ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

ギャス

ギャスの感想・評価

3.3
国が無くなるとはどういうことか。
国を守るとは。

命をかける意味とは。

戦争とは、誰が何のために始めるのか、

もし戦争がなければ、彼らはどんな人生を歩んだろう。
普通の人たち。
殺し殺されず、
拷問を受けず、
裏切らず、
毒で自殺もせずに、
恋をして、
生きただろう。


史実を元にしたということがあまりに重苦しく、
久々に戦争について考えこんでしまう映画だった。

ナチスのようなシステムが勝ってしまう事態を、
国がなくなってしまう事態を、
命を懸けて止めようとする人々に共感したが、
自分にその気概はあるかと言われれば、
ないとしか言えない。


戦争が始まらないように何かするしか。




※邦題ひどい。
観る映画のジャンルは散らす様にしています。
浮かれた映画を観れば、沈む映画を選ぶ様にしています。

にしても、これはかなり沈む。

ナチス第3の男にして、冷酷、冷徹非道なその男。
金髪の野獣。
プラハの虐殺者。
ラインハルト・ハイドリヒ。

ハイドリヒを撃つ…エンスラポイド作戦!
訳して類人猿作戦!
…え?どーいう作戦?不謹慎だけど、この作戦名が字幕で出た時は頭の中はハテナでいっぱい。

第二次世界大戦中、大英帝国政府とチェコスロバキア駐英亡命政府により計画された、ナチス・ドイツによって占領されたチェコスロバキアの統治者ハイドリヒの暗殺作戦。

亡命軍から選抜された7名の兵士は母国チェコスロバキア領内にパラシュートで潜入。ヨゼフ・ガプチーク(キリアン・マーフィ)とヤン・クビシュ(ジェイミー・ドーナン)は残る5名と合流し、反ナチ組織と協力して作戦実行の時を待っていた。

緊迫感。重い。息が苦しい。
外はゲシュタポ。
告発を恐れ、たとえ同胞でも気は許せない。

ヨゼフとヤンは潜伏期間中にそれぞれ恋に落ち、ヤンに至っては結婚をする。

ここに来た目的を忘れたのかと問うヨゼフ。
わかっている。
ハイドリヒを撃つ為だという事を。

結婚する事にも後ろめたさを感じる。
何という時代だろう。

ゲシュタポに捕まれば、生きている事を悔やむ程の拷問が待っている。それぞれが自害の為の青酸カリを握り締めて…。決行のその日は訪れる。

暗殺計画実行のシークエンス。手に汗握る緊張感。弾丸を充填する手が震えるのも無理はない。

恐ろしいのはその後の報復だった。匿った家族を徹底的に捜索するゲシュタポ。次々に殺されるチェコ市民。

悲しくて悲しくて涙が出るのは、匿ってくれたお母さんが殴られて。その息子が拷問されて…。ヴァイオリンを弾くのが好きな優しい青年だったのに。
もう、やめてくれ。
やめてあげてくれ。

そして、終盤に掛けての教会での籠城戦は圧巻!!
言葉を失くす。

ハイドリヒ暗殺の見返りは、血の報復。
実に13,000人の市民が殺された。
1人の命を狙った事で失われた多くの命。
それでも僕にはそれが正しいとも間違いとも言えない。僕は命を賭けてはいないのだから。

それにしてもジェイミー・ドーナンがカッコ良すぎてどーなん!?
セピアのかった画面が美しい。
泣かせよう、盛り上げようという作り方ではなくてひたすら重苦しい。
命がけで任務を遂行して、結果報復で多くの人が亡くなったしそれで歴史が変わったかというと疑問だけど、ヤンやヨゼフや部隊のみんなや協力者のしたことが無駄だったとは思わないし思いたくない。
ナチスを目の前に彼らは何もしなかったわけではないのだ。
ただ犠牲が大きすぎた。
風来坊

風来坊の感想・評価

3.5
冒頭から重苦しさと緊張感に溢れている。重みのあるストーリーに充実したキャストが更に重みを与えていて素晴らしいと思う。
暗殺が事態を代えたのか、事態を悪化させたのか…何とも言えないものがある…。

