ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

Michelle

Michelleの感想・評価

3.8
ダンケルクを観た後に鑑賞したので、「こんなにキリアンがしっかりしているなんて…」と驚いてしまいました(笑)
暗殺計画という殺伐とした流れの中、女性陣との絡みに心が救われました。ただ、それも後半に行くにつれて心苦しくはなりますが…。アタくんのシーンが本当に辛いです。
キリアンの美しい一筋の涙にとても感動しますので、是非劇場でご確認頂きたいです。
Ryosei

Ryoseiの感想・評価

3.7
ドイツ統治下のチェコでのレジスタンス。
キリアン・マーフィがダンケルク同様かっこよかったです。銃撃戦は圧巻。
ハイドリヒ1人の暗殺と引き換えにエンスラポイド作戦の首謀者以外にも5,000人が殺されたというの、命の重さについて考えさせられるな。
mmm

mmmの感想・評価

4.5
はぁ、キリアンマーフィーがかっこよすぎて言葉が出ない。こんなにもたばこを吸う姿が美しい人はいないでしょう、たばこになりたい。笑 ヨゼフ(キリアンマーフィー)が興奮してるヤンを後ろからなだめるシーンはやばい。わたしもされたい。教会の雨(じゃないけど)濡れながらの戦闘シーンもたまらない。ホロコーストの映画にビジュアルは求めてなかったけど、これはいい。

会話の中で、『ハイドリヒを殺しても後任者がきて何も変わらない』『地図から街が消えるのが何よりも恐い』って言葉がぐさっときた。じゃあ誰を殺せば自由になれるの?ヒトラー?何も罪のない人たちが青酸カリを飲んで死ななければいけないのはなんで。

上映中、後ろのおじいちゃんが戦闘シーンになるたび、苦しそうにうめき声(大音量)上げてたのが謎。
実話
ナチドイツの占領下にあるチェコスロバキアの話。
イギリス政府とチョコ亡命政府からナチスナンバー3のハイドリヒ暗殺の命を受けた2人とチェコで潜伏し活動する仲間たちが
その実行の為に尽力する
実行する側にも絵空事めいた作戦であったのに
作戦は成功してしまう。
だがそれは悲劇の幕開けでもあった。

英雄的な行動を取る事は決して容易ではない
極限状態にある彼らが本能的に体が竦み震えてしまうような場面でもお互いを支え合うのがとてもすばらしかった。
絵的にも…(すみません)

どれほどの犠牲を払ってもそれが報われるというものではない。
戦争で等価交換などない。
犠牲を賛美してはいけない。

でも彼らは自分たちなりの正義の名の下に必死で戦い抜いた。
その姿を生き様をこの映画で知る事が出来たのはよかったなあ。

後半の教会立てこもり銃撃戦圧巻でした。
心理描写においても。

そしてやっぱりキリアンマーフィー尊い。
そして麦の穂を揺らす風
思い出した。
こちらも尊いキリアン。
nori

noriの感想・評価

-
映画館鑑賞。

チェコの亡命政府はロンドンにあり、そこから、ナチスのハイドリヒの暗殺命令を受けてパラシュートで降下した者たちがいた。

各々、そこにいる手引きする仲間たちによって、匿われ、時を待つ。

もうこんなことしてどうなるんだ、観ているこちらは思う。
1人殺して、屋台骨がぐらつくようなナチスじゃないのに。。。

しかし、命令は命令。
暗殺はなんとかなったものの、ナチスは犯人探しに躍起。

自分の家族だけ逃げたいと密告した仲間によって、居所が分かり、教会での銃撃戦となる。
しかし、多勢に無勢。
ただ、戦って死ぬのみ。
無駄死にだ。
ナチスは見せしめだと関係のないチェコ人を5千人も殺したと言う。
密告した者は本当に逃げ出せたのか。
ナチスがすることはないように思う。

終わって、むなしさだけが残った。
このあと、チェコスロバキアは、確かに、ナチスから解放されたが、ソビエトによって、共産主義の国になる。
本当に自由になるのは、まだまだ先なのだ。
ハイドリヒの暗殺で確かに歴史が動き、戦争の勝利に繋がったのだろうけど、
その報復に5000人の犠牲があったと思うとやるせない。
母国の自由の為に最後まで戦った7人の英雄、協力者に心打たれた。
たけむ

たけむの感想・評価

4.3
丁度ナチに関する本読んでてこれやってたの思い出して見てきた。
教会の攻防は激アツ
ギリギリまで自決しない執念がかっこいいし泣ける
ラストの演出が特別良かったわけじゃないけどこれまでの圧迫感から解放を感じ、鳥肌もんだった
にこぺ

にこぺの感想・評価

4.0
思っていた以上に重く緊張感のある一本でした。暗殺の決行シーンから、立てこもりの銃撃戦まで緊張感は途切れることはありません。
生々しさと美しさが混在しているような印象です。エンドロール終盤で流れる合唱曲で余韻をたっぷり引きずって劇場を出ました。

キリアン・マーフィーはいい顔してますね。「ダンケルク」もそうだったけど、黙っていても、彼の過去に思いを馳せさせるような雰囲気を持っています。
ちょっと遅れての上映でしたが許してあげる〜、ユナイテッドシネマさん。

このレビューはネタバレを含みます

モタモタ感がある暗殺シーンはキリアン・マーフィーのキャラクターに合ってる。

あと、あのヴァイオリンくんはリトル・ランボーズのあの子だよなぁ
大きくなったなぁ
『ダンケルク』の感想を読んでたら、これがお薦めされてたんで観てみた。

エンスラポイド作戦を映画化。この事件を知らなかったんで、映画よりも事件の壮絶さに圧倒されてしまって、この映画がおもしろいのかどうか、わからなくなってた。

外交のために、敵の幹部を殺すのが、すごくヤクザみたいと思った。仁義がなさすぎて観ていて何の感情も抱けなかった。出来が悪いわけじゃない。極限状態にあてられて、観ているこっちも感情が死んでいくような気分になるのだった。倫理観がぶっこわれるとこうなるんだろうなって体験できる映画と思う。