RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 4ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

納得行かない所はたまにあるし、オチも分かりやすいけど面白い。設定が奇抜なだけの出落ち映画かと思いきや、常にセンセーショナル。娯楽要素強い。
てふ

てふの感想・評価

4.5
緊急避難としての人肉食に追い詰められた者の葛藤は好きだけれども、食趣向としての人肉食には心の底から嫌悪感を抱いた。人間が本能的に持っている忌避の心かな。映像もスタイリッシュでいい感じ。

イメージフォーラムにて
たく

たくの感想・評価

2.8
特に酷くグロいわけでもない。
演出をわざわざショッキングなものにしようとしてるのが目に見えて鬱陶しい。

食欲と性欲が同値である考え方は藤子・F・不二雄にも繋がるかな?旦那の爪とか食べてる女性、前にバラエティに出てましたが、そんな感じ。
ヤン・シュヴァンクマイエルもインタビューで「性欲が満たされている時は制作意欲が湧かないのだ。」と言っていたのを思い出しました。欲求はそれぞれに交差しているのでしょうか。

テーマとしてはアナ雪とほぼ同じ。雪だるま作ろう、じゃなくて、人の肉食べよう、に替え歌する感じです。

ドニ・ラヴァンみたいな男の子がひたすらに災難。

町山さんの「この映画の元となった「ジュニア」では『お前の姉ちゃんなんであんなに美人なんだよ。お前のお姉ちゃん見てると、俺なんだかちんちん立っちゃうなー。』って周りの男子が言うんですよ。」という解説には、相変わらず名解説だなあ。と思いました。

全体的に
ちょいちょーい!事件ならんのかーい!とか、いや、パパの○○、見てないんかーい!とか突っ込みたいとこたくさんあったけど、全部目を瞑っても別に面白い映画ではなかったです。

思春期に好きな人をかじりたくなった人は共感できるかも!その他の人は見なくてよろし!
Nancy

Nancyの感想・評価

3.6
雰囲気のある画面と話が淡々と進んでいくのがフランス映画らしかった。

言葉での説明は多くないけど、登場人物の表情がとても丁寧に撮られていたので雰囲気だけでよく分からない映画にはなってなかった。
主人公がカニバリズムや性に目覚めていく過程の表情や演技がすごく良かった。

最後は予想よりもちゃんと人食についての答えを出してくれていて、個人的には良かった。
でも最後の一歩手前で止めてほしかった気持ちはある。急に説明的過ぎて。
獣医学校の悪ふざけは度を越しているし、姉は人殺しのサイコパスだし、ゲイの彼はかわいそうすぎる。
夢や妄想がそのまま現実になっているような映画。
最後は、遺伝や体質のせいみたいされて終わりでは、困ってしまう。
失神した人が出たったいうのもよくわかる。でも、表面上のグロさとかがこの作品の良さじゃなくて、1人の少女を通じて何かに目覚めていく過程が丹念に描かれている。
いわゆる、普通の人たちとの境目って曖昧なんだなー。そして、一度、踏み入れると戻れない。からだがそれを許さない
倫理観も映像も過激な方へタブーへ歩んでいく様子に応じてこちらも「もっと観たい」という欲望がめざめた。
Lisa

Lisaの感想・評価

3.8
倫理観どこいったシスターズの顔の造形美しすぎ。ずっと観てられた。
もっとアート寄りな作品かと思ってたけど、意外とリアル方面で驚き。カニバリズム描写もめちゃめちゃ少なくて驚き。

指食べるシーンのいかにも「覚醒!!!」演出はちょっとやりすぎな感じして笑っちゃったけど、その後の無心で食べ続ける妹からの、起き上がった姉の顔アップの流れは最高で震えた。。。
パピーの言葉で全てが腑に落ちるみたいなあれだけど、なんか「ほぅ…」って感じだった。パピーが寛大すぎるのかなんなのか知らないけど、とりあえず全員倫理観はない。『ELLE』観たあとみたいな感覚。イザベルユペールの方が変態。
「なんでやねん!!Σ(゚Д゚)」

俺、不謹慎かな~?
エンディングでツッコんじゃった。
間髪入れず、

R A W(←タイトルバック)

ドーーーーン

チャリラリラリラリ
ラリラリラリラリラリ~♪(←荘厳パイプオルガン)

って、おいっ!!!
おっちゃん、なに抜かしとんねん!!!

