ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

luke

lukeの感想・評価

3.8
ナチス系の実話映画。
とても現実にあったともは思えない話…
映画としては終始ハラハラで見応えも凄くあって文句無しの作品🤦‍♂️

ただショーン・エリスのファンとしては少し物足らなかった…

題材的に難しいのかもしれないけど今までの作品と比べるとショーンエリス色は少し薄かった気がする。
随所に見えるさり気ない拘りにはテンション上がったけど★

ただ前作のメトロマニラに続いての糞ナンセンスなB級感漂わせる邦題とビジュアル。

センスフルな監督なのに…勿体無さ過ぎ。
お願いやから担当者変えて欲しい。
佳奈

佳奈の感想・評価

3.5
戦争がなくならない世の中を思うと、なんのために彼らは散っていったのかと、虚しさを感じる。
彼らが命を懸けてしたこと、最期のときまで戦い続けたことを無意味だとは決して思わないけど、なんともやるせない。
誰も殺したり殺されたりしなくとも、自由と平和を感じていられる世界が来ますように。

邦題つけた人には文句言いたい。

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦下、チェコスロバキアを守るべく奮闘するスパイ達を描いた物語です。冒頭の「この作品は実話である」という文が印象的で妙に心に残っています。
印象的なシーンはラストのハイドリッヒの暗殺に成功した主人公一行が教会に立てこもり、最後の抵抗を試みる場面です。ドイツ軍の水責めにより命は尽きてしまうものの彼らの業績はチェコの自由化に直結し、歴史の裏舞台でこんなエピソードが展開していたと思うと鳥肌が立ちます...!
猫

猫の感想・評価

3.7
前情報は極力入れないようにしていても
チラシをチラッとはみるし、題名は読む。
明るい赤を基調としたチラシに、『美女と野獣』もどき?の副題付き。
この題名から、明るい内容を想像していた私が馬鹿だった。
こんなにも重い話だとは思ってもみなかった。
週の真ん中で観たのを少し後悔した。ストレス解消にはならなかったから。


再び、人が人を殺す事について考えざるを得なかった。
上が命令したから?
悪い奴という刷り込みがあるから?
どうして
こんなに簡単に人を殺せるのだろう?
どうしていたぶれるのだろう?
いや、一個人の問題ではない。もともと、「ひとつの国」を無くそうとしたのだから、他者を重んじる事など、できるわけがない。
史実という事実。
悪寒が走る。

私たちは、この怖さ=人間はひとつ間違えると………
を、忘れてはいけない。決して。

自死した、自分や愛するものの為に戦ったチェコの人達に、合掌。


こんな感想を書いた後にナンなんですが、汗
女優さんの一人が
ウィノナ・ライダーに見えて仕方がなかったです。汗
もう一つ追記
キリアン・マーフィの相棒さん。どっかで観た人だな、と思ったら
『フィフティ・シェイズ』の彼!だったのねー汗
軟派→硬派。うーん、凄い。

 2017.10.11 名演小劇場にて鑑賞
yuki

yukiの感想・評価

4.8
痛さと怖さと緊迫感とキリアン・マーフィーの美に観終わってから2時間経ってもまだ心臓がバクバク言ってる。直視するのがつらいが目は離せない。煙草が吸いたくなる。邦題と日本版ポスターどうしてこうなった、勿体無い。
アサコ

アサコの感想・評価

4.6
ナチスモノで一番印象に残った作品かもしれません。
エンスラポイド作戦に関しては全くの無知でこの作品をきっかけに知る事が出来ました。

キリアン・マーフィーを始め俳優陣が皆いい演技をされていましたしヴィジュアル的にも良かったと思います。

戦争映画における見どころ的要素がてんこ盛りでしたが作品に自然に溶け込んでいて大満足、といった感じです。扱いが難しいであろう恋愛パートも派手すぎず地味すぎず素敵でした。

