ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

uemiki

uemikiの感想・評価

3.5
吉祥寺に居たのでココロオドル映画館に行ってみようと。
その時ちょうどやっていた、この作品。

映画館はさておいて、
見てよかった。

すごい時代。知ることが大事、色々これからも映画から学ぼう。

ちょっと的外れな感想だけど、
どんな時も愛を大切にする西洋文化は
素敵だなと思った。

そして映画館は、外装が可愛い。
以上^ ^
久しぶりにとんでもなく手に汗握る映画を見てしまいました。

実際にあったナチスのナンバー3にあたる高官ハイドリヒの暗殺作戦。それに携わった若者たちの壮絶な物語。

最初から最後まで、重く強烈な緊張感が持続し続けていて、見終わった後の疲労感が尋常じゃなかった。

暗殺を決行する。それはすなわちナチスを敵に回す事。報復として自らと家族も命を狙われるという事。そしてチェコの国自体も危険に晒す事になる。

暗殺作戦をいざ決行しようとするも、仮に成功しても問題はその後。その事実が重くのしかかる登場人物たちの恐怖感が強く伝わってきます。見ているこっちにも手の震えが連鎖するほど。

それでも決死の思いで命懸けの作戦に挑む主人公たちを演じたキリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナンをはじめとする俳優陣の演技が皆素晴らしかった。

作戦開始からラストまでの後半1時間は、片時も目が離せないほどリアルで緊迫感あふれるシーンの連続。

銃撃戦に爆発、凄惨な拷問現場など圧倒的な場面ばかりで、これが実話という事実に驚きと恐ろしさを感じます。

邦題が酷いせいで、B級臭さしか感じられないのが残念すぎる。
全ての作品を見た訳ではありませんが、ここ最近の第二次世界大戦をテーマにした作品ではトップクラスの完成度でしょう。
あんぬ

あんぬの感想・評価

3.8
ずっしり重い…。
最後の30分ずっと手をかざしながら観てた。キリアンマーフィー良い。
残念なのは邦題。本当に誰がつけてるんだろう。邦題と評価が合ってないから気になって観てみたら案の定でした。
Ben

Benの感想・評価

3.3
実話。
第二次世界大戦の映画で中欧が舞台のは珍しかったが、勉強になった。
キリアンマーフィー素晴らしい。
銃が詰まった時は発狂しそうになった。
西ヨーロッパかロシアが舞台のが映画が多い中、いろんな視点で第二次世界大戦を学びたいと思わせてくれた。
ねる

ねるの感想・評価

3.5
キリアンマーフィーの落ち着き感に安心する
誘惑させて、残忍なことしてる。報復として殺すって時代はいつでもそうなのか。
国がなくなるかどうかの瀬戸際を必死に阻止しようとした話
やあメタルマンだ、キリアン・マーフィーはどちらかというと脇役として光を放つ作品が多く、主演作はあまりパッとしない印象があったが、ついに当たりを引いたようですね。

極限の緊張感と、ナチスの徹底した追撃に手汗が止まらない。
フィクションでも重く感じそうな内容なのに、実話だというのだから絶句。
クライマックスでは、もう感情をどう表現していいか分からなかった。

戦争物の、まさに隠れた良作。
犬

犬の感想・評価

3.5
時間

第2次世界大戦、ナチス占拠下のチェコ
ナチス高官ラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた
ハイドリヒ暗殺計画を企てたイギリス政府とチェコスロバキア亡命政府は、暗殺部隊を送り込みプラハの反ナチス組織や家族と接触するが……

ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第3の男ラインハルト・ハイドリヒの暗殺を、史実をもとに描いたサスペンス

実話に基づく話

こんなことがあったとは

ハラハラして緊迫感あった

計画が良い
みんなで協力します

終盤の銃撃戦が見応えあり
ラストは何とも
ここ数年、沢山の戦争映画を観て来た中で、1番心に残る映画でした。
知らなかった史実を知ることが出来るのは、まさに映画ならでは。
最近で言うならサウルの息子やダンケルクで知った衝撃とはまた別の、深い悲しみがありました。

あんな若者が、国の為に行動する強い気持ちが現代日本に生きる私達にはわからない。
だけど、若者達はパラシュートで入れなくなった自国に降り立つ前から、迷いなく決心してたのだと。
新たな出会いをも振り切る強い信念を観た観客が目の当たりにするラストは、わかっていても涙が止まらない。
人間味がさりげなく表現される分なおさら戦争の惨さを改めて思いしらされた映画でした。
思い出すと今もあの若者たちを想い涙が出るくらい、こんなに感情移入した戦争映画はなかったです。
そしてキリアンのファンになっちゃいました。
第二次大戦時にチェコスロバキアで実行された『エンスラポイド作戦』(※ナチスの高官暗殺計画で唯一成功した)を描いた作品🎬✨この史実は全く知らず『実話の映画化』という程度の知識で鑑賞…(つД`)💦
戦争モノは苦手なのですが本作は『レジスタンス達の人間ドラマ』として秀逸で👍🏻かつ徹頭徹尾ピリッ⚡️と緊張感がありアタシでも飽きずに観られました👀✨
教会⛪️に立て籠もってからの銃撃戦はホントに悲しくて。でも戦う姿は美しかったなぁ…

鑑賞後にちゃんと調べて学びました✏️✨教会地下室の窓(ナチスが水を流し込んだ)は現在も外壁の銃痕もそのままに保存され、実行者達を記念する銘板がその上に設置されています。勉強になりますた👓✨
erinko122

erinko122の感想・評価

3.2
タイトルがどことなく軽い印象を与えてしまうけれど、実話を必要以上にドラマチックに描くわけでもなく、ひたすら重く悲劇的な現実がリアルに描かれていて、とにかく辛い(´・_・`)戦争に立ち向かう市民の精神を本当の意味で理解なんてできないし想像を絶するなぁ…と。史実に基づく戦争映画はものによるけれど幼いうちから観て、自分で考え感じとるのには教科書より効果的だな、なんて思ったり。その点でいい映画だった。