ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

nuts

nutsの感想・評価

3.5
とんでもなく恐ろしかった。

タイトル通り暗殺がメインストーリーだけど、私は暗殺者として送り込まれたパラシュート部隊は勿論、部隊の周りの協力者の物語だと感じました。

暗殺は失敗します。
だけど、ストーリーはそこからが盛り上がりをみせます。
兵士は最後まで自決せずに戦うのが使命だったとしても、逃げれないと悟った全員がラスト1発を残し戦い抜く姿が悲しい。
さらに、暗殺者を匿ったり協力した者は容赦なく拷問、皆殺しにしてしまうナチスのやり方…💦

バカみたいな感想だけど、本当にこの時代に生まれなくてよかったって真剣に思わせられる作品です。

2018-89
マ帆

マ帆の感想・評価

4.7
一気に張り詰める冒頭5分間から
切な美しすぎるラストまで
無駄なシーン 無駄な静寂が1秒も無い
.
最初の字幕以外解説らしい解説は無いけど
反ナチの暗黙の了解や生き辛さ 時代背景は
解説が無くとも演技と脚本で充分伝わってくる
.
ある会話をキッカケに
徐々に現れ始めるヨゼフとヤンの意識の違い
覚悟のヨゼフと苦悩のヤン
.
今まで観たどれよりも印象的な銃撃戦シーン
.
暗殺作戦で終わるのではなく
その後に続くナチ側からの報復シーン
.
ちょっと早めくらいが好きな私には
ピッタリの展開の速さと
観てる側も息をつく暇がない
閉塞感緊迫感の毎日の中のささやかな、
本当にささやかな幸せ
キスシーンで泣いたのはいつぶりだろう💭
.
私はこの映画でキリアンにハマりましたが
今のところこの映画のキリアンが一番です❤︎
あの常に警戒心ピークでキレ症な感じが
似合ってる
あと色気(^_^)
.
.
口紅だけが現実を忘れさせてくれるの
たとえ数秒間だけでもね
キリアン・マーフィ目当てで観たが、存外、当時のチェコスロバキアの情勢を詳細に知る事が出来たのは収穫だ。

第二次世界大戦に於いて、チェコがどういう立ち位置にいて、どういう運命を辿ったのか、今までほぼ無知であった。

ハイドリヒを暗殺は出来ても、報復として五千人というチェコ人が犠牲となったという史実に、改めてナチスの狂気に戦慄した。

従来の戦争映画のような爆撃や銃撃戦がメインの内容なら、悲惨さは伝わりはするが、ありきたりな感じもする。

だがこの作品で一番恐怖したのは、激しいアクションよりも拷問シーンである。

匿った家の者たちに行った拷問の凄惨さ、残虐さは観るに耐えない。

あのシーンから監督の、この映画にかける真剣さが伝わってきた。

これが現実に起きたことなのだと、鑑賞者は突き付けられ、戦争を知らない世代の私の思考回路はぐちゃぐちゃにされる。

そういった意味では戦争の悲惨さや歴史の勉強にはうってつけの映画であることは間違いないが、観るならそれ相応の覚悟が要る作品だ。

そして余談だが、ディケンズの子孫が出演していたのには驚きだ。
tonnt

tonntの感想・評価

3.1
きっと小劇場のような映画館で観たらしばらく動けないだろうっていう感じ。
恭介

恭介の感想・評価

3.8
ジャケ借りの当たりは続く。

原題はエンスラポイド
ドイツ高官ナンバー3の地位についていたハイドリヒ暗殺計画の作戦コードネーム。

邦題で借りるのを躊躇したが、キリアン・マーフィーと監督のショーン・エリスの名前と実話の物語という事でレンタル。
危うくC級感丸出しの邦題のせいで見逃しそうになったじゃないか!

中盤までの静かに熱く進行する暗殺計画。
反ナチスという同じ志しを持っていても
祖国から亡命した者、侵略された祖国に住んでいる者とでも、考え方や意見が分かれる。住んでいる者は仮に暗殺が成功しても
ヒトラーの報復処置が恐ろしい。

それだけ、ナチスが同じ人間とは思えない残虐非道な行いをしてきている証拠だ。
現に暗殺が行われた直後から、ナチスはチェコスロバキアの村、2つを完全に消滅させた。人も建物も・・

その恐怖感と作戦遂行の使命感が、演じている役者さん達全員からひしひしと伝わってきて、暗殺までの工程をジワジワ盛り上げてくれる。

そして遂に暗殺計画実行の日。
ここから物語は一気に悲劇へと加速していく。この前半と後半で全く異質な緊張感を味わえる構成が素晴らしい。

史実の出来事なので、ネットで調べれば最終どうなったか?はすぐに出てくるが
予備知識なしで観る方がいいかと思う。

ナチスを題材にした映画を観る度に、本当にこんな非道な事が出来るものなのか?
北斗の拳のレイじゃないが
テメェらの血は何色だぁ!!と叫びたくなる。もちろん戦争における蛮行はナチスだけじゃないが、ナチスの場合は戦争行為というより民族浄化という虐殺だからより非道さが増す。

