RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 156ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

ろみ

ろみの感想・評価

3.5
少女の葛藤、ロングショットの美しさ、濃厚な姉妹…愛?
ジュスティーヌがアレに目覚めるときしゃぶってるのがめっちゃ豚骨ぽくて笑ってしまった
全体的にブラックコメディ…?
TAKAたか

TAKAたかの感想・評価

3.5
アートホラー系。

カニバルという絶対タブーをベースにしたホラーではあるが、これは完全に少女が大人になっていく様を描いた青春映画である。かなりグロいシーンもあるが、最近のホラーにありがちな人体破壊などはない。あのオチから続編も有りかねないが、このまま終わってほしい。
上映中に数人退席される方がいたが、そのような状況を見たのは久しぶりかも。
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.2
ベジタリアンが一度肉の味を知ったら、どうなるかというお話。
かなり怖い作品です。

本作はカニバリズムを通じて、これまで親の監督下で制限を受けながら生活していた少女が、世間を知り自立していく姿を被せて描いていると思う。
2度見ると新しい発見があるかも。
新感覚青春ホラーかと思いきや、意外にもジャンル映画的なオールドスクールさがあって、そこが良かったところでもあるし物足りなくもあるところ。オチから逆算して振り返ると、急に味わい深くなるな……。
まさか日本公開されるとは思ってもいなかったのでとても楽しみにしていた。町山さんのレビュー読んでたから予備知識はいっぱいありましたがそれでも字で読むのと画を観るのは違うなぁ〜 父親は洗礼を知っててなぜ娘たちを同じ大学に行かせたのかは謎
エンドタイトル出た瞬間涙出てきて震えが止まらなくて、自分でも本当にびっくり。
主人公が目覚める様は面白かったけど狂い始めてからは減速してしまった感じするなぁ
mh82

mh82の感想・評価

3.9
待ってましたー!

見つけた時、日本ではやらないのかと思ったけどやっと。
好きなカニバリズム系映画。
内容が内容だけに、一人で来てる人多い。

フランス映画ってやっぱりなんかすごい。
垂れ流し。女の人の脇毛、陰毛出す出す 笑
でも気にならないほど、他がすごい。

主演の子演技がうまい!覚醒している時の三白眼。すごい。引き込まれる。

ラストでにやっと笑った 笑
唇さわさわして傷っぽいな、まさかとは思ったが。
フランスギャグ??

でも誰しもがならないとは言い切れないから怖い。遠いようで近い。

全く関係ないけど姉、アレックスがモデルの黒川エイミに似ていて好みだった。

OST買っちゃいました。
「映画祭で失神者続出!」て触れ込みを聞いてたので、自分がいつ失神しても助けてもらえるよう、真ん中の席に座ったんだけど、構えすぎてたせいか無事だった!
それより後ろの座席の人が何度も「おげげぇ〜っ!」言うのが一番気持ち悪かったな…

この映画、東京ではまだ六本木でしか上映されてなくて、行ったのは『ソーセージ・パーティー』以来だ。
どっちもサイコ映画!恐ろしき街、六本木…
序盤、この映画はどこへ向かっているのだ?と困惑しながらもメリハリの効いた確かな演出でグイグイ引き込まれていく。
中盤以降、あぁこれはヴァンパイア(カニバリズムなんだけど)ムービーなんだなと自分なりに解釈。うっすらと物悲しさすら覚えてきたなか、姉妹が腕を噛み合うシーンではジャンルムービー的な高鳴りすら覚えました。
そして、ラストのラスト!なんというサービス精神にとんだ素晴らしい切れ味の良いカットで終わる。
これは、各国で絶賛されたのも納得。シンプルに面白く、この手のジャンル(ホラーではないけども、強いて言うならホラー、いやゴシックロマンか…)では中々歴史に残る怪作ではないだろうか。
衝撃作。グロ描写はD・クロネも思い出すが 彼と違って“色気”や“茶目”が全く無い。何も原因が無い異常性ほど恐ろしいものはない。姿 形も変えず,感染するわけでも無く,思想でもなく,性癖でもない…。演出最高。ユーモアもしっかり。境界線の“真上”をいった傑作。尻すぼみ感は否めないが、久々に興奮した過激な衝撃ホラー。
掻いたら余計酷くなるのに掻いちゃうし
食べたら死んじゃうけど食べちゃう
辛いね…生きづらいね…