ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

hayato

hayatoの感想・評価

4.2
【金髪の野獣。ハイドリヒを暗殺せよ。】

★名台詞

ヨゼフ『We are Česká. Never no surrender!』
(俺たちはチェコ人だ!絶対に屈しない。)

国は戦わずして占領されたが、俺たちは絶対に屈しないんだと。

《ストーリー》◎
《演技》○
《音楽》○
《展開》◎
《笑い》×
《感動》○
《泣》△
《ハラハラ度》◎

★感想

ナチスに関する実話を映画化。
ナチス映画は色々見てきたが、こういった位の座についた人をどうやって暗殺するのかはとっても興味がある。

ハイドリヒはwikiでも調べたりしたけど、ヒトラーの後継者と言われてるほどだから、当時の最高位のクラス。
その人物を暗殺するには容易には出来ないけど、それを成し遂げようとする勇気が素晴らしい。

キリアンマーフィは顔的にイケメンで演技もいいね!
暗殺に向いてないやつは、任務に入れるなよって思ったけど、誰しも絶望的な状況だと、前に進めないのだと。
ただ、信念がみんな素晴らしく、最後は感動してしまった。

平和のために行おうとしたパラシュート隊員がとっても勇ましく、カッコよく、最後まで諦めようとしないのが素晴らしい。
そして最後のシーンが今までの戦争映画でとっても美しいと感じた。

諦めない気持ちが大切。
tom

tomの感想・評価

4.0
ドイツ軍がブチギレて悪魔のような残忍さだった。でも、女性が語ったように、結果予想できなかったのかな。ラストの教会での銃撃戦は凄まじかったし、悲劇だった。これが戦争なんだ。
ひば

ひばの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ほんとうは劇場上映しているときから気になっていたけど勇気がでなくてレンタル待ち。きつくて何度も何度ももうやめようかな…と思いつつ休憩入れて見ました。
なによりキツいのが、あの場でハイドリヒを射殺できていても結局は同じ報復を同じような時期に受けていたのでは、と予想ができるところです。そして同じように、使い捨てに等しい彼等が自殺を図っていたであろうことも。
同じような状況にあった映画を見たとき、せめて、せめて人質になって生きる選択肢を、と考えたことがあります。しかし降伏というものは生半可なものではない。生活を根こそぎ排除され、生活どころか人権尊厳さえも奪われるということを私は歴史から学びました。そしてこの映画から学んだことは、彼等にとっての自死とは"最大限の嫌がらせ"でもあるということです。相手からしたら、一瞬で殺された隣にあった仲間の為の報復であるのに、わずか目の前でその思いは報われず恨みの行き処がなくなってしまうからです。ストーリーの幕引きを知っていながら、束の間に誰かを愛し人間として生きる。いいえ、彼等は最初から最後まで人間でした。愛のために憎悪を振りかざし、冷徹に生き歯車と言い聞かせ死んでいった彼等も、落とした青酸カリを探して死に急ぐ彼も。自死に誇りなんかそこにはない。あるのは義務。
匿ってくれた家族も、置き去りになったフィアンセも、どうなったかわかりません。そしてこの史実がその直後の何かを動かしたとは思いません。例えハイドリヒが死んだというビッグイベントだったとしても。酷い言い方にはなりますが、"無駄"だったと思います(『レミゼラブル』を彷彿させますね)。誰かを殺せば誰かを殺される。何年も何十年も何百年も終わっては始まる連鎖の中点に過ぎない。ならこの争いを終わらせた行いこそが"無駄"ではないのか?そうでしょうが、そんなことは誰にもわからないのです。ふとしたきっかけで呆気なく物事が収束することもある。そんな奇跡を、人や神に願っている。なによりこの映画で悲しいのは、彼等がそれを"次の代"に願っていたこと。自分達がやっていることは"無駄"なことだと誰もがどこかで思っていた。透明人間となって生きる人生とはどんなものか。なんなんでしょうね、この気持ちはどうしたらいいんでしょうね。そんな気持ちで生きてほしくなんかありません。こんなことがもうありませんように、同じことを繰り返しませんようにと陳腐な言葉しか出てこない。陳腐な言葉ってなんだ、こんな大事なことなのになんで。何故世界は今もわからない。


キリアンマーフィーの作品は結構見ていますが、この映画の彼が一番ずば抜けて美しい撮り方をされていると思いました。こんな美しい人だったのかと。この顔になりたい…と思ったほどに。調べたら『フローズンタイム』の監督でしたか~なるほど…

