ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 47ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

moku

mokuの感想・評価

3.1
んー。写真家でもあるショーン・エリスの映像感覚が 実話ベースの今作では少々ノイズに感じてしまったと言うか…。
「フローズン・タイム」はとても好きなのだけどね。
ryo

ryoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

これはホントに観てよかった…。

ナチスのナンバー3、ハイドリヒの暗殺作戦。占領下にあるチェコでの7人の兵士の計画実行とその後。チェコやポーランドは受難の国…とは知ってたけれど、史実の詳細は知らずで、余計に祈るような気持ちで鑑賞。

序盤から、あれ?英語だ、ドイツ語でもチェコ語でもない?と思ったんですが、もしかしてチェコ語は禁じられていたのでは、と思い当たってなんとも言えない気持ちに。

ヨゼフとヤンが絵になる俳優さんなのもあって、ホントに入り込んでしまった。息を潜めて観ていたし、終盤はずっと泣く寸前みたいなへんな呼吸になりました…。

こんなに胸が苦しくなる重たい「Good Luck」聞くことある?という感じだし、「自分用に1つ残しておけ」も泣きそうだった。
拷問シーンは直視できないので、目を伏せましたね…

ハイドリヒが即死でなく病院で亡くなったのは、知らなくて、せめてヨゼフが少し救われた気持ちになったのならいいな、と思いました。

あの教会で散った7名を思うと、いろいろ勉強したくなったな。

あと、どうでもいいことだけど、ヤンとヨゼフって名前多いんですね、て静寂なエンドロールみながらふと思ったり…。
kazbon

kazbonの感想・評価

3.5
実話ということですが、やはり戦争は狂気としか言いようがありませんね…
ペンタ

ペンタの感想・評価

3.8
すさまじい歴史。関係ないのかもしれないけれど、その上で生きている事を実感した。
泣いてしまいました。無理でした。現実のものとして、こんなことが繰り広げられていたんですね…言葉になりません。やはり後世に生きる我々が出来ることは、起こった事実を受け止めることですから。こういう映画は貴重ですよね。カッコいいアピールではなく、史実を淡々と描いていく。鑑賞後は、動けませんでした。真っ白というか。怖いなというのと、まだまだ詳しく調べようと思いました。傷はえぐられたとしても、今の世の中も、戦時中ではありませんが、テロや軍事攻撃はどこの国でも可能性は0ではないですからね。

役者の方々の素晴らしさがあったからだとは思います。ダンケルクでのキリアンマーフィーもすごぶるよかったですが、キリアンマーフィー個人で見るとこちらの方が上ですね。

不満なのが、邦題がダメ。原題のエンスラポイドが良かったな。。

多くの人にこの作品は見ていただきたいと思います。考えさせられました。
mma

mmaの感想・評価

-
絶対に悲しい結末だと分かっているからこそ、重くて苦しい2時間。キリアンさんの繊細だけど意思の強い眼差しが印象的でした。
新宿武蔵野館はもう少しスクリーンが上に位置していたら見やすいのだけど、ビルの構造上仕方ないね…
秋月

秋月の感想・評価

4.3
今年観た映画のなかで最も怖い映画
実話を元にしている為に現実的な恐怖が押し寄せる


ナチスに占領されたチェコが舞台
そこに君臨していたナチの高官ハイドリヒを暗殺しようとする話


映像は終始安定せず、暗殺を目論む主人公達の心境がそのまま画面に表現されているような印象を受ける



胸糞悪くなる拷問シーンがあるので苦手な人は観ない方が良いかも…
しかし、その拷問シーンがある為に我々観客は『死』の中に『生』を、『生』の中に『死』を感じる
そのシーンを観た私は、

「急げ!急げ!急がないと死んじゃうよ!!。。。良かったぁ間に合った…って全然良くねぇよ!!」

と1人ノリツッコミをしてしまう。
そんなことは決してあってはならない!


正直、第二次世界大戦のことについてあまり知らない。
いつかちゃんと本を読んで調べようと思っているのだが中々できない。
今年はこの映画『ハイドリヒを撃て』や『ハクソー・リッジ』『ダンケルク』等の戦争映画が豊富なのでこれを機に調べようと思います。



そういえば第一次世界大戦がなぜ起きたのかを解説している本『夢遊病者たち』が少し前に話題なっていたので購入しようと書店に行き手に取ったのだが、全2編で10600円!?

私は今にも溢れ出しそうなコップを置くかのようにそっとその本を棚に戻した
sunflower

sunflowerの感想・評価

4.0
これは、、、
泣かずにはいられなかったですね。。

息を呑む120分の先にある、あのラスト。。

静謐。静寂。圧倒。

エンドロールが終わる最後の最後の最後まで、誰一人として席を立つことなく微動だにしない、いえ、出来なかった、イメージフォーラムのあの空間。
皆が一様に何かを噛みしめているような。

崇高な、愛おしさすら覚える空間でした。


キリアン・マーフィが、とにかくいいです。
彼が演じた役の中で、一番魅力的な役なのではないでしょうか。
よしだ

よしだの感想・評価

4.0
キリアンさん目当てで観たんですけど毎秒毎秒素敵すぎました。好き!(唐突) そして作品としてもとても心に残る良作でした。

ナチス支配下のチェコ。ナチス幹部であるラインハルト・ハイドリヒの暗殺を命じられた、パラシュート隊員たちを描いた作品。

期待以上に良かった。心が痛むシーンもあったけど、それも実話だと思うと尚更。だからこそ忘れてはいけない歴史の1つだと思うし、知らない人はこの作品を通して知ってほしいと思った。上映館が少ないのが残念なところ…ぜひ観てほしい1本!
ゆげこ

ゆげこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ナチス関係の映画って、こういうのたくさんあって、実話に基づいているのも多くて、関わった人の数だけこういう話があるのだと思うと、見るたびつらい。

こんなに置かれている状況が厳しいと、怯えるのも自決も裏切りも、各人の行動や選択ひとつひとつがただただ暗いやるせなさで出口がない。

バイオリニストの拷問のシーンは特に見ててしんどかった。