ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

人非人

人非人の感想・評価

3.5
教会攻防戦でのドイツ軍の統率の取れた一連の動きが、昨今の立てこもったテロリストと闘う特殊部隊員みたいで無駄に興奮した。
wanbo

wanboの感想・評価

3.5
第二次大戦中、ナチス第3の男ラインハルト・ハイドリヒの暗殺を任された男たちの実話の物語。
ヒトラー含めて、ナチスの高官は何度も暗殺を企てられてるにもかかわらず、実際にナチス高官の中で暗殺が成功したのは今作で描かれたラインハルトの一例のみ。
どのように暗殺を遂行し、それによるヒトラーの残虐な報復が始まったのかが丁寧に描かれていて見やすかった。
特に、暗殺計画から実行までのシーンは、同じくナチスの暗殺描いた「ワルキューレ」に並ぶほどの緊迫感があって見応え十分!
2人ともイケメン!
大事な任務を任され精神的に辛く命懸けな姿。
ラストゎとても悲しく心がしめつけられた。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.9
あ~この暗殺計画、失敗しても成功してもこうなる事は分かってたんだよねぇ。

愛する人が出来てしまった二人だけど、やらなくてはならない。
それ程の思いのあるナチスへの執念。

横殴りに降りしきる雨の様な銃弾の中、最後まで戦い続ける凄まじい銃撃戦。
もう勝ち目がないのにそれでも最後まで…

そしてラスト、プツン無音になって終わると気持ちが虚しくなった。
リンゴ

リンゴの感想・評価

4.3
拷問シーン、キツかった。。(泣)

水攻めとかやり方が執拗。

ヒトラーとかハイドリヒについて詳しく知りたくなりました。
Rick

Rickの感想・評価

4.1
たった1人の暗殺のために、何人を犠牲にしなければならないのか...。
国が占領され、立ち上がるのが国のためか、耐え続けるのが愛国なのか。
beplum

beplumの感想・評価

4.2
『イングロリアス・バスターズ』とか『ブラックブック』とか『暗殺』とか歴史ものとミッションものは好きだし相性もいいと思うけど、これはなんとも言えない約束された絶望具合が切なすぎて辛かった。
綺麗すぎない空気感というか、まじでピンチですねこれは……という絶望感が好き。
ナチスは徹底的に悪者として描ける映画史上の便利屋と化してるけど、人間はここまで残酷になれるということをちゃんと知っとかないといけんと思う。『映像の世紀』とかみると本当にやばい。

キリアン・マーフィーの憂い顔のタバコがえぐいくらいエロかった。
内田夕夜ボイスも好き。音響の演出が好き。
maomei

maomeiの感想・評価

4.0
キリアン力(ぢから)が最大瞬間風速を記録したあのショットにプラス0.5スコアを足しました。分かってる…よく分かってらっしゃる…。

ほぼ実話だし、脚色で尾鰭をつけようとせずにしっかり描こうとする姿勢に大変共感が持てる。デンマークの「誰がため」も(つらいけど)そんな所が好き。チェコでは誰もが知る歴史的経緯を、知らなかったことに反省しながらも、観てよかったと思う。
タジ

タジの感想・評価

3.8
戦争は悲しみや恨み、憎しみしか産まない…国のトップの権限で、戦争に参加させられ、逃げる人を撃ち殺す…あまりにも残酷で不条理な行いに、無益だと本当に思う(>_<)
『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』を鑑賞‼️弱者に対して一方的に、多人数で制圧したり、拷問したり、見ていて憤りしか覚えませんでした😤💢
ナチスドイツのポーランド侵攻により始まった第二次世界大戦の戦時中に、侵略されたチェコを救うために、支配するナチスドイツの第3の男、ハイドリヒを撃つ計画が立てられ、パラシュートで入国し反ナチス勢力の助けを借りて、暗殺計画を実行するストーリーです。
暗殺は成功しても、追い込まれるその後の結末が悲しすぎますね😢何のための人生なのか?産まれてきた理由は?考えると切なさだけが残ります😢
ユダヤ人虐殺を考える頭がおかしすぎるヤツの考えなんか理解したいと思わない💢報復とかを理由にして大量虐殺も村ひとつを消す行為をしていいことになんか決してならない💢国の命令だから仕方なくなんて言い訳にしてはいけないと思ってます😡
犠牲になった方々の冥福を祈りたいですね💐また、自分の国を救いたい想いや、大切な家族や恋人を殺された辛い気持ちを救ってあげたいですね🍀
好きなシーンは、音楽をかけながら2人でダンスを踊るシーンですね💃🕺戦争がなければ幸せになれたのかな〜と感じます💖
ぽん

ぽんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

終わってから震えが止まらなかった。もっと注目されるべき映画。

なのですが、え、そんな感じで暗殺失敗するん?と思ってしまった。そこがリアリティ。クライマックス、光が見えて…って演出はちょいとわざとらしい。