ヨゼフとヤンの関係もいいなーと思いました。極限の状況の中お互いが相手のことを案じ支え合っている。切なかったです。

これぞナチスと言わんばかりの拷問シーンはかなりキツい描写でしたね〜〜。もういいよ、もういい、、、とつらくなってしまいました。

キリアンの繊細な演技が光っていました。
ラストの何とも言えぬ表情がとても印象に残っています。あと煙草を吸う姿がとっても素敵でした〜〜。

邦題からしてB級映画だと思っていたのですが裏切られました。というか邦題が酷すぎて残念で仕方がないです。作品を鑑賞した上で付けてます?と言いたい、、笑
sai

saiの感想・評価

4.0
まず、これは戦争映画ではなくて、完全に個人の戦いを描いたものだ。しかも壮絶で、圧倒的なまでに個人の破滅を描いている。

我々の世代は、戦争を知らない。だから、戦争の本質を語ることは決してできない。この映画を見て、実際の史実がどうとか、過去の映画の方が真に迫っていたとか、そんなことを語るのはお門違いなのだろう。

したがって、ストーリーについて批評することは何もない。犠牲の前に怒り、心を震わせ、そして自ら滅び行く道を選んだ人間を演じた役者、ならびに映像を作り上げた制作者たちに尊敬の念と拍手を送りたい。

ラスト30分間の、祈るような気持ちにさえさせる緊迫感。そして、息が詰まるようなラストシーンの美しさ。あれは壮絶さから来るものなのか、あるいは一種の救いを感じたからなのか?ああいった犠牲を前にすると、何か崇高のもののように感じてしまうのは、人間の本質ゆえなのか?いずれにしてもそこに正しさなどはなく、人間同士の殺し合いにしか過ぎないというのに。

やはり、こうした映画は、ある種のエンターテイメントとして成立していると、個人的には感じた。

余談だが、先日鑑賞したダンケルクと比べてキリアンマーフィーが頼もしく(なりすぎていて)、序盤少し笑ってしまった。
幼少期に見たこの暗殺事案の映画のインパクトを超える事はなかった。
キリアン・マーフィー、「ダンケルク」といい第二次世界大戦もので全てを掌握できない役が二回も回ってきているのが面白い。

類人猿作戦の本質はSOE(特殊作戦執行部)とチャーチルによるチェコスロバキアの抵抗勢力が全滅しても良いからドイツ第3位の権力者を消してしまえという使い捨ての論理で実行されたようにみえる。
SOEは英国内諜報機関の中でも異端で戦後に廃止された。第二次世界大戦のチャーチルがいてこその鬼っ子という印象がある。その悪しき超攻撃性がこの作戦では発露していたというのが個人的見立てです。

だから映画を通して現れるのは、暗殺者二人が疫病神となり自ら滅びていく。そこに祖国を救ったという達成感を見出すのか、それとも彼らのせいで多くの人々が巻き込まれ拷問を受けたり虐殺されていった被害を見るべきなのか。ただ、報復が起きた時、疫病神と化した二人にはもはや責任を取る術はなくなっていたのは確かでその事は映画でも描いていたと思う。最後のエンドロール前に入ったテロップは空しい。

リディツェ村の虐殺は世界的にも知られていて、マルティヌは追悼音楽を書いて1943年初演されており今でも演奏されてます。一度名フィルの定期演奏会で下野竜也氏の指揮で聞きましたが打ちのめされました(下野氏はこの曲をN響でも振ってます)。
たくみ

たくみの感想・評価

3.0
戦争は憎悪を生み、復讐は連鎖すると言う不毛なお話。

悲惨な歴史の一コマだと軽く考えない様にしなければと思った。湾岸戦争然り、9.11同時多発テロ然り。ましてや北朝鮮と他国も一触即発状態。

戦争の首謀者や実行犯を罰するだけなら良いけれど、犠牲になるのはいつでも罪のない一般市民だからね。

教訓としての価値は大きいけれど、観ていて辛くなるだけの作品でもありました。
mie

mieの感想・評価

-
美しくて悲しい映画。
主人公2人、カッコいい。泣けました。