実話という事あって胸に重く響いてくる。クライマックスの戦闘は悲壮感に満ちていて切ないが迫力のある戦闘シーンとなっています。
淡々としている部分もありますが、見応えのある戦争映画と思います。
うか

うかの感想・評価

3.8
邦題とのギャップ。

暗殺よりもその後が辛い。
ナチス系の映画好きだけど、これつらい。
くみん

くみんの感想・評価

4.0
実話。
悲しい、悲しい、悲しい。
巨悪に立ち向かいたった7人で戦った若者達。
アクションシーンはもう観ていられない。

ヤン役のジェイミードーナンもよかったけど、ヨゼフ役キリアンマーフィーが素敵。シャーロットルボン、かわいー!

プラハの街の美しさ、危険をかえりみず匿い続けた人達の住まいは実に優雅で、穏やかで、その後の悲惨さには言葉を失った。バイオリン、悲しい。

もうちょっと、これは辛すぎた


実話ってことが重すぎる


なんでこんな目にあわなきゃいけないのか
なんでこんなことしなくちゃいけないのか


戦争とゆう世界一無意味で無利益で悲劇しか生まないもののためになんでこんなことに?ってもう考え始めたらキリないんだけど…

最後の銃撃シーンはもうずっと息苦しくて涙が止まらなかった


尋問拷問シーンとか同じ人間と思えない
鬼畜なんだけど人間てこうゆうことできちゃうんだね、むしろ人間にしかできないか、こんなこと


ただチェコの街並みが素敵だなと思ってインスタで探して見たら今もこんな風景ですごく行きたくなった

ヨーロッパ行きたい


と、話逸れましたが…
おもしろいとかそうゆうことではなく実際に起きた出来事としてみんなに観てほしい映画


あ、あと毎度のことながら邦題どうにかしてほしい
これは内容 描き方 テーマ 全てにおいて重かった…

ミュンヘン協定によってイギリスから見捨てられナチスに占領されるチェコ。そのチェコからイギリスに政治亡命した若者7人が 何の後ろ盾も計画もなくハイドリヒ暗殺の司令を受け落下傘部隊でチェコに送られる。もうこの時点で悲劇が待っていることは必至だ。

ラストの教会での銃撃戦は辛くて見ていられなかった😣

結果的に政治的意義はあったけれども 市民を含め犠牲が大き過ぎたと思う。ジュリアス・シーザーの本が水に浮かぶシーンはこの暗殺事件の結末のメタファーなのかな。
YSKSZK

YSKSZKの感想・評価

3.0
史実を淡々と描いているのが印象的。
登場人物達が1人の悪魔を憎んでいるという事には変わりがないが、立場が違えばそれぞれの正義も選択も異なると映画を通して伝えている。
多くの犠牲を出す事が分かっているが、1人の悪魔を倒すために任務を遂行するのか、それとも悪魔を受け入れながら被害を最小限に留めるのか。
この映画に出てくる20代の主人公達が、あまりにも大きく責任の重い決断と実行をしなければならないと思うと、戦争というものの罪深さを感じられずにはいられない。
結果論として、悪魔を1人倒した事によって無実の人達がある意味巻き添えを食らって大勢亡くなってしまったが、当事者ではないものは、当事者の心中を察することは到底出来ない。
戦争というのは残酷で冷徹な選択をしなければならない卑劣な物というのを改めて身に感じた。
vanitas

vanitasの感想・評価

-
ナチスナンバー3のハイドリヒを暗殺する作戦を描いた話で、実行までよりも実行後の方がはるかに恐ろしくて背筋が凍った 歴史の重み…

淡々と出来事を追うような作りがよかった

銃撃戦は「嵐のような銃撃」ってこういうことをいうんだと実感するほどすさまじくて圧倒された

第二次世界大戦ってほんとに世界中を巻き込んだ大変な戦争だったんだと今更ながら実感が湧いた
ナチスが勝たなくて本当によかったしこれからもこんな政権を復活させちゃいけないね… もっと勉強したい