なんの縁か、最近ナチス関連の作品をよく見ました。こんなん人間のすることじゃないと思っていましたが、思うべきは、"これは人間だからできるのだ。私たちは人間相手にここまで冷酷になれる。私たちはその暴力性を常に秘めている"ということを忘れてはいけないのでしょう。
いつの時代も"愛している"と伝えることはできます。ただなにより欲しいのは"愛している"という言葉より、"ずっと側にいる"であり、それが満たされる時代を私は望んでいます
かりん

かりんの感想・評価

4.0
記録 心が重苦しい。胸が痛い。
ラストにいくにつれ、ただただ涙。
いろいな感想あると思うけど。
最後まで「美しさ」が象徴的な映画に感じた。ナチス支配下の残虐なシーンや時代描写はもちろんエグいが、プラハの街の風景、登場人物の美しさ、そして最後の銃撃シーンからエンディングまでの映像がそれ以上に美しい。。人間が信じる正義は必ず世を動かして行く。。歴史が作られて行く事を知らされた。
邦題はなんとかならなかったのかな?
原題にもあるエンスラポイド作戦、史実を基に。
ナチスに侵略されたチェコにて実行されたハイドリヒ暗殺を描く。
ーーーーーーーーーーーーー
ナチスの厳しい監視下と密告の恐怖が付き纏いずっと張り詰めた緊張感が続く。
そしてクライマックスは一気に放出する感じ、これは凄まじい。
(教会の地下で袋小路となった暗殺部隊に止め処なく攻め入るナチス、抵抗する若者達…苦しかった。)
その死闘の中でもオパルカ(ハリー・ロイド)は目を引いた。

美しいキリアン・マーフィーを拝もうかなと軽い気持ちで観たが母国を守る為に闘ったあらゆる人達に涙涙。

いつでも戦争の不条理な仕打ちには言葉を失う💦

2018 9 レンタル
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
先日「HHhH」という小説でその顛末を知った、ナチスの「ユダヤ人問題最終解決」の旗振り役ラインハルト・ハイドリヒの暗殺の一部始終。結局戦時中に行なわれた最大の暗殺劇になったが、その割に孤立無援な実行者たち、そして雑に進んだ暗殺劇自体の描写は比較的淡々と進む。見所はやはり後半のナチスに追い詰められてからの必死の抵抗で、狭い空間の中で徐々に行き場を失っていくガプチークやクビシュの壮絶な運命にはしばし呼吸を忘れがちになる。小さな抵抗だがこれがチェコのその後の趨勢を決めたという意味で、長く語り継がれるべき。
KazuPSG

KazuPSGの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーン、ヨゼフが一筋に差し込む光を見て、自決するシーン。美しすぎます。

彼らの行動はチェコを地図の上に残す為に必要だったのかもしれない。しかし、それは何千、何万もの無実な人々を死なせ、苦しめた。決して一概に賞賛できるものでもありませんが、絶望の中に差し込んだあの一筋の希望を信じ、行動し、死んでいった彼らの様な人間がいた事は忘れないでしょう。

とにかく思い雰囲気。
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

4.4
重く苦しい。どのシーンもとても見応えあり、あっという間だった。ラストの銃撃戦は息を呑む。

犠牲になった人達のことを考えると、簡単に善悪は決められないと思う。そもそも‘犠牲’と言っていいのかもわからないけれど。ただ、信念を持って挑んだ勇敢な7人がいたことが知れて良かった。

恋愛のシーンも拷問のシーンも少ないが、状況描写がしっかりしてあるので、辛いし心に響く。この苦しい状況の中で愛が生まれるのも微笑ましかったし、育む間もなく終わってしまうのも切なかった。

多くの人に観てほしいので、お願いだから邦題をもう少し何とかしてほしい。
ギャス

ギャスの感想・評価

3.3
国が無くなるとはどういうことか。
国を守るとは。

命をかける意味とは。

戦争とは、誰が何のために始めるのか、

もし戦争がなければ、彼らはどんな人生を歩んだろう。
普通の人たち。
殺し殺されず、
拷問を受けず、
裏切らず、
毒で自殺もせずに、
恋をして、
生きただろう。


史実を元にしたということがあまりに重苦しく、
久々に戦争について考えこんでしまう映画だった。

ナチスのようなシステムが勝ってしまう事態を、
国がなくなってしまう事態を、
命を懸けて止めようとする人々に共感したが、
自分にその気概はあるかと言われれば、
ないとしか言えない。


戦争が始まらないように何かするしか。




※邦題ひどい。