RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

知春

知春の感想・評価

4.5
禁止されていることをやりたくなる。
ちょっとラカンの思想を思い出す。
最後の父親の台詞が(個人的に)感動的。
たまたま、とある映画館で上映している別の作品を検索してたところで見つけた作品

なんか怪しげなタイトルと内容につい惹かれて、公開終了間際に観に行けた

いやぁ〜、これはヤバい
お菓子ポリポリ食べながら観るような作品じゃないよなぁ😓
ちょうど食べてるときに、おおっ…っていうシーンがあって、口に物を入れているのを後悔しました😅

主人公だけでなく、結局姉さんも、かつて同じ大学に行ってた母さんもかいっ!という、そういう家系だったからベジタリアンですか…
ってか、親も同じ大学だったら、行かせなきゃよかったじゃんw

こんな映画だけど、カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を獲っているようなので、話題にはなってるんですね

観られるときは満腹時でない方がいいと思いますw
kina

kinaの感想・評価

3.2
映画の雰囲気とかすごく好きだけどあまりにもやばすぎて途中から見るのやめようか迷った、映画館じゃなかったら確実にやめる。失神した人いるらしいってまじ
とり

とりの感想・評価

3.7
滴った血を嘗めて、指を口に含んだあのシーン。パッと変わる音楽が、覚醒シーンを強調していて、すごく怖くて良かった。
最後のお父さんといい、男性陣は献身的すぎる…。
nhk0810

nhk0810の感想・評価

-
なんなんだ…この映画。
指食べるシーンはほとんど見れなかった。。
フランスの大学の新入生の洗礼が怖すぎる。
ホラーかと思いきや大学生活や姉妹の関係が丁寧に描かれてて、余計に食べるシーンに異常性が増して怖い…!!

でも音楽とかクラブシーンとか鏡の前でダンスするシーンとかが絶妙に良い、面白い。余計戸惑う。
ayano

ayanoの感想・評価

4.0
性への目覚めをカニバリズムで表現するのが今までにない感じでおもしろい
2018.02.09

このレビューはネタバレを含みます

青春コメディとして観た。

もちろん少女から大人への通過儀礼、という意味合いもあるのだろうけど、そういうありきたりなメタファーを崩すためにホラー風味を出してるのかなあ。

ラストカットはほとんど笑いを取りに来てるような気がする。でもあんなもんだよね、実際、お父さんの存在なんて…。悲しいけど、これ家族なのよね。
imapon

imaponの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

美意識!
連れ立ちション、噛みつきファイト、シャワールーム、そして硝子越しの姉妹。少女から大人への変遷が美しい。
ラストにお父さんの顔を見て、あれ?と思ったらやはりだった。
っ

っの感想・評価

4.1

一言で言うなら生々しい。
グロいとは思わないが
痛そうなシーンが多々ある。
演技が上手いからなのか、結構伝わる。
カニバリズムという異質なものを通して
普遍的な成長をメタファーしてる感じ。
誰でも経験したことあるようなことが
詰め込まれてる映画といえる。
姉妹愛が感動的。
殴るし罵倒するけどそれは喧嘩の時だけで
いつもはめちゃめちゃ仲がいい。
映画自体はシリアスに入るけど、
馬鹿みたいなシーンが多い。
大学生ってこんなに遊んでるの?
ってくらい馬鹿なことしてる。
あと意外とうるさい。
私は好き。す

このレビューはネタバレを含みます

主人公の名前、
なぜか思い出せないが、
素晴らしい演技と存在感

不感症的処女が、
獰猛な本能に目覚める瞬間に、感動

ゲイのルームメイトも、
お姉ちゃんも、
保健の先生も、
いじわるな先生も、
トラック運転手も、
入れ歯のおじいちゃんも、
なかなか気が利いてる

ルックもよいし、
とにかく姉妹で立ちションが素晴らしい
設定も脚本も演出も終わり方も、
なにより終わり方、お見事