ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

ILOVENY

ILOVENYの感想・評価

4.0
ジェイミー・ドーナンとキリアン・マーフィーが共演なんてステキ😍という動機で見た事を反省😓

ナチスに占領されたチェコでナチスの親衛隊長ハイドリッヒを暗殺するという後生に残すべく意義のある作品だった。

ナチスと言えばホロコーストを描く作品は今までに見てきたがチェコでの大量処刑の事は恥ずかしながら知らなかったのでかなりショッキングな内容だった😔

暗殺すればナチスの報復で大勢の人々が逆に殺されると懸念し反対した人が『チェコスロバキアを地図から無くしたくない』と言うセリフは胸に響く💦

最後ナチスから攻撃され応戦する戦闘シーンは涙なくして見られなかった😢

ジェイミーもキリアンも素晴らしい演技でした👏👏
atsushi

atsushiの感想・評価

4.0
第2次大戦中、ナチスの幹部、ハイドリヒを暗殺すべくパラシュートでチェコ侵入し戦った決死隊の姿を描く。暗殺を実行すればナチスからの報復は必至。疑問を感じながらも祖国のため任務を遂行する彼等の姿。辛く、悲しい史実を知る。
りり

りりの感想・評価

3.6
WOWOWの録画を視聴
邦題にだまされた…冒険活劇かと思ったら、苦しくて苦しくて、最後の教会での銃撃戦を早送りしちゃいました。
銃撃戦長すぎる…残酷すぎる…悲しすぎる…少しでも希望が欲しかった!
最後まで見た私・・えらい!

でも収穫はありましたよ〜
キリアンマーフィは素敵ね。
ファンになりそう…
無

無の感想・評価

3.5
最初から最後まで緊張の連続で肩に力が入り見終わる頃には、ドッと疲れる映画。
めちゃくちゃ切ない。
感情を失いかけていた人物が、最後に感情を取り戻したように思えて泣ける。
無駄なシーンが無く、全てが必要不可欠である。
音楽が少なめな故に、時折流れる切ない音楽で感情が爆発する。
時折、何が正解で何が間違いなのかで悩んだりしてたけど、結局のところ戦時中において正しいことなんてないんだろうな、と感じた。
ただ、邦題なんとかならないのかな。邦題ゴミすぎる。
えりみ

えりみの感想・評価

3.9
WOWOW録画。
皆さんと同じく戦争アクションモノやと思ってみたら、予想外に凹まされた史実ネタ。またしても煽りまくった邦題にハメられた😣
1942年に起きたエンスラポイド(類人猿)作戦の成否をハラハラドキドキ描く!のがメインではなく、第二次世界大戦下におけるチェコスロバキアの悲惨な立ち位置を学ぶ何とも辛い2時間😢
ナチスドイツ№3が暗殺された事に対する「血の報復」で2つの村が消滅、13,000人以上のチェコスロバキア市民が虐殺された事をテロップで済ませるべきではないのでは?という気がしたんでこんな感じの点数に。
それ等を直接表現する代わりに、教会での絶望的な抗戦が長く長〜く続くんやけど😰😣😫
拷問シーンと生首ゴロリ😨シーンがあるのでPG12指定。
青酸カリとか自決用に1発弾残しとくとか凡そ西欧人らしくない準備。そうさせるくらい当時のナチスの仕打ちが酷かったのよ!ってアピールか。
終始キリアンマーフィなので彼が好きならオススメ。
ジェシカチャスティン似の女優さんとのロマンスもあり。
お財布に愛する人の写真かぁ…
まず財布を買わなアカンな👛
ゆわ

ゆわの感想・評価

4.0
リアルな世界

自分の国を生まれを誇りたいだけなのに
大事な人と普通に暮らしたいだけなのに
叶わない
そのためには大きな代償がいる
絶対的な支配下の元、誰もが希望を失っていた頃、それでも諦めない人たちがいた

ナチスといえばヒトラーが有名だけど
ハイドリヒの名前は知らなかった
その時代を生きてきた人たちは想像を絶する生活だったんだと思う
たとえ叶わなくても抗いたかったんだと思うと泣ける映画だった
えみり

えみりの感想・評価

4.1

苦しいけど実話
途中で観るの止めようかと思ったほど。
初っぱなはキリアン返り血似合うなぁなんてのんびり見ていたのに。史実なんだよ…史実なんだよ………
ヨゼフとヤンの関係性が素敵だった。ヨゼフが常に冷静沈着かと思いきや、ヤンが宥めることもある。ヤンはヨゼフにしてもらったように仲間を宥める。
ハッピーエンドになるはずが無いと分かってはいても終盤はつらい。ヴァイオリン少年……
そもそもハッピーエンドとは?

キリアンマーフィー流石の演技でした。

原題と邦題、雰囲気違う。
最後まで観た私頑張った。
MOTO

MOTOの感想・評価

3.5
ナチス占領下のチェコのレジスタンスの話だが、映像にノワール映画の雰囲気があってレジスタンスがマフィアのように見えてくる。主人公が『ピーキー・ブラインダーズ』と同じ人なので尚更。
その死に意味があるのかすら分からないけど捨て石として殉じられるか…というテーマも戦争の悲惨さだとかモラル的な話は置いておいて、自分の中に燻っている厨二心を燃やしてくれる。
なかを

なかをの感想・評価

3.8
2018-55

邦題のせいで安っぽいB級映画みたいに思えるからやめて欲しい。この映画はそんな何も考えずに観れて特に感想もない映画ではない。