スイッチ

RAW〜少女のめざめ〜のスイッチのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
4.1
主人公が食肉というアイデンティティを見出すとともに大人の階段を上るというテーマが未だ嘗て観たことのない異質なものでした。新鮮味があって面白かったです。
自分みたいにグロ表現にある程度耐性がある人でもオエッ……ってなります。そのグロ表現も癒しポイント。