RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 4ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

SAVE

SAVEの感想・評価

-
草食系女子が肉食系になる映画、っていうレビューを見かけてうますぎる例えに感心した。つまりはそういう意味の映画なんだと思う。

シナリオは少女の成長を描いた青春モノなのだが、メタファーとして描かれた「カニバリズム」がなかなかショッキングなので、見ようによっては完全にホラー映画。グロテスクな表現はさほど、フランス映画らしい胃がギリギリする緊張感があります。
血あり内臓あり、嘔吐に少し排泄物もあり、食事しながらの鑑賞は控えたほうが無難です。
たかし

たかしの感想・評価

4.5
歪んだ欲求が題材でありながら、全体を通してかなり全うな青春映画で少し意外だった。思春期から大人になる過程の自身への嫌悪感や鬱屈したものが中盤の人肉を食べるシーン以降徐々にスパークしていくが(ここでの音楽を含めた不気味なアゲ感は凄い)、ラストで急ブレーキをかけて終わるという全体構造がカッコいい。画面全体の撮影・照明も美しくもおぞましく最高!
ぴ

ぴの感想・評価

3.6
最初と最後のタイトルロゴと、話のつくりがすごく好き。
ただ観れないシーンが多くてきつかった。
映画館で観なくて正解だったかも
yukka15

yukka15の感想・評価

4.0
ベジタリアンの女の子がカニバリズムに走るっていうなかなか面白い発想。悩める思春期の少女は性への目覚めならぬ、肉への目覚めを覚える🍖結構笑えたりもする。
エイジ

エイジの感想・評価

2.5
観る気は無かったんだけど、何気に評価が良かったから…

でも、やっぱり俺はこの手の映画はあかんな😅


わざわざこの手の映画を作る意味が分からない。不快感しかないんだよね…。


この手のショッキングな映画って、好奇心そそるよね。もうそれだけでアドバンテージあるやん。はっきり言って掟破り感を感じる。禁じ手…。わかりやすく言うとエロで釣ってるのと同じレベル。

俺的にはそう言うことなんです。

ただ、エロはめっちゃ好きやから(笑) だから、三流エロで釣ってるってレベルになっちゃうんだよ…😅

綺麗な映像撮れるなら、真っ当な映画で勝負してみろよ。いい映画撮っても、ロマンポルノの映画監督で終わりたくないやろ?って感じ。

めっちゃ偏見やな…😅

しかし、現実は食い入るように観てる(笑)

でも、そんな麻薬的な映画は、評価しない…。


あくまでも個人的見解です
グロがダメなわけではない


わざと事故らしてってのがね…あれさえなければ評価はかなり変わってたかもな。
フミ

フミの感想・評価

3.5
見たからこそ最後まで観るつもりでいたけど所々早送りしながらの鑑賞。涙
脳みそしゃぶりつくのはNGだよ
y

yの感想・評価

3.9
ただのオシャレ映画かと思いきやグイグイ引き込まれた

覚醒シーンの音楽がめっちゃカッコいい

地味だけど1番不快な恐さ・気持ち悪さ。


簡単じゃないんだな〜
さわ

さわの感想・評価

3.7
食人を描写しているけど、いわゆる残酷とかグロみたいなのを描きたいわけじゃなくて、美しさと危うさと葛藤をカニバリズムに落とし込んでいたんじゃないかなと思う。
いろいろ伏線が効いてるなあと思った。
みーこ

みーこの感想・評価

3.9
これまたぶっ飛んだ映画だなーと困惑していたのが、ラストシーンのあの人の言動にモヤっとしていたものがすべて吹き飛びました!!


すべては宿命だったのね…(´Д` )
「娘2人ともなると大変だ」的な発言が蘇りましたよー笑



姉アレックスと同じ獣医学校で寮生活を送ることになったベジタリアンのジュスティーヌ。

新入生歓迎の儀式の一つとして口にした一欠片の生肉。

それがジュスティーヌの中に眠っていたあるものを目覚めさせてしまう…



まぁとにかくジュスティーヌちゃんの変貌ぶりが素晴らしくて!


ザ・優等生でお洒落にも男の子にも興味がなかったジュスティーヌの目付きが純粋なものから、激しく肉(肉体)に喰らいつく獣のように変わっていく様は下手なホラーより恐ろしく鳥肌ものでした(//∇//)


肉へのあくなき欲求を見事に表してたと思うんです♪


カニバ描写や数々の痛いシーン、
髪の毛を吐き出すのは定番だけど気持ち悪いし、姉妹で立ち小便とか共感しにくい描写の連続が強烈なインパクトを刻んでくる生々しい作品でした。


まぁとにかく、ゴールデンとアメリカンシェパード(かな?)達がいただかれなくて良かったわε-(´∀`; )