ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 60ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

mie

mieの感想・評価

3.0
試写会にて。
昨日の試写会で観たワンダーウーマンとの共通点はドイツ軍。
昨日はスカっとしたけど、今日のは史実に基づいた作品ということもあり観終わったあと心にずっしり。
アサト

アサトの感想・評価

3.3
試写会にて。
ただの戦争映画でなく、かといって感動ポルノチックなガンガンの脚色もされていない、史実ベースの部分とオリジナルの部分が良い塩梅。
戦争映画でありがちな極度の緊張感は終盤につれてなので、序盤は割りと入りやすい。キリアン・マーフィーとジェイミー・ドーナンが気になるという理由だけで見ても問題ない。寧ろそういう人達向けの戦争映画導入にもよき。
後のトークショーで言われてたけど、独身(作戦開始時点)と家族持ちの差とか、ほとんどふ触れてないけど後々になって響いてくる要素が散りばめられてる。


個人的な感想として、まず印象的なキャラはレンカさんとオパルカ少尉。(あとで追記)
ごん

ごんの感想・評価

3.6
『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』試写にて。ナチス占領下のチェコを舞台にした実話の作品。スパイ活動を軸にした中盤までの展開にハラハラし終盤の銃撃戦に圧倒させられた。歴史を学び悲惨な戦争を繰り返してはならないと見終わって思う。
試写会で見ました。ホラー映画より怖いです悲しいです。邦題とポスターのイメージより重いです。
3io

3ioの感想・評価

3.5
Based on actual events in Czechoslovakia during World War 2.
Every time when I see movies that talks about wars, I really feel sad and think what's the point of wars?
Is it even for people? Peace?
Compared to wars now and past, the way and the reason why and how to kill people was much more brutal than now but it was simple.
It doesn't mean it was good things to do. However the wars that we have now are something more than peace. I smell something wrong with it.

Killing people doesn't solve anything but also doing nothing either.

I think this movie is one of movies we should watch to know how bad mistakes we'd made.
らら子

らら子の感想・評価

3.5
ナチス映画で、ドイツやポーランドが舞台になっているのはよくありますが、チェコが舞台というのを初めて観たかも。チェコでもこういうことがあったのねーと知りました。
ヒトラー暗殺未遂の「ヴァルキューレ作戦」のことは知っていましたが、この作品で描かれているのはナチス高官暗殺事件の「エンスラポイド作戦」のことでして、これまた初めて知りました。ナチス高官の暗殺事件としては唯一成功した作戦なんだそうで。
成功した後の報復が・・・酷かった><
戒厳令もひかれ犯人をあぶり出すことに躍起になるナチス。
これが史実通りなんですよね。観ているのが辛かったです。

戦争映画を観る度にやはり戦争はいけない!と思うし、戦争を経験された方々もご高齢者ばかりになり、風化させちゃいけませんよね。
あの素敵なプラハの街でもこういうことがあったともっともっと伝えていくべきと思います。
bless

blessの感想・評価

3.0
poor japanese title
remake of ”operation daybreak”
the previous work is a masterpiece
邦題はクソ。でも内容は悪くありません。特に目を引いたのは“死”の描き方。たとえばナチスから逃げる際に撃たれた女性などは、撃たれるシーンがないんですよね。走ってるところを映しだし、別の場面に一瞬切りかわった後、撃たれて倒れた姿をアップで見せる。いわば生気がない目を介して、死を伝えてる。

一方で、教会での銃撃戦はこれでもかと血を見せて、お世辞にもキレイとは言えない。おそらくこれは、戦争を美化しないという意識が表れているからだと思う。ガプチークとクビシュの視点からエンスラポイド作戦を描いてるので、“邪悪なハイドリヒを討ち取った英雄の物語”になってもおかしくないのに、そうはなっていない。ガプチークとクビシュの最後も、スローモーションや過剰な音楽が使われることなく、驚くほど呆気ない。こうしたコントラストは意識的なものだと感じた。

生還率がほぼ0%の作戦にガプチークとクビシュが選ばれたのは独身だからなんだけど、その2人が大切に思える人と出逢い、楽しい一時を過ごす様子は結末がわかっているだけにとても哀しい。そんな哀しい人生を生みだしてしまう戦争の残酷こそ、本作が伝えたかったことではないでしょうか。
Shoty

Shotyの感想・評価

3.7
「Cowards die many times before their deaths; The valiant never taste of death but once」

キリアン マーフィーはいいですね

クールで頭のいい印象なキリアン マーフィーが取り乱すと大変な事が起きてると勝手に思わされちゃう

しかしなんだこの邦題は。
indie

indieの感想・評価

4.0
WW2時のラインハルト・ハイドリヒ暗殺計画エンスラポイド作戦の経過を描いた硬派な作品。
70年代の戦争映画にあったようなユニークさは皆無で殺害計画と死と隣合わせの人々の希望と絶望を淡々と描写する。
計画後の絶望的な暴力連鎖と殺戮描写はプライベート・ライアン的な目を背けたくなる殲滅戦。
どの時代どの世界にも保身の為に人を陥れる事が出来てしまう弱者(なのか?)は居て、その為に有能な人々が死んでいくという悲劇。
歴史の1ページではあるが第二次世界大戦の悲惨さは良く解る。