RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

まぢで

これ楽しみすぎるー

見て来ました!

✖︎✖︎の✖︎✖︎を✖︎✖︎したシーンは
ゲロ吐きそうになりました!

人喰いといいつつ愛の話らしいです。

あの初体験の獣のようなセックスといい

ヤプーズの肉屋のようにを聴きたくなりました!

オープニングとかあれはゲスの極み乙女でござる
miu

miuの感想・評価

3.3
病院の廊下で不気味な笑みを浮かべて歯を見せてくるお爺さんとか、君の本質はその笑顔じゃないだろうと言われているみたいだった。眠っている自分はもっと獰猛で野蛮で欲に塗れているのだと。音楽を聴きながら鏡に向かって口紅を塗るシーンと、クラブ?でキスし合う男女の間から主人公に迫っていくシーンとその時の表情、最高だった、、親が執拗にベジタリアンに拘るのも過保護っぽいところも愛を感じるね、、カニバリズム、血は争えないのかしら。自分と共存するのが一番大変だし疲れるよね、でもそれが人生かあ〜
顔夕

顔夕の感想・評価

3.7
謎の洗礼とか不気味で良かった。あの大学には絶対行きたくないなw
人の指は硬そうやし絶対まずいw
最後までしっかり見てほしい作品。
個人的にめちゃくちゃ面白かった。

カニバリズムの映画だがそこまでグロくなくフランス映画のため美しい。またストーリー転換が早くダラけないのも良かった。

普段とは違う異質な空間、経験での「目覚め」(成長)を大袈裟に表した映画のようにも感じたが、最後まで観ると違うことがわかる。

これは物語の1話に過ぎないのかも...。
見てて疲れた
いかれた大学のいかれた姉妹
主人公の序盤〜終盤にかけての
表情の変化たるや
YOSUKE

YOSUKEの感想・評価

5.0
ここまで衝撃を受けるとは。
知らずの内に過小評価をしていたらしい
のだろうか。

残酷でありながら、音楽とストーリーには芸術的な領域を感じた。

「目覚める」ことには、抗えないのだろうか。
非常にナイスなタイミングで終わることに焦らされ、彼女の生涯を見届けたいと思った。

この感覚は、今まで味わったことがあっただろうか。
これはなかなか体力消耗させられる作品。

ベジタリアンだった女の子が肉食系を通り越し食人へ。

もう毛を抜くシーンだったり何度も目を背けたくなるようなシーンもありながら所々笑えたりする。

通過儀礼として大人への道を進むための物語。
脱皮をして痛みを味わい大人へなる。
最後は衝撃的ながら素晴らしい終わり方でした。
あにい

あにいの感想・評価

3.3
チュパチュパ
CHERRY

CHERRYの感想・評価

3.9
疲れた〜〜〜
>|