RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

やま

やまの感想・評価

3.9
カニバリズムに少し構えて見たけど、フランスの上品に酷な感じのグロ。とにかく主役が綺麗で見ていて飽きない。とりあえずご飯食べながら見てはいけないよね。
ジャンルは一応ホラー。
でも一周回ってコメディ的に見えてしまう部分もある。

一つ言えるのは、食事中、あるいはおいしい食事を期待している空腹時に見るべきではない。
問題のシーンはわりと早い時期にやってくる。
私の映画ランクトップ5に入る映画になりました。

音楽も合わさってすごい世界観でした。
訃報

訃報の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ファーストカットがバチクソ決まっててこれは好きな映画か~?と思いながら観始める。序盤はいかにも奇を衒ってる感じでどうだろう?とも思ったが、生のササミ?食いちぎったり教授に説教されながら自分の髪むしゃむしゃやってからの嘔吐シーン、姉妹で立ちション!とボルテージが上がっていき、そして伝説の(?)姉の指食すシーン…自分が求めていたのは人肉だった!と気づいた瞬間BGMのベースが「ボーン!」って完全に漫画の擬音のノリで響くの面白すぎる!

少女の十八禁シーンが多かったけど、たまたま自分が性欲皆無のタイミングだったせいか冷静な目で楽しめたのも良かった気がする。なんかこう、普通ならエロさ(下心)の対象となるものをエロとは別次元の何かとして描く解放性?みたいな感じが肝の映画って気もするので。ここまで女が女であるための(?)「生」さを見せられると性欲じゃなくて知的好奇心になってしまうというか。
Xavier

Xavierの感想・評価

1.1
この作品は一体何が言いたいんだろう…ジュスティーヌはベジタリアンとして育てられ、生まれてから肉類を食べた事がない。ジュスティーヌは姉のアレックスと同じ大学に通うことになり、親元を離れます。新入生はある期間は上級生の命令には絶対従わないといけなく、その中で無理矢理ウサギの生の腎臓を食べさせられます。その夜、体中に赤い湿疹が出来て痒みの為に一晩中掻き続ける羽目にその後ジュスティーヌに大きな変化が表れ……ザックリ言うとストーリーはこんな感じ。感想としては、冒頭にも書きましたが何が言いたいのかわからない。まずジュスティーヌに起こる変化の背景が 明かされないまま進みただただグロいシーンを時たま挟みだらだら話が続く(ラストで変化の原因が解ります)。ストーリー展開にも共感を得ないなど。まぁ好き嫌いがハッキリ分かれる作品かも。個人的には嵌まらなかったかな。
ベジタリアンの一家で育ったジュスティーヌは姉と同じ獣医学校に入学し、その学校のしきたりである洗礼を受け生肉を食べて自分の本性を目覚めさせてしまう。
描写が生々し過ぎて凄い、凄い気持ち悪い。
リアル過ぎて映画館で観てたら出てたかも、ソウよりも気持ち悪く感じた。
気持ち悪いが先行してしまうからスコアは平均で……
結論、あの獣医学校には絶対入学したくない。
あやね

あやねの感想・評価

3.8
グロテスクなはずなのに美しい作品
1日に2回も観てしまうくらい中毒性ある
フランス映画の映像の美しさと女性監督ならではの表現だなと
“めざめ”の瞬間の音楽がなんだか気持ち悪いけど好き
ひさしぶりに映画を観て興奮した
Toshiki

Toshikiの感想・評価

4.2
2019/05/18

自分が無理なタイプのホラーフルセットだった。
これに比べたら呪怨もリングもなんでもないわ…
かりん

かりんの感想・評価

2.9
セクシーなシーンをこんなにハラハラしながら観たことない。き、きみ!唇気をつけて!首筋が…!
妙に美しくて、ヨーロッパ の空気感がすごく伝わってくるからこそなんか本当にいそうで怖い…。
ラストはすごい愛だなあとおもってしまった。
ちょっと早起きした休日の綺麗な朝に観るのは違ったかなーとは思う。妙にリアルな映像がそそります。奇妙と不快とでここまで来れるんですね。