ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 60ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

ナチスの要人ハイドリヒの暗殺作戦“エンスラポイド”に命をかけた男たちの物語。
登場人物皆が大切なものを守る為に闘う姿が哀しく美しかった。
キリアン・マーフィ、『パニック・フライト(原題:RED EYE)』で初めて知り、レイチェルを危険な目にあわせた悪人の印象が強かったけれど、この作品での彼は溢れ出る色気が本当に凄かったです。
ラスト30分は緊迫した場面の連続。無音になってからの10分では涙が自然とこぼれてきます。前売り買ってあるので、もう一度観に行く!
試写会では作家の海老名香葉子さんのお話も聞くことができて、感慨深かったです。
海老名香葉子さんの戦争体験とこの映画を観た感想とを聞いてから試写会を見ました。
ナチスno.3のハイドリヒをイギリスに逃げていたチェコのパラシュート部隊が暗殺するという実話に基ずいた映画です。
連合国に見捨てられたチェコを取り戻すために後先の見通しもなしにハイドリヒを暗殺するという無謀な計画が、パラシュートで森に落ちた2名を追う形で映画が進みます。占領され監視されたチェコで2人と彼らを援助する人たちの行動が息をつかせる間もなく展開します。
パンフには「ラスト30分間の緊迫感に圧倒される!」とありますが、私には最初から最後まで緊迫感の連続でした。
海老名さんはこの映画を見て、「最初から涙が止まらなかった」と話してました。すべてのシーンが戦争体験に繋がっているのだと思います。
私は、「朝鮮戦争」という本を読んでいる途中だったこともあり、この映画を見ながら、「なぜ戦争は無くならないのだろうか」と考えていました。悲惨な結果しか残らないのに決して戦争は無くならない。結局ナチスの暴走も、より大きな暴力の行使である戦争でしか止められなかった。歴史の必然なのだろうかと、むなしい気持ちになりました。
隣の半島では戦争が始まりかけ、8月15日は敗戦の日だし。じっくり戦争について考えてみようと思いました。
いち

いちの感想・評価

3.8
チェコの工作員たちが、
ヒトラーの腹心ハイドリヒを暗殺計画しようという内容で、
なんでしょう、暗殺が成功しても失敗しても救われないかんじは。
ずっと引き込まれるように見てしまいました。
見終わって、戦争は不幸だなというあたりまえの感想が浮かびました。
sally

sallyの感想・評価

4.2
トム・クルーズの「ワルキューレ」、先日公開の「ヒトラーへの285枚の葉書」、私たちの知らない太平洋戦争の裏側、そして事実が公開されていますが、本作品も、1942年に、チェコ・プラハで起こったナチス親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒ暗殺事件の模様を描いた作品で、戦争の知らない私たちには大変に衝撃的な内容でした。
勿論、事実な話ですので、怒りや目をふさぎたくなるシーンもあります。
日本も含めて本当に、太平洋戦争とは、意味が有ったのか・・・・
敵、味方関係がなく、亡くなった全員の死に意味が有ったのか、神が本当にいるのなら、どうしてドイツはあれだけの侵攻が出来たのか・・・・
本当の正義の為に命をかける人、仲間なのに人を裏切る人、国に惑わされている人、当時の色々な人たちの感情などがよく出ていて、大変に素晴らしい映画でした。
映画として言えば、前半は淡々と話が進むだけなのですが、後半は、大変に緊迫感があり、ついつい見ているこちらにも体に力が入りました。
そして、「ワルキューレ」、「ヒトラーへの285枚の葉書」、本作品である「ハイドリヒを撃て!」最後は、心の中で「ちくしょ」と叫んでしまいます。
本作品3回目の映画化になりますが、過去の「死刑執行人もまた死す」(1943)「暁の七人」(1975)を見たくなります。
Pilot

