RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 275ページ目

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

komblog

komblogの感想・評価

2.5
ちょい前にレンタで見て、町山さんの上映後解説が近所であったんで2度目の鑑賞📽

基本的にはあからさまにウブな女の子が成長して行く物語なんだけど、フランス・ベルギー合作映画ということでイマイチわかんないけど、いまどきあんなフラタニティ的なものってアメリカやイギリスでもやらないのに、フランスはあんのか?というある種の「為にする演出」感が多いという感じで、話には乗り切れなかった😞大学内のセキュリティ今時そんな感じでいいのかよ?とかツッコミどころ多いんでね…

特に、あり物にホラー映画っぽい演出加えたからなんだろうけど、はじめのコンセプトが普遍的なのに、最後すごくせまーい所に落ち着いてしまうオチがガッカリ感を高めてる気がする😩だったら、テキサスチェーンソーマサかーばりにもっと最初っから「フランスの田舎には、こういう基地の外の方がいるぜ❗️」みたいなノリが欲しかった🇫🇷

あと、伏線っぽいものがあったのにあんま意味がなくって、途中主人公が学内医と話すところで出てくる「太めの女の子」と直後に出てくるそれっぽいオラついてる先輩女子とトイレで出会う女子は結局なんだったのかなぁ〜、ってゆー🤔なんか、ワンアイディア型という意味で結果ホラーにしたんだと思うけど、そこまで煮詰まってない感じが否めなかった😥

しかし、推しポイントもないことはないっ❗️それはラッキーエロ🤞主人公のコ(飛び級進学だからロリ設定)のオパーイやおしり、うぶ毛の生えた脇がケッコー出てくるっ‼️あれじゃない❓フランス女子といえば毛の生えた脇じゃない❓(ど変態) まーこれだけでも十分⭐️5クラスではあるけど、その上主人公のおねーちゃんのオパーイとおしりが出てきて、しかもこっちはまあまあちゃんとした大人のエロスのある感じでかなりグッとくる(エロ)

そして、まーちょっとしたSMプレイ表現的なものもあるので、ラッキーエロ度は高いというか、もしかするとそこしか楽しむ要素はないかも知んない、ってゆーね…

話としては、ありがちだしまー普通❓ホラーとしては、怖さもグロさも期待するほどそんなない🤢ラッキーエロ度は高め🤞なので、エロス目的で見るなら、⭐️3くらい。そうでないと、そこまでは…

アメリカはとうの昔にレンタルが開始しているので、そっちで借りて家でじっくりエロすシーンを中心に楽しむのがオススメ‼️
「RAW」見てきた〜
いや〜痛い!(視覚的に)
こう見えてグロが苦手なので薄目で見てました。(ほんとに怖がりなので、ある意味最高に楽しんでるともいえる)
でもすげーわかる話、まじでグロいけど実際人間って動物だしグロいよと。好きすぎて食べちゃいたい(ホントに
って話。
メタファーっていうか結構直接的な表現の仕方だと思う。グロいけどw
セックスシーンがクローネンバーグっぽいなと思ってたら当たりっぽい
#これ見た後に肉食っている自分よ
JNkt

JNktの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

隣の人は途中退席してたけど、歯を食いしばってでも見るべきまさかの心温まる(?)ラストでした。
常軌を逸したストーリーなのに、感情だけがどこまでも等身大な青春という気持ち悪さ。ある意味、理想的なサスペンスかも。
気が弱い人間としては、もうちょっと短かかったらもっと良かったです…
これは青春ホラー?なんというかこんなの初めてで衝撃でした。
でもホラーでは無いよなぁ。なんなんだろう?

観客が私入れて3人で、サラリーマン風の男性は後半出て行って戻って来なかった。

映画祭では失神者続出とかそんな前評判だけ耳に入っていたので、かなり不安でしたが、とりあえず厳しい場面は目を逸らして乗り切りました。
殺人犯やサイコパス、エイリアンに襲われて血がドバーッと出るスプラッターの方が全然まともに見られると思います。
なので血とか苦手でしたら相当厳しいかと思います。
なんとなくキャリーを思い出しました。
ポップコーン買って入ってしまったのですが、殆ど食べられませんでしたよ(笑)

主人公は獣医の学校に入学するのですが、
新入生歓迎会がキツイ!
日本でも大学とか一気飲みとかやらされそうだけど、そんなもんじゃないもん。
獣医になる人がそんなんでいいの?
と突っ込んでおりました。

