RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

カヤ

カヤの感想・評価

3.5
想像以上に色々ヤバかった。。覚醒していく感じがリアルでよかった。絶妙な不快感を味わった。
なち

なちの感想・評価

3.8
過去に一度見たことあるんだけど再見。やはりかなり衝撃的な話だった。なんとなくあり得そう、と思ってしまうから余計怖いんだよなぁ。

オチがかなりキツい。
血筋なのかしら。

カニバリズム系の映画って狂人っぽい人がメインになりがちだけど、彼女たちはぱっと見あまりに普通でそこがまたこの映画の良いところだなぁ。
ちなみに姉がまじでどタイプの顔。

このレビューはネタバレを含みます

だいぶ前に見たけど、今でも覚えている。

姉妹の人肉に目覚めるシーンが好きだったな。
目覚めちゃったかー…

ベジタリアンの主人公が大学の新入生歓迎会で無理やり肉を食べさせられてから肉の味を覚えるが、求める「肉」がどんどん過激なものになり…

といったお話。
これ、なんなんでしょうね?
思春期の少女の身体の変化がーとかそういったテーマでもないですし。
結局最後は「いや…どうすりゃいいのさ…」って感じです。
ストーリーとしては「ああ、なるほど、これはこういうことか」と納得できる部分もあるんですけどね。

あと主人公の身体の変化より気になったのがフランスの獣医学校(フランスで合ってますよね?)ってこんな過激なことするの?ってところでした。モラルが崩壊してません?
新入生が集合写真撮るときに動物の血をドバっと浴びせられて、なぜか皆その血まみれのまま食堂でご飯食べて授業受けて。
その後の授業もずっとその時着てた血が染みついた白衣着てるし。(汚いだろ…)
上級生が新入生の寮の部屋に乗り込んできてマットレスとか窓から外に放り投げたり、体育館みたいな場所で盛大にクラブやってたり。
これマジでこんなことあるんですか?みんなストレス溜まってんのかな?
そんなカルチャーショックの方が大きかったです。
ぱへ

ぱへの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

女の子がカニバルに目覚めちゃうってお話
グロいけど美しさもあった
寮制度の大学ってこんなにパリピなのか、、
クラブに行く服装じゃないと紙おむつ穿かされるの面白かった
ラストの終わり方良かった、やっぱり遺伝か〜
yuichi

yuichiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ベジタリアンが大学の儀式で肉を食べなきゃならなくなり、食べることにより「目覚める」。
面白い、これは!

何故ベジタリアンとして厳しく育てられたのか
ラストで驚愕、そうだったのか…

これは禁欲や衝動に対する風刺とでもいうのか
さすがフランス。。
ぴめ

ぴめの感想・評価

4.5
最後ドワーってなった、唇

緑になるまで出てくるなが結構好き
なかなかの胸糞映画でした。
ジャケット的にギャスパー・ノエ的なノリのやつかなぁと思っていたのですが、全然違いました。むしろ東京喰種的でした。

🥩ストーリー
両親の母校であり、姉が在学中の獣医学校に入学することになったジュスティーヌ。
入学早々、頭のイカれた先輩達にいびられる新入生達。
そして通過儀礼の一環としてウサギの腎臓を無理やり食べさせられたベジタリアンのジュスティーヌの中で何かが目覚める、、
🥩_______

てゆーかあの先輩達なんなの?
赤いの(血?ペンキ?)ぶっかけてきたり、青いのぶっかけてきたり、マットレスを外に投げたり、フランスの学校ってあんなにもアナーキーなのか、、

また、主人公が獣医学校の学生ということで動物に麻酔をかけたり解体したりするシーンがあったのですが、今更ながら、動物がどうこうなる映画は生理的に受けつけないらしい、ということにようやく気づきました。(映画のレーティングにそういうの欲しい)

他にも人として無理なシーンはけっこうあるんですけど、地味にいろんなところで小さい伏線を回収してたりして、マメなところもある映画なんですよねぇ、ラストシーンもとても良いですし。

本作のテーマに限らず性癖とか趣味とかでもそうですが、法に触れるけどどうしても抗うことができない事を好きになってしまったら、、と想像するとなんだか縮みあがります。
刺繍屋

刺繍屋の感想・評価

3.9
時間が無いもので、割りとご飯を食べながら映画を観る事が多いのですが…これは食事をしながら観る作品ではありませんでしたね(笑)

音楽をはじめ、映像や演出が凝っていますよね。
精神的にじわじわとくる感じがなんとも言えず、不快でありながら惹きつけられるものがある作品でした。
『サスペリア』や『ネオンデーモン』に通ずるものがありますね。

ラストを含め、ストーリーも悪くないのですが、それより何より主人公であるジュスティーヌ役のギャランス・マリリアーの演技が秀逸でしたね。
正直言ってイメージとしては決してプラスにならない役だと思いますし、それを受けただけでなく見事に演じ切っていたのには感服でした。
特別綺麗な方ではないですが、注目したい女優さんですね。
カニバリズムだと知らずに見てしまった
ただの異食症映画だと思ってみたから

前半と後半でコントラスト強め
伏線もあり
野生的に食べてしまうことへの葛藤とか
割と面白かったんだけど、結構詰め込まれすぎてて私にはすこし情報過多。
罪の味って美味しいってこと