ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 60ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

ナチスの映画、どれもこれも史実に基づく物語であることに改めて衝撃受ける。

7人のパラシュート部隊が金髪野獣野郎に天誅下す!て聞くとめちゃくちゃカッコ良いけど、救いようのない末路にはなんの爽快感もなく、トボトボと劇場出ました…

フィルムのことよくわからないんだけど、スーパー16ミリという撮影手法が当時の空気と合っているようでとても良かった!
ぼんやりセピアのかかった感じ、いわゆるインスタ映えだよ。
ホントは試写会で、誰よりも先に観たかったのですが、仕事の都合叶わなかったので、初日に鑑賞してきました。公開劇場数が少なく、都内では武蔵野館だけだったので、全ての回が満席状態😱やっぱりキリアン効果なのかしら?⇦ファンの欲目。そんなことはないか…。正当に映画が評価されてるのよね。


てか、初日に(8/12)に観たというのに、コレ、アップしたのいつだよ、ってカンジですが…




ハイドリヒとは、ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第三の男。




第二次世界大戦の最も凄惨な史実のひとつと言われるエンスラポイド作戦(ハイドリヒ暗殺事件)を基に、暗殺作戦の顛末を描く戦争サスペンス。



前半は実行部隊によるハイドリヒ暗殺作戦の立案、実行、そして後半はナチによる容赦ない報復、そして篭城と、2部構成のように描かれている。



『死刑執行人もまた死す』『暁の7人』として過去に二度、映画化されている作品をキリアン・マーフィとジェイミー・ドーナンで映画化。オールプラハロケ、構想15年、綿密なリサーチと監督の情熱によって新しく息吹を吹き込まれた本作。是非、過去の2作品と比べて観たいところだが…





てかキリアン・マーフィとジェイミー・ドーナンって…、今年、それぞれ2本目なのよね〜😝キリアン・マーフィは『フリー・ファイヤー』そしてジェイミー・ドーナンは『フィフティ・シェイズ・ダーカー』さすがノリにノッてるおふたり大活躍。





正義と大義と犠牲をかけて闘争した7人の歴史の不条理に翻弄された男たちの英雄譚?ではない、だって彼らのせいで犠牲者は甚大な数になったわけだから。歴史を動かす時には痛み(犠牲)はつきものなのかもしれないけど…、国民の多くがこの報復で命を落とした。



『愛国者なら国のために命を落とす覚悟が必要だ』という主人公の台詞がある。そして『わたしたちの行動は正しいの?』というセリフと、それひ答えられない闘志。




どっちに転んでも地獄とはこのことだろう。




自らの命を犠牲にしてナチスに立ち向かった若き男たち闘争と、葛藤、そしてラブロマンスをバランスよくエンターテイメントとして昇華させている。それがなきゃ、ドキュメンタリーでいいわけだから。






当時の街の雰囲気を再現するために生々しさと埃っぽさを出すためにスーパー16ミリフィルムで撮ったと監督談。確かにセピアがかった荒々しい映像は主人公たちの心情を表しているようで、デジタルではなく、あえてフィルムで撮ったのは正解だったとように思います。




クライマックスの銃撃戦の緊迫感と、やりきれなく美しいラスト。こんな表現、不適切だと思いますが、キリアン・マーフィファンなので、お許しください。そして得も言われぬカタルシスがある。エンドロールが流れるとすごい勢いで席を立つ人が多かったが、わたしはしばらく席をたつことができなかった。




原題は作戦名の『Anthropoid』原題、微妙…






歴史を知らなすぎるため、きちんと伝えられない部分があると、書いていて、自分でも歯痒く感じます。それが観終わってからなかなかアップできなかった理由でもあります。






https://ameblo.jp/bird210bird/entry-12302388764.html
史実に基づく作品。いつも思うけどこんなことが遠くない過去にあったというのが信じられない…
ごてふ

