ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

ごろう

ごろうの感想・評価

3.0
もっとロングショット気味の方がいいんでねの?
TK

TKの感想・評価

-
記録
2017 71本目
unknown

unknownの感想・評価

4.3
2017/08/20


正しいことなんてないのが戦争。
だからこそ勝者はいても英雄はいない。


本作のヨゼフとヤンを単に英雄として描くこともできたはず。
しかし決して安易に彼らの選択を正しいものとはしていない。
ナチスによる報復が来ると分かっていて、彼らを止めようとする者もいた。
彼のとる選択も決して間違いとは言えない。

現にこの事件後五千人ものチェコ人が殺害された。
逆にこれがきっかけで連合軍がチェコのために動いた。


正しいことはわからないし、違う選択を取っていたらどうなっていたかなどわからない。
もしかしたらそこまで多くの人が亡くなることはなかったかもしれないし、逆にチェコという国がなくなっていたかもしれない。


ただ言えることは本作の、ハイドリヒ暗殺部隊の彼等は確かに国を想っていたし、そのために命を賭していた。
大切な人のために戦っていた。

不条理だと思う。
でもこの映画には人がいた。
生きた人を感じた。互いを思いあう心があった。
目を背けたくなることが起こっていた。
それがリアルだった。
見るべき価値のある映画だ。
れい

れいの感想・評価

4.4
映画の出来としては極上。史実は知っていたので、非常に緊張感と重苦しさを強いられる作品だった。結局、国と国に翻弄されて死んでいくのは一平民であったり一軍人なのだ。いまだに心の奥にトラウマが残ってる。
それにしてもこの邦題何とかならなかったものか。原題のまま暗殺作戦のコードネイム「エンスラポイド」でいいのに。
MTmovie

MTmovieの感想・評価

3.7
期待通りのものを期待通りに見せてくれる。
覚悟して観たけど予想以上にタフでメンタルにくる映画だった。暗殺してもしなくても地獄になるのは想像つくし。心理戦あり、怒濤の銃撃戦あり、全編に渡り途切れぬ緊張感で手に汗握る。かなり凄惨で目を覆う場面もあり、ほんと地獄絵図。すごかった…
ずっとキリアンがんばれ、ジェイミーがんばれ、って思いながら観てた。

これ見逃しちゃいかんやつだった。

監督は「フローズンタイム」のショーン・エリス。
初見の新宿武蔵野館スクリーン3で鑑賞
画面の見え方に危惧してけど前の方の席だったから
かあまり問題なかった。

キリアン・マーフィーが珍しく?頼りがいのあるキャラで頼もしかった。
ヤンは頼りなかったけど、終盤ヨゼフにしてもらった落ち着かせ方を仲間にしてあげるとこが良かった。

襲撃シーンや酷い拷問シーンなんかも観たあとにwikiを観たけどあのままのようですね。

終盤ヨゼフの幻覚?シーンが悲しく美しくて良いんだけど、レンカとヨゼフのシーンがそんなにも多くなかったように思えて唐突な感じを受けてしまった。

ボーンシリーズなんかの手ブレ演出は嫌じゃないけど、この映画には要らなかった気がした。見辛かったし。
saki

sakiの感想・評価

3.8
内容は勿論重たい事実。でも、セピアな街並みにキリアンマーフィーの瞳が溶け込んでいてとても美しい映像だった。
史実ではヤンとヨゼフの最期は映画と異なるらしいけども、落下傘兵達の攻防と最期は圧巻だった。
チープすぎる邦題のことは残念に思う。
akiko

akikoの感想・評価

4.2
密告があとを絶たない状況の中、仲間を裏切ることなく自死していく姿や信念を曲げずに最後まで戦う姿が凄まじい。
Sios

Siosの感想・評価

4.0
明らかな逆境でも立ち向かい、任務を遂行する軍人の勇気が胸に迫ってくる。
ドイツ制圧下のチェコで、暗殺のターゲットはナチス最高幹部の1人。報復による犠牲を覚悟しなければならない。

危険を掻い潜って作戦を練り、会議を重ね、準備を進める。関与する者それぞれの思いが滲む演技もよかったです。
一方、手段を選ばず殲滅にかかるナチスのやり口には背筋が凍った。

プラハの街の美しいショットが印象的で、何のために、何を守るべきか問いかけてくるようだった。