ソッラ

RAW〜少女のめざめ〜のソッラのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
4.0
某バンドがライブ演出のコンセプトにしていたことがきっかけで出会った一本の映画。
奇妙な雰囲気を醸し出す劇中曲が演出一つ一つに拍車をかけていて、思わず終始魅入ってしまった。
ベジタリアンとして育てられたはずの主人公が食人に目覚めたことで少しずつ理性を失い思いがけない行動に出る姿は過激でありながらも自分の本心に嘘をつかず伸び伸びと生きているようにも思える。
時折垣間見える家族愛や姉妹愛を表す描写も含め、明らかに普通じゃない狂気の中に確かに存在する儚さや美しさというものがひしひしと感じられる作品。