ところてん

RAW〜少女のめざめ〜のところてんのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
-
赤い血を纏い、自己認識を経て成長をする姿はそのままに青春にみえた。

人間も動物と同じで、その行為はなんらおかしくなく、いわゆる常識的な愛情表現。それを踏まえた上で、世に蔓延る圧倒的な矛盾に対する姿勢を投げかけられる。通過儀礼の時間。

改めて好き、思考実験の様な。髪上げて、ゾーン入ってからのジュスティーヌ最高。

それにしても結構吐きそうになった。お腹いっぱいだったの問題だった、終わると思えぬ嘔吐感。