マティーニをエクストラドライで

RAW〜少女のめざめ〜のマティーニをエクストラドライでのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
4.0
いろんな意味でショッキングな映画。

カニバリズムを題材としていて、グロ描写も覚悟して鑑賞したが、それ以上に思春期のさまざまな痛みを含んでいた。

彼女達を見ていて、すごく羨ましいなと感じた。
大人になって、失ったであろうものが、たくさん描かれていたから。

青春時代の葛藤が、カニバリを通じて美しく表現されていた。

しかし、普段ホラーやスプラッター系は見慣れているつもりだったけど、寝不足で鑑賞したら、途中で若干気分が悪くなってしまった(笑)