ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

観ているのが苦しい、、何ともいたたまれない。

ナチスの高官ハイドリヒ暗殺の特命を、イギリスのチェコ亡命政府から受けた七人。

空からチェコに侵入した二人を中心に描かれる。ナチスに見つからないかの恐怖の中、地元の反ナチス組織と合流しその日を待つ。決して綿密な計画ではないので、ヒヤヒヤする。

意外にもクライマックスかと思った暗殺の場面は映画の中盤にやってくる。

でも、この映画はここからが描きたかった事だろう。

ハインリヒをたとえ暗殺できたとしても、ナチス支配が変わらない以上、その報復は十分考えられる。地元の反ナチス組織のリーダーはそれを怖れて反対している。

果たしてこの作戦は意味があったのか?これは本当に難しい問いだと思う。

当時のチェコの微妙な立場。その後の歴史はもう分かっているので、意味があったと思われるけれど、それにしてもあまりにも犠牲は大きい。複雑な気持ちになる。

いろいろ考えさせられる作品でした。
おりこ

おりこの感想・評価

4.1
タイトルの『ナチの野獣』のせいで敬遠してたけど、いざ見たらチェコの為に命をかけて戦った軍人達の話で、すごく良かった。やっぱり、ナチの拷問が非道だった。後半の戦闘シーンは迫力あり。捕まって拷問されるより自決を選ぶ正義の人達が悲しかった。
makkkkism

makkkkismの感想・評価

3.8
静かに恐怖を感じさせる戦争映画。アタが演奏するバッハのシャコンヌによって、強烈に物悲しい気持ちにさせられた。

劇中に出てくるシェイクスピアからの引用、そして映画の最後に水に浮かぶ本(ジュリアス・シーザー)が映るのが印象的。
独裁者を倒しても、立ち向かった人々もまた命を落とし、報復されるという悲劇は、まさにそのもの。

この作戦は、結果として何が正解だったかはよく分からない。
けれども、こんな悲劇を二度と繰り返したくないと感じさせてくれる映画だった。

同じ日に、たまたまイミテーションゲームを観て、
同じ第2次世界大戦でも、全然違う側面が見えてくる。
前線で戦うものと、銃後で全体を観るもの。
進み行く戦争の中で、そのどちらもが必要なのはよく分かる。
けれども、やるせない気持ちになる。
日本ではなかなかわかりづらい第二次大戦のヨーロッパ。絶対悪のナチスのイカれた所業はやはり目も覆いたくなるような出来事ばかり。
緻密な計画内の緊迫感や人通しの疑念が前半ピリピリさと、暗殺後の容赦ない報復のリアルさが引き込まれた。キリアン マーフィ、反骨物の表情が良いね。
観てよかった。観てよかったです
事実なんだよな…………………映画は美しかったけど、こんなに美しくも無かったんだよな………
チェコスロバキアのプラハが舞台のナチス高官ハイドリヒ暗殺計画。

ドイツ占領下のプラハでこのような出来事があったとは知らなかった、もし日本で同じような事があったら彼等パラシュート部隊やそれに関わった人達のような愛国心や信念を持ち戦う事が出来るだろうか...

様々な理由はあれど今の世界のままでは一生戦争は無くならないと思う。けど戦争を起こす者は馬鹿だ。

当時のチェコの人達のことを思うとやるせない気持ちでいっぱいだ。
bokujo_san

bokujo_sanの感想・評価

4.0
チェコを舞台に、ナチスの高官のハイドリヒ暗殺作戦の決行とその後を描いた作品。重厚なストーリーが良いけれど、主要人物の話す言葉が英語な点が悔やまれる。
ayouk

ayoukの感想・評価

3.7
キリアンマーフィー青い瞳が美しい。

第三の男、だけではおさまらないだろう。
第4も第5も同じくらい極悪非道なヤツらたくさん出てきそう…
mutty

muttyの感想・評価

3.8
ヒトラーって本当に最悪。

拷問シーンが辛すぎて鑑賞後軽くトラウマになりました。
むごいシーンが無理な方にはオススメできません。
 震える手で弾倉に一発ずつ弾を込める。訓練通りにすれば大丈夫だと自分に言い聞かせる。緊迫する場面で兵士はそうやって恐怖心を克服するのだ。
 第二次大戦を舞台にした映画は山のようにあるが、チェコスロバキアが舞台で暗殺作戦を描いた作品は珍しい。ハイドリヒ暗殺についての作品は、1971年の映画「抵抗のプラハ」までさかのぼる。

 テロで世界を変えられないと主張する人は多い。そういう人にとっては、戦争はテロではないのだろう。しかし武器を持たない一般人にとって、戦争もテロも人殺しという点では同じだ。どちらも大義名分のために武器で人を殺す。規模が違うだけである。
 他者や他国を憎み、差別し、排斥しようとするとテロや戦争になることは歴史が示している。しかし依然として世界はヘイトスピーチであふれかえっている。ヘイトスピーチをする人は戦争をする人だ。そういう人間が権力と武器を手にするとどうなるか。暗愚の宰相が務める極東の島国では、その方向に進みつつある。東京がプラハになる日は近いかもしれない。

 主人公の兵士たちにとっては、暗殺作戦はテロではなくて戦争である。理不尽に市民を虐殺するハイドリヒ。たとえ彼を殺しても次のハイドリヒが現われるだけだとシニカルな見方をすることもできる。しかしナチ中枢のハイドリヒが殺されることは、ナチの絶大な武力にも穴があることを露呈することになる。付け入る隙を世界に示すことになるのだ。ナチはそれが許せない。だから大規模な報復作戦に出る。現金を数えるように人の命を数え、市民の恐怖心を増大させようとする。武力による支配は恐怖心に訴える支配なのだ。
 武器を持たない無抵抗の市民はただ殺される。希望はない。しかし心の中までは武力で支配されることはない。武力に震え上がる恐怖心を克服し、心の自由を保ち続ける勇気だけが、理不尽な武力に対抗しうる人類の最後の手段である。