みかわ

RAW〜少女のめざめ〜のみかわのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
4.2
人間という動物の映画。
とても不安にさせられたし嫌悪感もあった。だがとても好きな作品。

登場人物がみな強調して動物的な人間として描かれてると思った。
主人公姉妹だけでなく、集団の一員になることに儀式を強いる寮の上級生や、酒と性に溺れて踊り明かす学生など。

印象的だったシーンは姉の指を食べるシーンと、姉に人肉をぶら下げられて動物になったシーン。
本能剥き出しで人肉に夢中になる主人公の姿が前者では恍惚な表情を浮かべた美しい姿、後者ではまさに動物と化した汚らわしい姿として描かれている。
どちらも正しく人間の姿であり、その本能に従った時に初めて見せる人間の多面性にとても惹かれた。

私が観ながら抱いた1番大きな感情は嫌悪感だったけど、それでも最後まで見させられてしまった。