ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

時間をおいては時々観ているナチス物。
これは、なかなかしんどい映画でした。
暗殺までの緊張感もすごかったけど、その後がしんどいかった。
ナチスのやったことは、本当にひどいよね。
清楓

清楓の感想・評価

3.7
絶望の中に希望を見出してくれた若者達

チェコの人達がどう思うとか、全然気にして観てなかったけど、暗い世界を変えようと命を賭してくれた彼等にどれだけ感謝と謝罪をしたらいいのだろう。

本当は戦争映画とか、こういう系は苦手なんだけど、でも観ないといけない気がして、頑張って観るけど、こんな事が本当にあったのが恐ろしいし、人間がこんな事を始めたっていうのが一番恐い。

私なら護衛が居ようが居まいが通行人装って実行します。

色味がほぼ茶色で時代と雰囲気が合っててオシャレな映像で何より出てくるキャストの髪型誰を見ても良い!

キリアン、その髪型エッチ過ぎません?
そういうの大好きよ。

暗殺を命じられた青年達の話だけど、彼等にも愛や夢がある普通の人間。
それはヒトラー側で命を賭した兵士達も同じだと思うし、その全てを奪った戦争は今後もあってはいけないと、こういう映画を観るたびに思う。

本当に観ていて苦しかったので終わった後一気に声出して泣いてリセットした。

朝8時から観たので結構ハードな事したなと反省しつつ、観て良かったと思う。

彼等の行動の全てがこの世界を平和に近づけてくれた一つだと確信出来るし、神父の言葉が全てな気がする。

最後のあのカメラワークの感じが本当にたまらない。

キリアンに後ろからガッチリ抱かれて安心させようと耳元で囁いてくれるシーンがあるんですけど、全然いいシーンじゃないですけど、めちゃくちゃやられてぇぇぇって思った。

あと温かいスープって銘打って出てくるスープ大抵冷たそうだし不味そう
邦題がネタバレ。イギリスに亡命したチェコの軍人がナチの親衛隊の大物ハイドリヒ暗殺の命を受け祖国へ降り立つ。前半は作戦実行まで。後半は、報復。倍返しどころではなくチェコ人全部殺す勢いでナチの恐ろしさMAX。

作戦の為、協力者に恋人役を依頼。本当に恋に落ちる2組の恋人達の行方に号泣の嵐が吹き荒れる。最初で最後のキス…

任務って…「その後」の事は、考えないのかな。
原題の『エンスラポイド』が暗殺計画の名前。
生きて戦い続ける義務があるという言葉がプラハの冬には虚しく響く。
たくみ

たくみの感想・評価

4.0
ナチスのNO3「金髪の野獣」ハイドリヒの暗殺の決行とその後の顛末を描いた実話の映画化。計画段階から暗殺、その後、終始ヒリヒリした緊迫感で、本当面白いんだけど、日曜の夕方見るには重い!大義名分と現実に揺れる若い工作員達の想いが刺さる!凄くいい映画でした。
たまの休日を、こういうカメラ揺らしまくり、カメラ近づき過ぎの映画に2時間捧げられるか考えたすえに7分で見るのをやめた。
se7enteen

se7enteenの感想・評価

4.2
すげー良かった

別に「良い」実話ではないけど

序盤から終盤までの緊張感ある空気

ハンドヘルド中心のカメラワーク

キリアンも流石

ノーマークの監督だった

邦題は…

言うまでもないかな(爆)
motononaka

motononakaの感想・評価

3.9
なかなかの衝撃でした、、
戦争ものついみちゃうんだけど、これは本当にリアルで、緊張感がすごい伝わってきた
戦争だけはしたくない、、
ジジイ

ジジイの感想・評価

3.7
実話ベース。計画決行までのジリジリする展開に胃が痛くなる。暗殺の実行シーンがピークかと思いきや、壮絶な闘いはここから始まる。同胞のいかなる犠牲も厭わずというこの作戦にハイドリヒ=ナチスに対するチェコ国民の憎しみの大きさが見て取れるが、一方で対外的な反ナチスの姿勢を示すそのためだけに亡命政府が仕掛けた作戦であったとすれば、無謀極まりなくその代償はあまりに大きすぎる。この作戦の是非を問うことは容易ではない。
はなび

はなびの感想・評価

3.6
驚きました。

ハイドリヒ1人の暗殺に、何人の人が犠牲になったのか。

言葉が出なかったです。