SHOKOTA

RAW〜少女のめざめ〜のSHOKOTAのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
4.0
時差投稿。観たの約2年前だけど、好きな映画だから思い出したので書く。

ただのカニバ映画かな〜と思いきや、想像以上に深い!
少女の不安と葛藤、抑えきれない欲望、いろんなものが混じり合っていて、精神的にキツすぎる。笑
そしてあの結末。
少女は絶望したのか、それとも何か希望を見出せたのかわからないけど、第三者から見ると驚きだった。

この子が悩む問題とは違うけど10代の女の子はこんなに繊細で悩んでるんだというメッセージも感じた。
少々ショッキングな場面もあったけど、映像綺麗だったのでアート映画に認定。