あと動物好きにもいろいろ辛かったです。
学校の寮もええーってなりました。

なんか悪いようにばっかり言ってるけど(笑)主人公の成長物語とか姉妹や家族の関係とかそういった方で見れば、かなりの良作だと思います。最後の衝撃度や、冒頭のシーンをもう一回見たいと思わせるところなんかも。

そして主人公を演じたガランス・マリリエールが素晴らしすぎる!もう途中からこれが演技なのか?と思わず考えてしまったほど。



厳格なベジタリアンの獣医一家に育った16歳のジュスティーヌは、両親と姉も通った獣医学校に進学する。見知らぬ土地での寮生活に不安な日々を送る中、ジュスティーヌは上級生からの新入生通過儀礼として、生肉を食べることを強要される。学校になじみたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にしたジュスティーヌ。その行為により本性があらわになった彼女は次第に変貌を遂げていく。


まさかこの作品が近くの映画館でやると思ってなかった。
いつもは上映の20分前に家を出れば間に合うのだが、雪が心配で1時間前に出たら
雪は全然平気で、開始まで結構待ってしまいました(笑)
atsuki

atsukiの感想・評価

4.0
反撥、食人、そして純愛の、穢れなきガールズ・ムーヴィー。少女のめざめ、つまり"性"という成長、またそれに対する通過儀礼をグランギニョルとして(しかもカニバリズムというタブーで!)捉えてしまえるなんて!これを不快と思えるのか?この「生々しさ」こそ、必然的な、人間の成長ではないか。さぁ喰らえ!彼女に祝福あれ!
今から観る。

('~`;)ウ~ン
久々にやられた
っーか完全に宣伝に釣られたw
ベジタリアンでウブな少女が
大学の手荒い新歓パーティーで
血、肉の味覚えてしまい
さあ大変!
しかも(>_<)え~!そんなの食べちゃダメ~!
みたいなシーンが
ここまで聞けば、期待度MAXでしょw

少女が一皮むける?
血を洗い流し、わだかまりを無くす?
あの男 カッコいいな(食べたいな)と思った時に
そんなメタファーが!演出が!とか
何、気取ってんねんw
肝心のインパクトが足りないよ
少女が肉に目覚める 説明、描写が決定的に足りない
あれ?いつの間に肉食べたくなったの?
もう人肉食べたいって!いきなり感が
それにオチも してやったり感が強い
ね!驚いたでしょ みたいなw
聞けば 今作が初監督らしい
映画好きが、これでもか!と撮ったは良いが
完全に外している。

しかし姉妹役の二人の熱演で救われている。

グロ描写が観たいのではなく
どんどん堕ちていく、食べたいと言う欲求に負けて狂気に満ちていく様が観たいのに
描き方が足りなかった
yukichi

yukichiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


本能って制御が聞かないのだとしたら人間は明らかに生きることにたいして酷である。

無理をして息をするような男の首筋にドロッとした清血がパンパンに通う血管を隠した皮膚は魅力的である。まあ「IN MY SKIN」のように生きる気力をなくした乾燥した皮膚に刃を入れてトロッとした血を流させて生き帰らせた皮膚も良いが。

ファックしてキャァキャァ騒いで本能な人間を異常者扱いして、ファックできないように


中指喰っちまうぞ。
ten47

ten47の感想・評価

4.5
本日公開初日の1発目に鑑賞
グロいサイコサスペンスを好む自分が、朝空腹のせいもあったけど、まさか中盤で吐き気催してめまいして退出しそうになるとは思わなかった
すごい監督の色が出ていて、映像・演出・音楽全て使い方が良かった
オチもああなるとは思わなかった…(後々考えたら、気づかなかつたの?って思うけど)
marika

marikaの感想・評価

-
フランス映画祭にて。パリピもマッチョな通過儀礼も無理だけど過剰な表現は単なるギャグとして。思い出すのはかつてベリーショートでスカートもタイツも大嫌い、所謂女らしさから遠い場所にいたのに胸がふくらみ生理が始まり、得体の知らない奇妙な感覚がすごく気持ち悪くて、ああ自分は女であり動物なんだと自覚して戸惑った思春期のこと。
空衣

空衣の感想・評価

3.0
Uni Kino

姉ちゃんの指を喰らうところから恐怖全開だけど
最初から始めっていた