Ania

RAW〜少女のめざめ〜のAniaのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
5.0
真の芸術映画。ペンキで全身真っ青な主人公が「体が緑色になるまで出てくるなよ」と全身真っ黄色の男と小部屋に押し込められるシーンの色彩感覚には目を見張った。ルームメイトの死体と同衾するシーンも衝撃的で、全編を通して感情をとても揺さぶられた。お前ならきっと解決できるよ(投げやり)(無根拠)