RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

いろんな意味でショッキングな映画。

カニバリズムを題材としていて、グロ描写も覚悟して鑑賞したが、それ以上に思春期のさまざまな痛みを含んでいた。

彼女達を見ていて、すごく羨ましいなと感じた。
大人になって、失ったであろうものが、たくさん描かれていたから。

青春時代の葛藤が、カニバリを通じて美しく表現されていた。

しかし、普段ホラーやスプラッター系は見慣れているつもりだったけど、寝不足で鑑賞したら、途中で若干気分が悪くなってしまった(笑)
Yuumi

Yuumiの感想・評価

3.7
鑑賞後、貧血を起こしそうになった。自分に流れている血液が全て抜き取られたような衝撃と脳裏にこびりついているカニバル映像は一夜経った今でも忘れられない。ベジタリアンがある事をきっかけに肉を食べるようになり、その姿は人間の欲望そのもの。自分を抑制できない衝動に駆られて、狂い始める彼女の行動は1秒たりとも目が離せません。
これは彼女自身の話だけでなく、姉や家族の話にもなってくる。ラストの終わり方も潔くて好みです。グロいし痛いけど、スタイリッシュで独創的で映像美。グロいのがお好きな方は是非とも観ていただきたいです。
ユジク阿佐ヶ谷にて。予備知識なしに観たが、かなりショッキングで怖い映画だった。ベジタリアン一家に育った少女が獣医大学に入学して、そこで上級生から理不尽な洗礼を受ける。それをきっかけに、自分の中に隠された自分でも気づかなかった本性に目覚め、それに自分自身が呑み込まれていく(細かく書くとネタバレになるので)。終始何が起こるかハラハラドキドキ、そして最後に明かされる一家の秘密。正直あまり期待していなかっただけにその分衝撃が大きかった。こんなことが本当にあったら、ホントに怖い。ただ、グロくて血生臭い描写が多いので、好き嫌いはかなり分かれそう。
イタセクスアリスを描く物語に有り勝ちな、自らの運命に翻弄され苦悩する、受け入れられず葛藤する、みたいな他愛ない自意識の垂れ流しとは違った展開を、新鮮な気持ちで楽しく見させていただいたんですが。

しかし姉のぶれまくりの言動については情緒不安定と見ればよいのやら、それとも、物語の整合性に興味がない作り手の所為と理解すればよいのやら。

ともあれ。

姉から妹に立ち小便の作法が継承されるだとか、入れ歯を外して見せた時の相手の反応にけらけら笑う老人だとか、牛だったか馬だったかの肛門に腕突っ込んでいるタイミングに助言を求めて姉を訪ねる妹だとか。

仰向けに寝たベッドの上で膝を立てた体勢、M字開脚でブラジリアンワックス待機中の股間に鼻先を突っ込む飼い犬だとか。

それは必ずしも必要ではないのでは、と疑問に思わせる場面がたんまりとある点も好印象。

大変に楽しい映画でございました、と。
なんて気持ちの悪い映画だw 鑑賞中何度か顔をしかめてしまった。グロ描写苦手な人は注意です。
家族はなぜそうなる危険を知ってて姉妹を学校に入れたんだろう? 解決策などないと感じてしまうラストw
くろ

くろの感想・評価

3.8
ネオンデーモンに似てると聞いたので。
確か獣医って医師より難しいって話なのに
パリピしか居ない大学...
だんだんと血の味を知っていく主人公と
一番の理解者でかっこいいお姉ちゃんの話
男性にどこか清潔感あって、
姉の描写が女性監督って感じが出てた。
もっと血に狂っていく過程とか見たかったけど
姉妹の距離間がメインでちょっと残念。
ラストはあーそういう事かと思ってすぐ
いや、貴方ちょっと酷くない…?って思った。
犬死にだし...

でもこの監督の色づかいや雰囲気は嫌いじゃない。次作に期待。
笑っちゃうくらいの壮大な姉妹喧嘩、かつ究極の愛情表現を描いた映画。
目に入れても痛くない、食べちゃいたいくらい可愛い。過剰表現がリアルに愛情表現へと変化している。抑制された欲求はされるべくしてされた結果、目覚めるべくして目覚めた欲求。最後のほうにつれて不思議とハートフルな姉妹愛の映画に見えてくる描写がすごい。音楽の高揚感も最高!身近にベジタリアンの子が動物性のもの食べようとしたら躊躇して止めてしまいそう、、
ocha

ochaの感想・評価

3.7
グロモノ苦手なわたしには本当にしんどい映画だった。
血の出るシーンは何度も止めたけれど、ダメな映画、苦手な映画というふうには思わない。メッセージ性の強い映画なんだろうと思う。全部のシーンが強烈すぎて「解りたい」という気持ちより「怖い、しんどい」という気持ちが勝ってしまった。
すごい映画だけど、もう見たくない…
ラストシーンはもう絶望しかない。お父さんが、「お前なら道を見つけられる」と言ったけれど、本当にそう思うのか?
炒飯

炒飯の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

これ目覚めの根本的理由が惜しすぎるな。根源が家系だとそれで完結しちゃう。
あ

あの感想・評価

4.5
良かった。というか好みにバシッとはまった。展開が読めるからそんなに怖くなかったけど痛かった。音楽が効果的で見やすかった。人間だって動物じゃないかという視点が良いし普段生きててあまり感じられない感覚を味わえた。ルームメイトの筋肉美味しそうに見えた。最後のオチは笑えた。魚の刺身が美味しいのもやばいのかも。映像も好みでかっこよかった。ペンキぶっかけられて緑になるまで出てくるなのところとか最高。