RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

4.8
「決してホラーではありません!」

これはある少女の純粋無垢なグロテスクで歪んだ「性」に目覚めるラブストーリー。切ない感情を圧倒的な映像美と色彩感覚でグイグイと攻め込んでくる大傑作!ここまでとは正直想像していなかった。最後のオチ迄全くもって飽きさせないお見事な世界観!

そして着地点で、本作が如何に緻密に練られた脚本であり作品かを痛感出来ます。。。上映館が少ないですが、観ておいて損のない逸品だと思います。好き嫌いは別れると思いますが。。。
見方が複数ある作品は自分には難しいのだな、と感じた
sai

saiの感想・評価

3.9
カニバリズムがどうとかよりも、こんな獣医学部は嫌だシリーズがあれば、ぶっちぎりで優勝できそうな映画。毎回ベッド捨てられるのしんどすぎるだろ…(笑)

肉食うシーンより、主人公と姉の微妙な関係性がツボだったなあ。姉が野暮ったい妹を雑に扱う反面、ちゃんと世話やいたりするところとか姉のいる身としてはあるよね~って感じで。さすがにあんな喧嘩の仕方はしないけど(笑)

見終わった後だと、冒頭の事故のシーンがなんともね。あとラストのガラス越しのあれ、エモい。
とても面白かった!生々しい青春映画。トイレで〇〇〇を吐くシーンがゴアよりもゴアなゴアでヤバかった。思春期っていう獰猛の開花なんだなあ。姉妹がとてもよい。ぺったりくっついていながら殴り合うようなリアルなバランス感覚で、監督自身の姉との関係が反映されてるのだろうな。同室のゲイがお花のように儚くて哀れでした。あとトーチャン…。(2018/7/20
missu

missuの感想・評価

2.0
グロ

見なくても良かったかな。。。
エログロ
衝撃😵
グロテスク of グロテスク
生ものが嫌いなわたしは、見てるの辛かった

ずっと気になってようやく見れたけど、、
ちょっと期待しすぎたかな…
kiko

kikoの感想・評価

3.6
目覚めたカニバリズム❢❢鶏手羽を食べるがごとく指をむしゃぼる様は新しい。オチはふーんなんだけど、姉妹役の2人の雰囲気がいい。
ブラジリアンワックスのその後が大丈夫だったのかが心配で‥(笑)
maichan

maichanの感想・評価

-
少女が女になっていく過程をカニバリズムに置き換えて表現している映画です。
肉欲が文字通り肉が食いたい欲となって現れます。肉食系女子です。

さほどグロくはなかったけど、血が多めで、生理的に嫌な気持ちになるようなシーンを意図的に入れてる感じです。学生たちの汚らしい白衣とか。猿と性行為をしたらレイプになるのかなんて会話とか。

ヒロイン、ジュスティーヌのお姉さんがなぜあんなにも妹をけしかけるのか。名前からして「美徳の不幸」「悪徳の栄え」のジュスティーヌとジュリエットの姉妹なんだろうけど。
この2人の愛憎がひしひしと胸に迫る映画でした。

悪魔のいけにえやグリーンインフェルノはちゃんと焼いて美味しそうでしたが、こちらは直接生でカブリといくので、カニバリズムというより、ゾンビ、バンパイアものっぽさがあります。
>|