RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

グロすぎて足パタパタしながら見てた、、、お姉ちゃんも妹も可愛かったからまだ見てられた、マジでキチガイだとおもった!忘れられない映画の一つになった
楓音

楓音の感想・評価

3.1
音楽が静かでなんか寂しい感じで映画のストーリーを作っている感じがする

グロさとか頭おかしい感じは好きだけどなんかこうもっと食べてる時に笑顔で笑いながらとかあった方が好きだったな、、

最後の終わり方が微妙、、ずっと前から見たかった映画だったけど少し期待しすぎたかも
かむ

かむの感想・評価

3.6
超気持ち悪りぃ、、

でも映像からは目が離せないぃ、、

ホラーってより、かゆくなる映画やった(笑)
誰だホラー映画なんて言ったやつ。最高じゃないかアドリアンとの関係性がかなり魅力的。姉妹の関係性、ラストの告白どれも好みの映画だった。でもサウンドは入れ込み方が雑すぎて笑った(好き)
みぽち

みぽちの感想・評価

4.1
ヒェ…こんなに手の力抜けた作品初めてかも😱🤤
色々な方のレビューみてとてもグロエグそうでずーっと迷ってたが、好奇心に負けついにレンタル(笑)…結果、観てよかった!!笑
私は面白いと思った!!映像はまあほんとにグロ全開だが、オチもちゃんとヒェエエエ感あって素晴らしい👏👏
久々のグロい映画。チラチラと目を覆ってしまった。
ストーリー的には面白かった。
わちを

わちをの感想・評価

4.0
好き嫌いかなり分かれそうだけど私は好き

最後とのお父さんの告白で息を飲んだ
これは劇場で見たかったな
rage30

rage30の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

少女から大人の女へと変わっていく事の恐怖や気持ち悪さを、ホラー映画として表現したのが画期的。
男性的には共感し難い部分もありますが、肉体面にトランスフォームが起こる女性からしたら、そういった戸惑いはあるのかもしれません。

主人公が姉の指を食べてしまうシーンは、確かに直視に耐えないものがありましたね。
よりによって、最も人間的な部位である指を食べるというのが…失神者が続出したというのも頷けます。

最初に見た時は、話に圧倒されてしまったんですが、繰り返し見ると、家族の愛が感じられる場面が多分にあって、意外と暖かい映画だったんだなと気付かされました。

結末がちょっと放りっぱなしで、主人公の食肉欲求との折り合いの付け方が描かれていないのは不満な部分ではあります。
でも、そういう野生的な欲望を理性で解決する事こそが、本当の意味で「大人になる」という事なのかもしれませんね。
よくも悪くも今風の映画ではないかと。20年後くらいに10年代っぽいとか言われてそう。

何より比喩?象徴?の使い方が下手すぎてかわいい。「初めての比喩」みたいな感じ。一生懸命であれば許されたあの頃(いつだよ?)を懐かしく思い出せる初々しさでした。いや皮肉とかじゃなくて。わりとマジにそう思いました。

物語の流れとか構造はアニメとかマンガとかと親和性が高かったような。
ギャグマンガをリアルな描写でやるとこんなふうになるんだろうなというシーンが散見されたような。
けどそういうのってやってみなくてもだいたい想像つくから今まで誰もやらなかったんじゃないかと思うのですが、本作含めて最近はたまにトライしてる映画を見ますね。

うまいなと思ったのは片田舎にキャンパスがある獣医学校という閉ざされた世界が、新入生への過激な歓迎セレモニーによって近代的(現代的?)世界観が表面的に失われる中、ある少女の退行という形で人肉食が現れるところでした。退行っぷりをうまく映像化してました。もっともこれはグリーナウェイの「ZOO」の劣化コピーだった気が。そしてあっちの退行っぷりのほうがはるかにスケールでかくておしゃれだったです。

まあでも退行して犬と肉を争いあうというのはすごいです。

西洋社会が築き上げてきた人間性?人間らしさ?みたいなフィクションに対する挑戦なんすかね。ていうかそこは別に挑戦しなくてもいいんじゃないかな。そのフィクションはとても大事って気がしますし。
なゆか

なゆかの感想・評価

3.0
ホラー、ドラマ映画

・獣医学校の動物の解剖シーンと、カニバシーンが生々しくグロいの無理な人は無理だなと思った。
・カニバに目覚め凄い葛藤するわけではなく、じわじわとおかしくなってるという印象だった。
・描写が怖い
・ラストが、だからかとなった。