noroyu

RAW〜少女のめざめ〜のnoroyuのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
3.9
ヴィヴィッドなイメージで、観るものの想像力(創造力)を刺激してくるという意味ではかなり評価できる。実際に色使いだったり、ときおり折り込まれるハッとするような引きの画だったりというのは、素晴らしい。

ただ、お話の方がうーん、と。どうしてもいまの話しの「プラスαの何か」を期待してしまっていた自分がいて。求めすぎなんだろうけどな。
たぶん、「少女から大人に変わる」みたいな、理解可能なテーマ性を読み取れてしまうからだと思うんだけど。もっと、振り切って「なんかよくわかんないけど、とにかくすごい」みたいなものを期待してた自分がいた。

ちなみに、人の肉を食べちゃう女の話でいえば、同じフランス映画の「インマイスキン」がある(あっちは自分の皮膚を食うんだっけか?)。気になる人はこれもおすすめ。同じようにオゲェーってなります。
とりあえず、フランス人は人肉食というもんに執着あるっぽい。

※1日経って、ジワジワやっぱり好きかもと思ってる自分がいる...。