しん

RAW〜少女のめざめ〜のしんのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
4.0
2018.07.12
完全に異常。絶対に異常なのだ、不快なのだ。なのに目が離せない。引き込まれる。圧倒的な美意識とフランス映画特有の生々しさ。カニバリズムというテーマだが少女の目覚めの理由はラストの父の所作で明かされる。その衝撃は、鮮やか幕切れは、まるで上質なミステリではないか。