ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

201903048
エンスラポイド作戦を描いた作品。
静かに物語が進んでいく中、張り詰めた緊迫感が漂っています。

終盤は残酷さもあり息苦しかったです💦

ほとんど知らないチェコスロバキアとナチスとの出来事。
観ておいて良かったと思える作品でした。
sayaka

sayakaの感想・評価

3.8
全く知らなかった史実。あまりに過酷な展開に胸がえぐられ…。
素晴らしい音楽(音響?)の効果も相まって緊張感の中で見ていた為、観終わるとふぅーと長いため息が出るような疲労感がありました。

犠牲の多さには胸がつぶれるけど、あの時代に恐怖に屈せず闘った人達がここにもいたのかと深い感動も覚えます。
もっと知られていい良い映画だと思うなぁ。
柴猫

柴猫の感想・評価

3.6
実際にチェコで起こったハイドリヒ暗殺計画、通称「エンスラポイド作戦」を基に描かれた作品。
実話を基にしているだけあって、映画のようにはいかないんだと思わせるシーンが多々あり現実に潰される。ヒトラーやナチス幹部への暗殺計画が、紙一重で失敗に終わったことは他の映画でも描かれてきた。この映画はそれらの物語をある意味補完するモノのようにも思えて悲しくなる。
この作品や『誰がため』みたいな、各国のレジスタンスを扱った映画は歴史を知る上でももっと増えて欲しい。尋問中のバケツシーンは、観ているだけでも耐えられないものがあった。
なんでこんなに酷いことが出来るんだろうかぁ...

監督の名前を見たらショーン・エリスと書いてあってなんか聞いたことある名前だなぁと思っていたけれど、「フローズン・タイム」の監督だった。ギミックっぽい作品を撮る印象だったけど。こういう硬派な歴史映画も撮るんだなぁと感じた。
あいも

あいもの感想・評価

3.0
もっと歴史を知りたいと思った。
自分はあまりに無知すぎる。
ルシア

ルシアの感想・評価

4.2
正義とは

観なければいけない作品のひとつ
平和ボケしている場合じゃない。

キリアンマーフィーがセクシーすぎてこの作品で大ファンになってしまった、、
ひろ

ひろの感想・評価

4.5
まず 映画として
手持ちカメラの撮影?が多いので臨場感はあるけどちょっと酔った
男前だ と思ったら フィフティシェイズオブ〜のジェイミードーナン

キリアンマーフィーは個性的な顔立ち 青く透き通った目が印象的なラスト

ストーリーは邦題のイメージより凄惨でつらい
匿ってくれた家族への拷問は心が痛くなる

市民を巻き込み 捨て駒のパラシュート部隊による暗殺計画にも問題はある でも何も反撃しないわけにはいかない
観た後もグルグルと考えてしまった
YUKI

YUKIの感想・評価

-
これ観て、年老いたような気がしてならない…拷問のシーン見てられない。
り

りの感想・評価

-
邦題😣
暗殺題材にしてる映画って暗殺が軸になってるけど、暗殺することが着地点じゃない。
1人の高官を暗殺することで、どれだけの犠牲が生まれたか
Uzurakoh

Uzurakohの感想・評価

3.5
何かを成したか、成さなかったか。時代の転換期、一気に変わってるようで、ピースが一つ一つ壊れる。一時代が立ち上がる時もそう。音を立てずに普通だった人が集まって、信じられないあの時代が出来た。