ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

ばし

ばしの感想・評価

2.0
諸国大名弓矢で殺す
キリアンマーフィは目で殺す

いい意味でもう二度と見たくない
エンタメ映画に慣れきったつるぺた脳味噌に鋭いナイフを何度も突き立てるような絶望
キリアンの目の輝きだけが救い
jocx

jocxの感想・評価

3.8
この手映画は好き嫌いがはっきりすると思うけど、ドイツ占領下のチェコはどれだけ謂れ無い国民の犠牲があったか、知るきっかけになった。第二次大戦はほぼ自国のことしか知らず、ヨーロッパではどれだけナチスが台頭し、レジスタンスは戦い、その影でたくさんの市民が涙する。戦争がなければ皆ただの自国の民なのに。必死で闘うレジスタンス、レジスタンスを炙り出す為に罠を仕掛けるナチス、村1つを潰す大虐殺。大物を仕留めても変わらない無情、悲劇は全て戦争の中。歴史を知っていれば結末はわかってしまうが、少しでも任務とはいえ恋愛や安らぎ、友情があったことが救いになる。レジスタンスを匿う奥様が痛々しい。
黒椿

黒椿の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

☆2017-105

2017.11.26 劇場:字幕

ハイドリヒ暗殺の史実に基づく映画。構想15年で挑んだ作品。

鑑賞直後は放心状態。暗殺作戦自体よりも、作戦決行のその後のナチスの報復の方がかなり壮絶で、直視できませんでした。

生々しい拷問シーン、壮絶な籠城戦。生きて最後まで戦うと軍人の使命を全うし自決していく姿を見るのは本当に辛かったです。

月並みな表現ですが、多くの犠牲の上に今の平和があることを痛感する作品でした。
NMAG

NMAGの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

観てから「この邦題で良いのか!?」となった作品。原題通り「Anthropoid」で良かっただろうと思う。なんというか、失礼かとは思うけれど感嘆符付ける作品では無い印象。

「愛国者なら国のために命を落とす覚悟が必要だ」と言い、ヤンの婚約にも冷たく反応するヨゼフには「仕事人だな〜」とか思っていたけれど、ヤンが怯えた時は宥めて勇気付けてくれたり、レンカの死に叫んだりとどうやっても普通の人である面があって切なくなる。
それにしてもヨゼフに励まされたヤンが逆にヨゼフを励まし、またヤンは共に闘う仲間をヨゼフが自分にやったように支えてたのが胸熱 彼らの過去は分からないけれど、仲間同士支え合ってるのが心にくる

「息子は関係ないと伝えて」と言うモラヴェツ夫人の愛、それが通らない社会の厳しさ。この家族のシーンが一番精神的にキツい。
それとアタの拷問場面が史実通りってのもショックで、しかもこういった拷問はこの時代世界各地で普通に行われていたかもしれない、というのも心苦しい。当たり前の幸せすら奇蹟に等しい、そんな時代の上に今の時代はあるんだなあ

参戦も出来ないまま、地下で仲間の死を悟ったヨゼフの頬を涙が伝うシーンの美しさ、いっとう穏やかな表情で銃を構えるヨゼフの瞳の美しさ…
どのシーンも美しかったけれど作戦決行時に車の前に立った姿は時間が止まったと感じたぐらい衝撃的。キリアン・マーフィーが好きで本当に良かった。
柊

柊の感想・評価

4.6
エンスラボイト作戦。この映画で初めて知りました。まだまだ知らないことが多すぎる。協力者も覚悟の協力なんでしょうが、あまりにも酷い。連帯責任の取らせ方が狂ってる。それが戦争の現実。一番安全なのは戦争を起こした張本人なのはいつもの事。名もなき人々が戦争の名の下にどれだけ闇に葬り去られたか。最後、教会に追い詰められてどこにも逃げ場のない絶望的な死闘は言葉にできない。
kyohei

kyoheiの感想・評価

4.2
こんな話があったとは…
しかも実話とは…
あんまり事前に情報を入れずにみたのでドキドキしっぱなしでしたよ…

舞台になるプラハの街並みの美しさとかなり重い人間ドラマが広がっていました。

確かに主人公二人がナチスの大物ハイドリヒを暗殺には成功するのですが、その後どうなるのかの未来は殺った二人もわからない…
何か成功はしたのに達成感が無い、その後に続く負の連鎖…
暗殺シーンは、緊迫感が伝わってきましたよ。

それによって関わった人達が超ひどい拷問受けてですよ。
下宿先のお母さんと息子さん…
生首とか…これはエグい…
しかもそれによって5000人が殺されたり、行ってもいない村を消し去られるとか…ただこれよってイギリスが参戦してくることになるとか…
知らないことが多いなぁと思いました。

ラストの教会攻防戦も立てこもった7人の地上の屋内の銃撃戦と地下の水攻めなど、こんな激しい戦いが描かれる映画だった何て…驚きました。
mist

mistの感想・評価

4.0
そんな孤独で恐怖で壮絶な指令なんてあるんだろうか…いやでもあったんだろうな 皮肉に皮肉が重なったり、その中でも強くなっていく心があったり でも最終解決の先陣切ってたハイドリヒがまさかこういう結末とは知らなかったので、いろいろお勉強にもなった

キリアン・マーフィーが狂気を通り越してもはや何かの信仰の域に達しているのに圧倒されてしまった 忘れられないシーンがあるんだけどあの無音の、それでも雄弁な一瞬 そしてラストはやっぱり「ウワッこの人めっっっっちゃ目キレイ!!!」で終わる ★0.5はキリアン・マーフィーの目の分

しかしジェイミー・ドーナンもよかった 最初はんんん大丈夫かなと思っちゃうけどまさに開眼したあとは鬼神の如き働きだった あともう一人天才的な腕前の人がいたんだけど名前が一致しないまま終わってしまった、あの人の存在感もよかった 20年前のコリン・ファレルみたいな人(たとえが…)
個人的に苦手な要素ばっかりで構成されている作品なので、最悪、キリアン・マーフィーのアイドル映画として楽しめればいいや、くらいの気持ちで観賞。

恋愛要素だったり、組織の末端でその一員として働くものの悲哀だったり。

決死の作戦行動だったり勝ち目のない籠城戦だったり、と。

普遍性と娯楽性がしっかりと持たされてあって、歴史に疎く派手さのない映画が苦手な人間にも楽しめる作りで御座いました、と。
アトミックブロンドとぶっ続けで見てしまったのでドイツ飽きしてしまった…

良い映画だとは思うがレジスタンスの思想に同調出来ず全く感情移入しないまま見てしまったので、リアリティに全振りしたムードに退屈さを感じた。
y4a2s4u

y4a2s4uの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ナチに占領されたチェコにおいて愛国者によるナチの重鎮ハイドリヒの暗殺までの切ないストーリー!
当たり前すぎて気づかない自由。
権力者にすべてを委ねたら、いつのまにか自分たちの都合のいい法律で我々を監視される社会にならないように考えさせられるお薦めの作品だ。