ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

キリアン・マーフィーがいつもの通りかわいそうだった
まゆこ

まゆこの感想・評価

4.0
誇り高きチェコの兵士たち。

このレビューはネタバレを含みます

見にいくつもりはなかったんですが、いい評判を聞きつけて。
キリアンマーフィー演じるヨゼフの儚くて憂いのある表情が終始グッとくる。レンカを亡くし、マリーと抱き合いながら「大丈夫」と声をかけているときの泣き顔とか、終盤に追い込まれて自決を漂わす、何とも言えない表情とか。顔の造形ももちろん美しいけど、なんでこんなに表情や所作がセクシーなのかと、本筋とは違うところで頭を抱えた。
元仲間がチクってからはつらいの連続で、教会の立てこもりのシーンは息がしづらかった。決行の日の前日、緊張でパニックになるヤンをヨゼフが宥めたように、今度はヤンが別の仲間を同じやり方で落ち着かせたシーンがよかった。
全体的にどうしても暗く、ラストは自決のオンパレードでつらいけど、最後までブレのない、いい作品でした。
KAORI

KAORIの感想・評価

3.7
無謀とはいえ国の為に最後まで戦った兵士達。ドイツ軍の度をこえる執拗な攻撃。戦争ものは結果が分かってけど、分かってるからこそつらい。
#ciao802
いよ

いよの感想・評価

3.5
深呼吸しろ…でリボルバーの弾ぜんぶ抜いて落ち着け…っていっしょに入れ直してあげるのいいなぁ
そのシーンを繰り返すのも好きだな
キリアン・マーフィー目当て(今年は彼の映画が3本!)で観たが、イケ面多しで眼福。16ミリフィルムで写真家出身監督自ら撮影セピア調映像は雰囲気有。でも無謀な暗殺計画で無辜の民が大勢犠牲になったのにこのヒロイックな演出には違和感。
ラストシーンの演出はコレ来るんじゃないかと予想してたので思わず苦笑。
藍沢悟

藍沢悟の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

壮絶な暗殺作戦だった。
決行されたことによって犠牲になった人達の数が多すぎて絶望した。
しかし、もし仮に作戦が決行されなかったとしても、きっと誰か実行に移す人は後に出てきただろうし、誰かがやらねばならなかったことなのだと思う。
それでも、作戦に踏み切ったことが結果的に良かったのか、悪かったのか、判断ができない。
ヒーローはどこにも居ないと思った。

ヨゼフが自決を図る前に、レンカの幻を見たあのシーンが忘れられない。
ただただ苦しくて、辛くて、でもこれでヨゼフ達は解放されるんだと思ったら涙が止まらなかった。

これは本当にあったことで、我々は絶対に忘れてはならないし、もっと学ばなくてはならない。
良作な戦争映画だった。

ヨゼフを演じたキリアン・マーフィーの演技はさすがで、もっと彼を好きになった。
彼の流す涙はどうしてこんなに胸にグサグサ来るんだろう?
たます

たますの感想・評価

4.1
ナチスの占領下のチェコでの暗殺計画
キリアンマーフィー目当てで行ったけどヒリヒリするような緊迫感とどうなっても助からないよな…って絶望感がすごい。
密告されたら即処刑のレジスタンス市民と多分生きて帰れないと悟ってる軍人たちの決死の抵抗。
見ると疲れるけどなかなか良作なのかな
キリアンファンには間違いなくおすすめ
Junkei

Junkeiの感想・評価

4.2
プラハの美しい街並みと重々しい空気が映画全体を覆っていた。

いわゆる“暗殺物”の見どころは、どう殺るかではなく、どう逃げるかである。避難ルートの確保できなければ自分が殺られる。

ナチスのNo.3とされるハイドリヒ暗殺を企てチェコに降りるパラシュート部隊。
ある家族に接触し隠れながら、暗殺計画は実行される。
しかしその代償はあまりにも惨かった。

なりを潜めているので、基本的は静かな映画で音楽も抑えている。身の危険を感じながら生活している緊張感で非常に重い。
しかし恋もありエンタメとして楽しめた。

そしてあのクライマックス。圧倒的な人数の差で勝ち目がない。「明日に向かって撃て!」を思い出した。非常に美しいラストだった。

ナチスを扱った映画は、いろんな角度の作品があるが、知らない残酷な事実がありすぎる。
うめ

うめの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

チェコは美しい街。起死回生の救出劇もないまま、淡々とした史実の映像。その人の生き様に胸をうたれた。