ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

mtmt

mtmtの感想・評価

3.8
史実エンスロポイド作戦について初めて詳しく知りました。劇中でも作戦の賛否について議論をする場面がありましたが、これについては難しいですね。確かにラインハルト・ハイドリヒは彼らからすると暗殺対象でしょうが…。教会包囲戦の描写は、自分が今まで映像で観た中で最も絶望的な戦いの一つでした。
is

isの感想・評価

3.8
結末は予想できてはいたけど、史実を知らないのでそれでも祈りながら観た

教会でのシーンがあんなに長いとは。。
閉塞された状況下、演出もへたに派手ではないせいで緊迫感があった

キリアン・マーフィーがやっぱり美しい
A

Aの感想・評価

3.5
キリアンの顔が怖いくらい美しい。
辛い結末だけど、しっかり意味があったことだったんだなあ。
ss

ssの感想・評価

-
息ができない。中盤からもう。

信念と悲しみと絶望が綺麗な絵の中で対照的に表現されていて、重く、儚い印象。
gol

golの感想・評価

3.6
邦題の副題は別として、
映画として面白くなる要素が満載で、
クオリティも確かだとは思うんだけど、
何ですかねこの中途半端な感じは。
足りないのもあるけど、
盛り過ぎな部分も。

フローズンタイムでショーン・エリスは好きになったんですが、その後が続かないなぁ..
goslinK

goslinKの感想・評価

3.8
最初から最後まで緊迫していて、歴史を知る上で貴重な作品。
キリアンの演技が良かった。
saori

saoriの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の銃撃戦が本当に辛かった。良い意味でもう見たくない笑 1番最後のキリアンズルくないですか?白い光が差し込んだ時に映る青い目が綺麗すぎて余計に悲しかった。ジェイミードーナンは文句なしのかっこよさ。
ただ、拷問シーンがエグくて苦手な私はずっと目つぶって下向いてた。
マーチ

マーチの感想・評価

3.8

【(短文)レビュー💥】

ここまで極度の緊張感を味わえる映画にはなかなか出会えない。

ハイドリヒの暗殺云々は意外にも中盤ほどでやってくる。その暗殺の準備が前半にあり、終盤は強烈な銃撃戦が繰り広げられるのだが、準備期間に育んだ恋愛や友情が終盤には儚い結末を生むエモーショナルな展開に、思わず誰もが釘付けになること間違いなし!

個人的に今作のキリアン・マーフィーの演技は繊細で完璧だったように思う。目配せの上手さやちょっと当たりの強い役柄が彼にぴったりだった。彼の演技力の高さも相俟ったハマり役でしょう♪


【p.s.】

その日に観た作品を出来るだけその日のうちにレビューしておきたいのですが、未レビュー作品が溜まりに溜まってきた影響で追いつかなくなってきたので、今年に入って観た数作品分は、《(短文)レビュー》で投稿しておきたいと思います。
しばらく続きますので、お付き合い下さい♪

*映画情報もカットします。御了承下さい。


【映画情報】

なし
第2次世界大戦の史実を基に、
ナチス親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画“エンスラポイド作戦”を映画化した実録戦争サスペンス。
ナチス占領下のチェコを舞台に、
ハイドリヒ暗殺という過酷な任務に挑む2人の若者の悲壮な決意とその顛末を緊迫感あふれる筆致で描き出す。
本作は、
ナチスに占領されていたチェコを統治していたラインハルト・ハイドリヒを暗殺する作戦を描いたもの。
邦題の「ハイドリヒを撃て!」だけ見ると軽快な感じに思えてきますが、
全くそんな軽さはないくて、
終始、
重苦しい空気の流れる作品でした。
ショーン・エリス監督作品なんですが、
アート系の作品を撮る監督だと思っていたので、
この様な作品を撮るのは意外でした。
本作の「エンスラポイド作戦」は、
ナチスの高官暗殺計画で唯一成功した作戦だったみたいです。
緊迫感あふれる中でも、
所々でプラハの美しい街並みのカットを拝むことができる。
史実の重みを感じる作品でした。
愚かなことに唯の戦争サスペンスとの思い込みで観たところ、今まで二本の名作の題材になったナチス№3のハイドリヒ暗殺事件の実録作品。
「死刑執行人もまた死す」1943年、「暁の7人」1975年で取り上げていることは全く知らなかった。

第二次大戦中のチェコスロバキアの国家を賭けた暗殺計画を実行する若きパラシュート部隊の二人。
息詰まるサスペンスの前半と壮絶な銃撃戦の後半が、抑えた色調の映像で1942年当時のプラハの様相をドキュメンタリーのように見せる。
ナチスドイツはこの暗殺の報復に5000人の市民を虐殺!

この第二次大戦の悲劇を今再び映像化した若き監督の想いは如何ばかりか・・

国家と国民に究極の選択を迫る戦争という極限状態。
ナチスドイツは日本の同盟国であった事を忘れない。