ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

てて

てての感想・評価

3.6
チェコのことは本当に全く知らないので、(そもそも歴史に対する勉強の意識が低い)こんなことがあったのか…。と、勉強することでこの映画ももっと違う感想を得られたと思うと、教養は必要です。
勉強をきちんとしないと本質を理解できない映画もあるわけで、学びに生きる必要性も実感しました。

「あぁ、やっぱりそうなるよね…」が畳み掛けてくるわけだけれども、その中で際立つキリアンの美しさがまた悲劇を強調させていたと思う。
暗殺に対する報復の無慈悲かつなんと恐ろしいことか。ちょっとショッキングなシーン(拷問のシーンがきつかった…)もあったので、中々にヘヴィな作品でした。

最後のガラス玉のように澄んだ瞳のヨゼフが、あの瞬間全てを投げ打った表情が、あんまりにも綺麗でどうしようかと思った。
6時間あの協会に立てこもり闘い抜いたそうですが、私だったら絶対に精神が持たない。私は「逃げ」るために死を選ぶだろうが、彼らはそうじゃないと思う。

全く関係ないんだけど、服装が可愛くて好きだった。
チェコもナチスに対して重大な抵抗を見せていたことを初めて知った🇨🇿
戦争はいかん。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.9
第二次世界大戦時、ナチスドイツの占領下のチェコ、プラハ。
ナチスドイツの最高指揮官であり、ユダヤ人処刑の実権を握っていたハイドリヒの暗殺計画が、イギリス政府とチェコ亡命政府から下された、チェコのパラシュート部隊戦士たち。
彼らは、パルチザンとして、無謀な計画に向けて反ナチスの市民の協力のもと、プラハに潜伏していた。
チェコの自由の為に最後まで戦った彼らと、その犠牲になった尊い命。
緊迫する中で生まれる束の間のロマンス。同じ方向に向かってがむしゃらに進むしかなかった戦士たちの志を支えたものはいったいなんだったのだろう…。
ハイドリヒ暗殺事件により、約5000人の市民が、見せしめとして犠牲になったとは…。
so

soの感想・評価

4.0
全部のやだなぁもうダメだなぁ…な絶望的状況が押し寄せる作品だった。120分ずっとピリピリドキドキしていて無駄な場面がひとつもなく引き込まれた。
そんな作品に不釣り合いにも思える美しいキリアンに大変ときめく。
1941年。ナチスのナンバー3にしてチェコスロバキアを統治するハイドリヒの暗殺という、命懸けの任務に挑んだ戦士達の記録。実話に基づきます。
何とは無しに顛末は知っていた(という程度だった)のですが、これはヘヴィ過ぎる…。
主人公はチェコの亡命政府から遣わされたヨゼフ(キリアン・マーフィ)とヤン(ジェイミー・ドーナン)。街に潜みハイドリヒの行動パターンを観察し。チャンスが有れば殺る。…そこまでしか計画が有りません。万が一、計画が遂行出来たとして、その後の彼らの運命は?更に、ハイドリヒを殺されたらナチスはどう動く⁇
史実なのでネタバレ云々を気にする事も無いと思うのですが、詳細は書きません。映画を通して理解するのが変え難い経験だと感じたのと、ボロが出たら恥ずかしいので…。
全編通し、タッチが本当に素晴らしい。当時のチェコの街並みも、役者たちの佇まいもタイムスリップした様な臨場感です。オーソドックスながら、突然ギョッとさせるショットを挟む編集も、制作年代が分からなくなる様な撮影も本当に見事。ジワジワ系の劇伴も好みでした。
息を潜め、文字通り動きの少ない前半の溜めから、暗殺シーンの血も凍る様なリアリティ、そしてラスト30分の悲愴と言う他ない銃撃戦。何故、引鉄を引ける?たった一度の誇り高き死の為?
ジェイミー・ドーナン、殆ど印象を持ってませんでしたが、色気もありつつ青くさも薫ります。どんどん人気出そうですね。
キリアン・マーフィ。憂まくってます。辞典には“憂い→キリアン・マーフィ”と書いて有るべきだし、キリアン・マーフィの項には“→憂い”の表記と物憂げな似顔絵が描かれているべきです!次の版からでいいよ。回収まではしなくても。

拷問シーンは本当に眼を背けたくなる惨たらしらですが、正直どこの国でもこのくらいはやる様な気がしました。反面、主人公たちの銃弾にナチの兵達は声も上げず虫けらの様に骸を重ねます。始終英語で話すチェコの主人公たち。字幕も無くドイツ語で話すナチスの将校たち。ナチスの思想は憎むべきだとは思うけれど…。
リスクを承知で暗殺計画を立てた英国とチェコの亡命政府の上層部。目の前で行われる拷問に眉ひとつ動かさないナチの背広組。自失状態でバタバタと倒れゆく兵士達が憎むべきは、果たして眼前の相手国の愛国戦士なのか?
今日的、というかあらゆる時代にリアルに感じられるテーマを含んでいると思います。ストレートにオススメです!
ドクロメーターは、拷問シーンが本当に嫌なので2ドクロです。
くゆり

くゆりの感想・評価

4.0
あまりにも救いが無くてかなり落ち込みました。史実っていうのが信じられない。ナチス側だけを責められないのが怖いなあと思いました。自決をしようという提案をすぐ否定するシーンがあって、日本の戦争映画との違いを感じました。
ヨセフの覚悟を決めたラストシーンが美しくて印象的。
 銃撃と爆撃は都合よく外れてはくれないというリアル。
 キリアン=マーフィー目当てで見たら、とんでもない良作だった。
 感覚としては『カティンの森』に近い。
 ナチスに領有されることを選んだ(そうせざるを得なかった)チェコスロバキアから送られた部隊による、親衛隊隊長ハイドリヒの暗殺を狙った事件。
 その報復は2つの村を壊滅させ、死者は5,000人にのぼると言われている。
 しかし、今の日本でも世界でも同じことが起きないと誰が言えるだろうか。
 この映画は単なる暗殺成功劇でなく、その後も含んだ若者たちの運命を、リアルに描いている。
 拷問や自害など、誇張もせず淡々と描いているのが逆に怖さを見せつける。
 そして、ナチスが残虐なのではなく、戦争がこういう状況を作ることをも活写している。『蟹工船』の小林多喜二の拷問被害経験に基づく小説にも繋がるし、何よりも義務感がそうさせる。残虐にさせるのだ。
 そういう怖さも描いている。
 その意味でも、すばらしい作品だった。
 
わや

わやの感想・評価

4.0
ナチスに抵抗する系統の映画は興味あるけどキリアンマーフィーじゃなかったら見なかったと思う。

主要7人だけじゃなく協力者とか市民全員による作戦だったみたいに印象付けられるストーリー。
minami

minamiの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

I have to believe there's a way through this that there's a normal life waiting for us. The way things used to be.
キリアン・マーフィーとジェイミー・ドーナンを同じ画面でみれる!という理由でみたけど、史実に基づく話ということで全く知らなかったナチス占領下のチェコの話をしれて良かった。チェコの街並み綺麗だったな