と。
刺激的な題材と終始不穏なトーンの本作。
が。
いつからか吉本新喜劇ズッコケもののシーンを数々ブチ込んでくる。
静かで熱い視線がスクリーンに注がれる新宿武蔵野館上映最終日。
俺、笑いを堪えるの必死だったものね(;^ω^)って場面が多々あった。

奇しくもLiLiCoさんが結婚したね。
本作『RAW』は、LiLiCoさんをも軽く凌駕する超肉食美少女が登場する映画だ。ベジタリアンに育てられた彼女。獣医学校入学を機に狂い始める日々。と、同時に抑圧されていた“それ”が芽吹き始めもする日々。肉食。肉欲。邦題『~少女のめざめ~』と言うにはあまりにもブッ飛んだ覚醒が自身の知る知らぬところで炸裂する。

『RAW~少女のめざめ~』
鑑賞後に知った、本作は監督が女性だったんだな。
うん。言われてみればの女性目線。
勿論それは本作。主人公が女性(少女?)ってこともある。主人公の姉が第二にしてエグくメインだったり、ゲイのルームメイトだったりの女性的な柔らかさに溢れてる。同時にいつも思う、女性が描く女性の生々しさと、ポイントポイントで綺麗にも汚らしくも描かれる、女性が嫌悪する恥ずべき一瞬やらが・・・題材に一切反したノン・ホラーなトーンに相乗効果してゆく。

美少女+欧州+血みどろブラッディで思い出したのが『ぼくのエリ 200歳の少女』だ。少女の姿をした吸血モンスター。チンチクリンの“ぼく”が吸い寄せられる、どこまでも雪雪雪な日々。『RAW』を観ながら、ボーっとそんな映画を思い出した。どこか作品を一貫するトーンが似てるんだな。

しかし、だ。
とかく男って奴は北欧美人が好きだ。アホな野澤などは“北欧”なるフレーズに、いまだに過敏に反応してしまうからね。ま、でも本作『RAW』は北欧ものではない(北欧“もの”と言うな!Σ(゚Д゚))。ないけれども、だ。土下座ものにビューティフルなシアーシャ・ローナンちゃんを彷彿とさせる主人公少女ジュスティーヌのあらぬ姿やら、あらぬ体毛やら、あらぬブラジリアン脱毛やらに、、、ポスターヴィジュアルさながら、イイ歳こいて鼻血ブー高木ブーだったことは、ここでは伏せておく。

『RAW~少女のめざめ~』
原題:Grave(墓?だよね?)なんだけど、のっけも終わりもタイトルバックは『RAW』だったのは何故だろう? もしやグレイビーソースのグレイビー?のこと?なのかな。だとしたら肉汁ってことで納得がいくんだが・・・本作では肉は焼かないから肉汁は出ないんだよな。滴る鮮血に人肉食、などと書くと「おえっ(+_+)」となり兼ねないけれど本作。血まみれ美女の血まみれ唇と、顔面の半分近くが渇いた真っ赤に染まる画を、これほど美しいと思ったことも記憶にないくらいだった。

戦慄にして極限の描写。そこにホンの時たま挿し込まれる笑っちゃいけないけど堪えられない爆笑シーン。一体どんなにグロいお話なのかと心して臨んだ野澤には「あれっ?」と肩透かしだったのと同時に、まったく別の喜びをいただきました。念のため空腹に近い状態で観たんだけど、鑑賞中にお腹鳴っちゃって困りました。こんなことなら武蔵野ドック(キャンペーン値引き中)でも小腹に詰めとけば良かったなと後悔した野澤。

チケット販売女子が有り得ないくらい可愛くて、
「え!?ここ、どこ??」
よもや店を間違えたかと赤面してしまったことは内緒にしときます。

『RAW~少女のめざめ~』とは、
そんな美女三昧に真っ赤っかな物語です。(←違います)
知春

知春の感想・評価

4.5
禁止されていることをやりたくなる。
ちょっとラカンの思想を思い出す。
最後の父親の台詞が(個人的に)感動的。