本当に誰がつけてるんだろう。邦題と評価が合ってないから気になって観てみたら案の定でした。
Ben

Benの感想・評価

3.3
実話。
第二次世界大戦の映画で中欧が舞台のは珍しかったが、勉強になった。
キリアンマーフィー素晴らしい。
銃が詰まった時は発狂しそうになった。
西ヨーロッパかロシアが舞台のが映画が多い中、いろんな視点で第二次世界大戦を学びたいと思わせてくれた。
ねる

ねるの感想・評価

3.5
キリアンマーフィーの落ち着き感に安心する
誘惑させて、残忍なことしてる。報復として殺すって時代はいつでもそうなのか。
国がなくなるかどうかの瀬戸際を必死に阻止しようとした話