RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

akikooo

akikoooの感想・評価

3.7
痛いし、臭いし、不味いし。
五感がフル稼働。
赤の世界、もう行きたくない。
死因:食べられて。
痛い描写うますぎ
エンドロール入る感じマーターズかよ()

pupa思い出したわ…

いちいち描写が理解できんかった意味あるんやろけど。
でも美しかった。

一般受けやないけど理解できへんけど好き

まあ大体察してたけど、終わり方好きーーーーーー
tofu

tofuの感想・評価

3.4
カニバリズム(人食い)映画の新しい型で意欲作だと感じた。

とにかく登場人物、建物、風景が非常に美しい。カメラワークも特徴的で、引き絵が多い。BGMを流さず、効果音で魅せる手法もセンスがあるなと。

物語としてはアップテンポではなく、非常にスローだが、その分、登場人物の掘り下げが丁寧なので感情移入がしやすいのも良かった。

主人公が「覚醒」してからは、見所満載。
痛々しい描写も、ご丁寧にネットリと長く見せてくれるので心地が悪い(褒め言葉)。

韓国映画の「肉」、最近の「ネオンデーモン」あたりが好きな方へは間違いなくお勧めしたい。

※お父さん役って「変態村」の彼かな?
蟻

蟻の感想・評価

4.0
101

これがR15なワケがなくない?😭R18でしょ絶対😭映画館で観たくて観たくて地元で上映されるの待ち望んでたのに結局されなかったからアマプラで鑑賞したけど、途中何回もチビりそうになったから家で観て良かったかもしれん。ネオンデーモン然り鑑賞後放心状態に陥ったけど、ヴィジュアルが良すぎる女達のカニバリズムが最高じゃないはずがない。ネオンデーモンのレビューにも書いたけど完全にキャスティングの勝利。天晴れっすわ。お姉ちゃん役もかなり好きなタイプだけど、もうね、主演のギャランス・マリリアーちゃんのお顔がドドドドドド…(エンドレス)ツボ過ぎて画像漁りまくった。どんどんこうゆう狂った映画出て欲しい。多重人格の役とか絶対似合う。
こうゆう言われ方するの本人は嫌かもしれんけど、ジュリア・デュクルノー監督、フランス版ニコラスレフン確定です。
ちなつ

ちなつの感想・評価

3.8
グロイッッッ
グロすぎる!!!!!!!
なんも食べれなくなる…!!!!


ストーリー内容は面白いけど
グロすぎて2倍速で観るわたし
sriwhrk

sriwhrkの感想・評価

3.3
記録🐰
面白いけど芸術が爆発的な。主人公がアンニュイ美少女でタイプ。話の全部が唐突すぎて笑う。指切断ほんま突然すぎる何で。ラストの実は〜も突然でわろた。この大学だけは通いたくないうざ。年上が無条件で偉い思想持ってるやつだけはしょうもない。お姉ちゃんいい子。泣いてたのも切な。
s

sの感想・評価

3.2
生々しい、、、
焼肉前に見る映画ではなかった
おかじ

おかじの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

劇場に見に行きたかったやつでようやく見れました。カニバリはホラー大好きな自分の中でも少し遠慮があるものですが、これは衝撃を受ける作品でしたね。はっきり言ってメタファーばっかりなのですが、まぁ少女が大人になる過程をカニバリズムで表現した感じかな?
目覚めたきっかけというか最初のもぐもぐがまさかの姉の指…しかも姉も同類…からの殺人ともぐもぐ。さらにラストの真実(パパのやつ)にとんでもない爆弾放り込まれた気分でしたわ。割とエグかったので普通の人には勧められません、ベジタリアンは信じません!
>|