RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 118ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

とんでもないものを見た。

美しく純朴な少女の中に眠っていた"本能"が目覚める様を、コントラストの激しくも鮮やかな映像美と音楽で魅せる。
展開を追うごとに、姉と母親との関係が明らかに...巧みだった。途中で、彼女の物語は姉の物語でもあり、母親の物語でもあったと気付く。集合写真の伏線もいい。ラストは2段階の衝撃。ずっと自分の中の高い位置で抑揚しているようなストーリーの運び方だった。

テーマである「RAW」は生肉の生を意味しているが、愛しているから食べたくなる、食べたくなるほど愛している、度合いは違えどそういう感覚は多くの人の根底にあるのでは?痛く心に刺さった。


前情報でかなりショッキングな映画だと頭に入れていたので空きっ腹にお茶で臨んだけど、それでもキツくなるシーンの数々。どう考えてもポップコーンと一緒に見る映画じゃない。ネオンデーモンを超えた衝撃作でした!
劇薬映画。後味最悪。かなりヤバイ。

「ベジタリアンがお肉のおいしさに気付いちゃった!キャハ☆」程度の平和な映画だと思っていたから、まず冒頭で衝撃を受けたし、アレを食べるシーンで唖然としたし、もうラストに至っては言葉すら出なかった。

そして、恐ろしいことにこの作品はただグロいだけの映画に留まっていない。常識だとか価値観だとかをブチ壊す圧倒的なパワーを持っている。
明日から肉を食べる時にどんな表情すれば良いんだろうか……分からないよ……
kameko

kamekoの感想・評価

4.0
観る前に相当びびってたが、痛たたと目を背けたくなるシーンもあったが、凄すぎて途中から可笑しくなって来て、大ラスでは笑いを噛み殺しました。
koya

koyaの感想・評価

4.5
作り手の野心というか獰猛さというか、見えない圧のようなものに張り倒される久々の経験でした。本当に面白かった。驚異の上映館数の少なさと公開時期の忙しさで一度しか見られなかったけど、本当は五回くらい見たかった。
akikooo

akikoooの感想・評価

3.7
痛いし、臭いし、不味いし。
五感がフル稼働。
赤の世界、もう行きたくない。
死因:食べられて。
カニバリズム映画がこんな面白いってどういうこと...?(困惑)

『アバウト・レイ』観るつもりが時間合わなくて、代わりにチョイスした一本。ローストビーフ丼たらふく食べた後にこんなグロいの大丈夫かいなと思ったんですが大丈夫でした。
だがしかし、ラストのオチだけは好きじゃないんだな~。一気にB級スリラー小説感が...。
Mia

Miaの感想・評価

2.0
オシャレさで許容できる範囲を大きく超える生理的拒否感。死んだ
yehimu

yehimuの感想・評価

3.6
充分楽しめたけど待ちに待った日本公開だったので勝手に膨らませ過ぎたイメージを上回らなかった。「ザ・ウーマン」とか「ガーゴイル」なんかを彷彿とさせる好きなタイプのセンチメンタルカニバリズム映画である事は間違いないです。
反撥的な映画かと思ったらそういう訳でもなかった…

姉ちゃんイケメンすぎ
着エロ映画としても楽しめる

キャリーとか悪魔のいけにえとかソドムの市とかオマージュ?的な所が何ヶ所かあった気がする…

とりあえず最後の親父のシーンのせいで話がめちゃくちゃ小さくなったと思う
U

Uの感想・評価

3.5
痛い、苦しいが想像できて見てらんないけど目が離せないという感じだった…
音楽が無理さを引き立たせてる