MikuOshika

RAW〜少女のめざめ〜のMikuOshikaのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
3.6
「 生 」
動物と人間の違いは
理性があるかないかだけで
カニバリズムのように
生理的欲望がとめられなくなるとこうなるんですね…カニバリズムすっごい…。
最後まで血生臭かった。
我慢すること、本能で戦って行くこと、それとどう向き合うのか、親の愛情やお姉ちゃんの愛情をたくさん受けていたんだなという印象。
劇中音楽が良かったなぁ。