Pilotの感想・評価

4.0
8/8に試写会で鑑賞させて頂きました。
有名な史実だそうですが、私は知りませんでした。
暗殺の命令を受け敵地に乗り込み、強い愛国心を持って任務を遂行して行く様と人としてどう生きて行きたいのかを言う気持ちがセリフでは言っているのではなく映像で表現されていました。
その様な描写のせいか、自身がこの映画の中に深く入り込んで行っていると感じました。
戦争は、大きな戦場だけでなく、この映画の中で描かれている様な局地的な所でも悲惨な爪痕を残し、人を不幸にしかしないと言う事を改めて認識させられました。
試写会でみてきました。
ハイドリヒを暗殺する「エントラス作戦」などが、あったなど、はずかしながら、この映画を見るまで知りませんでした。
チェコを愛する工作員の活躍、行動に画面にくぎ付けになり、
密告者によりドイツ軍に包囲されるが、最後まで戦いぬいた工作員に、感動いたしました。
mkm

mkmの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

試写会で鑑賞。

作戦に失敗してからがこの映画の真髄、と感じさせるような展開だった。
昨日Filmarksの試写会にて鑑賞しました。この時期戦争ものの映画は多い。特にナチス、ユダヤ人迫害もの、チェコでもこういう事件があったのかと思いました。ハイドリヒの暗殺計画と報復虐殺は戦争の悲惨さやるせなさを感じます。改めて平和の大切さを痛感します。
密告者が常にいる世の中は、今の北朝鮮を思わずにはいられません、遠い昔の話ではないように思います。
終戦記念日が近付くと、第二次世界大戦に纏わる洋・邦画が公開されるが、本作は1942年にナチス親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒ暗殺事件の顛末を描いている。
ラインハルト・ハイドリヒはヒトラー、ヒムラーに次ぐナチスNo3と言われ、「ユダヤ人問題の最終的解決」の推進者であり、当時、副総督としてチェコを統治し、反体制派を次々と逮捕して処刑していったことから、「金髪の野獣」「プラハの屠殺者」と恐れられていた。
大英帝国政府とチェコスロバキア駐英亡命政府は、ナチスとハイドリヒの暴走や暴挙を阻止すべく、コードネーム“Anthropoid”(類人猿作戦)という暗殺計画を立てる。
この暗殺に関しては本作以前に、1987年に公開された「死刑執行人もまた死す」や、1976年公開の「暁の七人」で描かれているが、この映画では、暗殺に係わった二人の軍人ヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュを中心に、暗殺作戦が進行していく中での苦悩や葛藤を織り交ぜながら、祖国の為、平和を取り戻す為に一身を賭していく若者たちを描いていく。
国家や民族の為に尽くそうとする志を持つ人を「志士」と呼ぶが、ヨゼフやヤンをはじめとした七人や、危険を承知で彼らに協力したチェコの人々は、正に「志士」だと思う。
そして、天に代わって罰を加えることを「天誅」と言うが、このチェコの「志士」たちは「ナチスの野獣」に「天誅」を下したと言える。
ただ、「天誅」を下し続けた幕末の「志士」たちの末路が悲壮感溢れるものだったように、彼らも似たような結末を迎える。
だが、本作で描かれるラスト30分間にあるものは、観ている者の心を揺さぶらずにはいられない。
Yuki

Yukiの感想・評価

4.4
撮影手法も良く、当時の空気感が伝わってくる。
惨忍さが余すところなく描かれていて
二時間通して緊迫感が緩むことはない。
暗殺計画実行の後からが、クライマックス。
成功であれ、失敗であれ、ナチスの力には逆らえない。全員が巻き込まれ、そこには絶対的な死。ぎりぎりまで抵抗するレジスタンスたち。最後の30分はもう心をぐしゃぐしゃにされる。

こういう歴史的事実を、映画という手段で知ることができるのはとても意味があると思った。
戦争はいけない、当たり前のことが改めて心に刻まれるし、今の時代についても考えざるを得ない。