また、懸賞金欲しさに、己の保身の為にいとも簡単に同胞を裏切る人々。その人々を責めるのは簡単だが、そこまで人の心の隙を突き、恐怖心を植え付けるナチス、ヒトラーの人心掌握術という負の前例は今の世の中にも受け継がれてしまってるのも怖い。

観終わったあとナチスが残した地雷に関する映画「ヒトラーの忘れもの」に似た、やりきれない行き場のない気持ちが残る作品で映画本来の娯楽としては切なすぎるが、観るべき映画だとは断言出来る。
tomo

tomoの感想・評価

4.0
息を呑む、とはこのことだ……

そしてこんなにも胸を締め付けられる映画は久しぶりに見た気がする。なんとも壮絶で残酷で、見終わった後は切なくやりきれない気持ちになって思わずため息がでた。

好き嫌いはあると思いますがそれでも見ることをおススメしたい映画です。


でもたった一つだけ残念なのは邦題です!すごくいい映画なのにこの邦題のせいで安っぽい感じになってしまってる。これじゃタイトルだけ見たらB級映画かと思いかねない(>_<)
邦題からは想像もできないような内容と完成度。B級ではない。
史実を基にしながら、ドキュメンタリーではなくある程度のエンタメ作品として仕上げなければならず、それでいて可能な限り忠実に再現した物語は思わず息を飲む。




で、どんな話かと言うと、ナチスに「国を寄越さないと侵略するよ」と言われ、仕方なく国の実権を渡したチェコが舞台。
主人公達はそんなチェコからイギリスに亡命し、チェコの統治者になったナチスNo.3の男ラインハルト・ハイドリヒを暗殺する為に再びパラシュートで占領下のチェコに潜入した男たち。
しかしこの暗殺任務には作戦も何もなく、潜入方法がパラシュート降下である事以外は何も決まっていない決死作戦。もちろん脱出方法なんてなければ、そもそも殺す方法も決まってない。
……え、どうする??



そんなお話。
ただし導入が少しわかりづらいので、当時の事情に詳しくない人は上に書いた事だけでも頭に入れておくときっと楽しめる。


調べてみれば、そもそも後年この暗殺自体正解だったのか否かの議論の的になっているらしい。
詳しくは調べてみてほしいが、簡単に言うと、ハイドリヒ1人の死はその報復の為5000人以上のチェコ市民の虐殺を招いたのだ。
しかしこの映画はその議論に答えを提示しない。あくまで史実を描く事のみに注力した。


チェコ人にとっては歴史で学ぶ事だが、遠い異国の地では自分で調べない限りそうそう知る機会はない。
この歴史を後世に残す為だけならばドキュメンタリーを作ればいいが、広く知ってもらう為にはエンタメである必要がある。
とても重くて息の詰まる内容だが、本作は間違いなく面白い。


こういった史実を映画を通して楽しみながら知れる、良質な作品である。
ぴー汰

ぴー汰の感想・評価

3.8
今年度「なんやこのクソ邦題」選手権、堂々の第1位説すらある。。(俺調べ)
B級ではございません。

素直に良い映画。
ナチ関連の映画と言えば、やっぱりどうしてもホロコースト(という言葉はチェコも例外ではないので語弊がある?ユダヤ人の物語、と言うべきか)ばかり取り沙汰される中で、こういう映画があるっていうのは大切なことだとしみじみ。
特に、散々戦争で酷い思いしたはずなのに、歴史に疎い日本人には、エンターテインメントとして存在してることは本当に有難いし喜ぶべきこと。でもそれだけに頼らずちゃんと勉強しような…。(自戒)
背景知識がなくても、きちんと本編前後に解説もあるから安心して観てください。てかそんな難しい話じゃない。

やっぱり銃を構えるキリアンマーフィーかっこよすぎやわ。
そしてトビージョーンズがいるだけで醸し出される不穏感がすごい。マジで。
キリアン・マーフィ目当てで鑑賞
やっぱりシリアスな役のほうが彼の良さが引き立ちますね👍
戦争映画はやはり最後は辛いエンディングですね。戦争のない日本に生まれたことに感謝しかないですね、

このレビューはネタバレを含みます

この手のジャンル初めてみたけど、楽しめました! 比較対象が無いのでスコアが点けずらい…
ヒトラー占領下のチェコで、ナチスのNo.2であるハイドリヒの暗殺作戦を決行する話です。実話であるエンスラポイド作戦がベースみたい。
7人の教会での籠城戦は胸が熱くなる。マグニフィセント7みたいに、めちゃくちゃ強いわけじゃないから、普通に死ぬしハラハラしていいね。
監督のショーン・エリスはイギリスのフォトグラファーなだけあって、カメラワークが上手かったりする。ラストの光を見つめて死ぬシーンは非常に良いです。