菩薩

RAW〜少女のめざめ〜の菩薩のレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
3.4
PL学園獣医学部のちょっと刺激的な学習風景、純情草食生娘が如何にして変態肉食ビッチに変貌を遂げるか、みたいな作品。「カニバニ」と言うよりは「変態性癖」と言った方が適切ではないか?なんせ肝心の「食す」部分があまりに少ない、その分おっぱいいっぱいだったのは嬉しい誤算なのだが。噛みちぎりたい・られたいとか、眼球舐めたい・られたいとか、(オマケして)おもらししたいとか、バタイユとか好きそうなある一定層にはウケそうだけど、それ以外にはただ唾棄されて終わりそうだし、冷静に考えてグロ描写もストーリーにしても踏み込みが足りずかなり手ぬるい。カニバニズムにはある種の恍惚感が必要だと思うし、芸術性が無いと簡単に裏目に出ると思うが、これはかなり悪い例、単純にこれじゃあヌケない。取ってつけた様なオチも相当酷いし、食欲→性欲の結びつけも使い古されたテーマだろうし、せっかく動物と人間の屍体出して来といてあの使い方はもったいない。まぁただ彼女はおそらく精神喪失状態につき不起訴処分で終わると思う、だってこれはフランス映画だから。テーマの割にR-15の時点で底は見えてるんではなかろうか。