ごてふの感想・評価

4.0
新宿・武蔵野館にて。英・仏・チェコの合作に場内中高年の殿方中心にほぼ満席。大昔にラングの≪死刑執行人もまた死す≫と≪暁の7人≫はセットで名画座で観た記憶があり。本作は史実に極めて忠実な造り。当時のプラハの街並みを再現したプロダクションデザインが素晴らしい。激しい戦闘シーンにざらついた画質がベストマッチ。思った通り16ミリ・フィルムによる撮影だそうな。政治背景から結末まで解っていても、全身緊張してスクリーンを見上げた。銃器の不調や装弾シーンなど実にリアル。愛国心、家族愛、悲恋や裏切りなどドラマ部分の按配も良く役者も各々熱演。数あるナチス実録モノでも白眉の出来栄えだろう。
takato

takatoの感想・評価

4.1
お、重い…。こんなに重厚な作品は久々に見た。そして、こんなにナチス許せん!、滅すべしという気持ちにさせられる作品も久々である。

 まさに名作といった風格のある映像、キャラクター、ストーリーの格式高さがまず凄い。それでいてフィックスで長回しといった地味目な作風ではなく、物凄く俳優さんに寄って動きまくるカメラであり、かなり臨場感あふっれるエキサイティングな映画になっている。サスペンスな状況でドキドキさせるのは基本だが、本当に手に汗握るほどに緊張させられたのは久しぶりである。

 滅びゆく者たちの美学として、ある程度はヒロイックに描くのかな?と思っていたが、凄惨にして救いの無い現実として生々しく描いているスタイルは「サウルの息子」を思わせる迫力があって凄い。ある一場面は本当にショッキングなので、ある程度は覚悟して見るべし!。
Cooper

Cooperの感想・評価

3.8
暗殺計画が無鉄砲かつシンプルすぎて(それが歴史的事実という点では大変驚かされた)、実行にいたるまでのプロセスに見応えがないなぁ…と思っていたら、この映画の本筋は作戦終了後から始まりました。
ハイドリヒ…
どんな人物だったのかと、少し調べてみたのですが、最後まで読むのが嫌になってしまいました。

どんな人でも殺してはいけないとは思いますが、これは、もう当時のチェコの人々の苦しみは想像に余りあるものがあります。

本当に苦しく、地獄から少しでも困窮したチェコを故郷を救うためにこういった出来事があったのだと。

ハイドリヒ暗殺計画、送り込まれた二人の軍人、密かに潜伏するレジスタンス達…

ただ、暗殺の場面とその後だけ切り取ってしまうと、ただのアクション作品になってしまうのですが、そんな中でも愛を育み、生きようと考えるのが人…

人があればそこは愛や裏切り、打算やエゴが入り混じる。

色々交錯する世界にただそれを淡々と見つめるキリアンの蒼い瞳が切なかった。
クールでストイックなヨゼフと、やや臆病でロマンチストのヤン。

対照的な性格の工作員と、ふたりに協力するレジスタンス。

愛国心でナチスと勇敢に戦った彼等の陰で犠牲となった、罪なき人々。

何ともいたたまれない。

出演者の迫真の演技に引き込まれる。

クライマックスの緊迫感と凄まじさ。

追い詰められていく男達の覚悟と決死の応戦に、只々圧倒された。

ノンフィクションの重み、平和な今に生きる幸せを痛感する、秀作。
Kunihiro

Kunihiroの感想・評価

4.0
自らの命を捧げ、多くの犠牲を代償に。歴史が変わったことに少し報われた。
のあ

のあの感想・評価

4.5
第二次世界大戦のナチスドイツを率いるヒトラーを支えた人物の1人ハイドリヒ。
ナチスドイツの第3の実力者とも言われるハイドリヒの暗殺を目的とするエンスラポイド作戦(類人猿作戦)のためにチェコスロバキア亡命政府からヨゼフとヤンら他7人がパラシュートによりチェコに送られる……
不可能と思われたそのミッションは成功するが、ハイドリヒ暗殺により怒り狂ったナチスドイツの残虐さを描いた実話を元にした映画でした。

暗殺する時の緊張、戦争中の切ない恋
目を背けたくなる拷問、激しい銃撃戦、、、とてもリアルであまりにも衝撃的でした
何よりキリアンマーフィーの演技が凄かった
冷静かつ計画的だけど人情もあり人を愛するヨゼフという人柄を見事に演じてました

ラストシーンはとても印象に残る
これはほんとに是非劇場で見て頂きたいです……