sHioRi

RAW〜少女のめざめ〜のsHioRiのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
3.5
レポというよりは感想文。

とにかく繊細で、物理的な痛みとは別に、私も含め女性だからこそわかる苦しさとかもある。

「感情と血はちゃんと繋がってるんだな」
というのが私なりの一番の解釈。

常識なんて、個人の主観を濫用した単なる多数決。正解か一般論かなんて所詮は虚像でしかないのだと思わされた。

生きるというか後世に残るというか、そういう部分に理由はないのかなとも思うし、それこそ長い年月で見たら「ヒト」っていう生命体が存在してるのってほんの短期間で。
生き物って永遠に進化し続けるものだけれど、生物は少しずつ時代に合わせて変わるわけだし、輪廻思想というか、時代は回ってるって考えたらこの先の未来が怖くなった。