RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

炒飯

炒飯の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

これ目覚めの根本的理由が惜しすぎるな。根源が家系だとそれで完結しちゃう。
あ

あの感想・評価

4.5
良かった。というか好みにバシッとはまった。展開が読めるからそんなに怖くなかったけど痛かった。音楽が効果的で見やすかった。人間だって動物じゃないかという視点が良いし普段生きててあまり感じられない感覚を味わえた。ルームメイトの筋肉美味しそうに見えた。最後のオチは笑えた。魚の刺身が美味しいのもやばいのかも。映像も好みでかっこよかった。ペンキぶっかけられて緑になるまで出てくるなのところとか最高。
こじ

こじの感想・評価

4.3
最初、青春物語なのかなと思わせて、段々怖い要素が現れていく、新しいタイプのホラーだと思いました。

えぐいシーンがサブタイトル通り、少女が大人の女性になっていく比喩だと思いますが、現実の物語なのか、ある種のファンタジーなのかわからなくなってくるギリギリのところが面白かったです。

またあのオチがあることで、わからなかった部分が「そういうことか」と納得出来るようになっているし、主人公がこのあとどうしていくのかというオチが自分は好きなので、良い終わり方だなと思いました。

あと「時計仕掛けのオレンジ」を彷彿とさせるシーンもあり、僕的に好きな映画でした!
Garu

Garuの感想・評価

4.0
「RAW」ってのとポスターも好き。

ビックリホラーではない。
“失神者続出”のイメージがだいぶ付いてしまっているが、そんなことはないと思う。

グロテスクなシーンはもちろんあるが、そこのシーンがメインでビックリしたり怖いと言った感じではない。
なんなら社会派ドラマかもしれない。

内なる何かが目覚めるというのが面白く描かれている。
良く考えると“思春期の葛藤”だ。そんな角度から描くなんてだ。

そう考えるとラストシークエンスには救われる安心感がある。

映像も音楽も良く、女性監督作品と言うのも面白い。
前情報はあったけど
見てみると割とタフな気持ちで見なければという映画でした。
ベジタリアンの家庭で育てる理由、車の事故、父と母。
chnhmn

chnhmnの感想・評価

3.6
阿佐ヶ谷ユジクにて。
極力前情報を入れないで観たけどこれって部類的にはホラーなの?
ベジタリアンの女の子(ベジタリアンに育てられた女の子)が自分の奥の危ない欲望に目覚めてしまうお話。覚醒という言葉がぴったりだね。

戦争物などで比較的グロい映像には慣れていると思ったけどカニバリズムは自分には苦手なタイプだと認識。表現されているシーンは少な目だけど。
ルームメイトを見つめるシーンが良かった!ベジタリアンに育てられてきた意味がわかるラスト
だーま

だーまの感想・評価

4.0

こんな学校は嫌だ。

どんなところでも洗礼はある。

ここでは獣の血を被られ、
兎の腎臓を喰わされる。

決して砂肝ではない。

そして『花より男子』みたいな
キラキラな学園モノでもない。

『ごくせん』のように都合よく
ヤンクミが駆けつけてもくれない。

金八先生みたく鼻水垂らしながら
泥臭い説教もない。

ここにいれば、何が得られる?

それは、美食家スキル(人肉)!

倍率はきっと低い。
さぁみんな、入学だ!

P.S.
最近よく言う「失神者続出」という
煽り文句が本当に嫌い。
エヌ氏

エヌ氏の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

日本公開前からずっっっっと気になってたやつ

・覚醒という言葉がぴったりの映画だった
・冒頭のシーンがちゃんと伏線になっててフィクションだけどどこかリアルな設定だなと思った
・恍惚とした表情で肉を貪るシーンなど食欲と性欲の狭間にいる主人公が扇情的で大変良い
・作中のORTIESの曲が中毒性あって好き(CD欲しいのにどこにも売ってなくて仕方なくiTunes Storeで買った↓)
https://itunes.apple.com/jp/album/plus-putes-que-toutes-les-putes/1092297081?i=1092297703
カニバリズムを題材にしてるためホラー感も強いですが、何か新しい体験をして欲望が目覚めていく感覚、家族から解放され人格形成が様々な外部要因によってとんでもないスピードで行われていく。音楽等も今っぽくて青春映画として見て欲しいなと思いました。オチはそうきたかと納得。
Atsushi

Atsushiの感想・評価

2.5
徹頭徹尾不快な映画。映画館じゃなかったら最後まで見なかったと思う。でもオチまで行ってようやく全体の意図が見えるので、最後まで見てよかったとは思う。