RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

スー

スーの感想・評価

3.0
もっとグロいのかと思ったら意外とグロくなかったし想像してたよりエロかった。
少女が大人になっていく過程と家族のお話。
途中から話が見えてきてしまい、ラストのラストは想像通りだった。

上級生が新入生を歓迎するという名目でああいうことするのは好きじゃない。
新感覚ホラーという点では楽しめました。
初めてフランス語映画で終始だれずに見入った

ただただ子供絶対ヴィーガンで育てたくないって思いながら観てたけど
1つ1つドアを開けるたびに
新たな真実がどんどん飛び出してきて
最後映画が終わった後
父母の背景とか物語のその後とか
色々考えてた

すごい好き
ベジタリアンの少女が生肉を食べたことで、自分の中に眠る”ある衝動”に目覚めるというストーリー。

パッと見でエロティック系なお話かと思いきや、実はかなりインパクトのあるショッキングホラーというのが大きなサプライズでした。
しかも、ゾッとする感じではなく、痛い系。スプラッターという程ではないものの、生傷は連発なので苦手な人には苦痛かもしれません。

あらすじ:
ベジタリアンの少女・ジュスティーヌは、姉・アレックスも通う獣医学校に進学し、寮生活を始める。

しかし上下関係の厳しい学校で、通過儀礼として動物の内臓の生食を強要されたことで、彼女の中の危険な衝動が目覚めてしまう。

自身の衝動に戸惑いながら、ジュスティーヌは姉やルームメイトを巻き込んで、様々な事件を起こしていく…。

感想:
意外な展開や生々しい描写でインパクトのあるホラー映画でした。
思わぬ衝動に目覚めた主人公の戸惑いを主題にしており、次々に起きる事件に主人公のみならず観ている自分も混乱させられました。
複雑や事情を抱えた主人公と姉の繊細な感情表現も良かったです。

一方、ストーリーについてはあまりピンと来ませんでした。
驚きや混乱といった感情をメインに描いているせいか、この手の物語でよくある倫理や葛藤にまでは話が及びません。もちろん、なくてはならないというわけでもないのですが、今作については少し単調で内容が薄く感じられました。

また全体の整合性、説得力も物足りなかったです。個々の状況の説明や整理が少なめで、感情表現中心にストーリーが進むこともあり、所々ついて行けない場面がありました。
最後のオチについても、インパクト以上に、だったら何故〇〇したの?という疑問が湧いてきて、消化不良に感じました。

まとめ:
インパクトのあるホラー映画で、要所要所の展開で驚きを味わえる作品です。
ただ、ストーリーは感情描写をメインに描かれるため、物語全体の説得力はイマイチに感じました。
ゾッとする系でなく、痛い系のホラーでもあるので、その手の表現が苦手な人には少し辛いかもしれません。

このレビューはネタバレを含みます

副題のとおり、少女の目覚めの話だった。

まず喰いっぷりのいい、主人公の子に拍手👏!獣のように餌を狙う目、表情も良かった!お疲れ様でした😣

カニバリズムということでまぁまぁグロいシーンはあったけど、この映画で見せたかったのは目覚めの瞬間、だったのかなと思います。私も目覚めと言うにはありきたりだけど、初めて性欲というものを自覚したとき、そして行動してしまったときは胸がはち切れる思いだった。私って頭おかしい。世界中でひとりぼっちの気分。当時はネットもなかったし尚更。今まで知らなかった抑えきれない感情を知ってしまったときのショック、自分さえも気づかなかった心の奥底の欲望を知ってしまったときって強烈だよね…と思ったり。そういう点で、この映画は共感性高そうだなと思ったり(そんなこと無いかw)


お父さんが、自分で対処法を見つけていけ、とラストで言うところ。振り返ると、ベジタリアンに育てたり、犬を飼って動物に対する愛情、命の尊さを分かってもらえるようコントロールさせたつもりだったのかな〜…でも、血は強しですな…突然無自覚に眠っていた欲求がモソモソと動きだす…コントロール効かなくなった人間って怖いね。ていうか大学の洗礼儀式、アレ訳分からんw


んー、でもどこか物足りなさも有り。ホラーなのにスタイリッシュに描かれていてた部分かも。グロいものを欲していた身としては少し拍子抜け。個人的にビジュアル面で印象的だったのは髪を吐くとこと、指食べるとこ、興奮して鼻血だすとこくらいで。ただ、その分、グロ耐性のない方でも頑張れば見れるし、実際そ~ゆうとこを見せたいだけの映画ではないので監督の狙い通りの作風だろうなぁと思います!
danny74

danny74の感想・評価

4.0
ぶっちぎりのトラウマ映画😵

これほんまあかんやつですやん(ー_ー;)

よっぽどの覚悟がない方はオススメしません💦💦

ただホラー映画としてのできはピカイチ❗
ラストの衝撃は類をみないかもしれない…
nunchack

nunchackの感想・評価

4.1
グロ耐性がある自分でもこれは一部凄く気持ち悪かった。トラウマ映画になりました。二度と観ないだろうけど衝撃作としてはダントツ。
skip

skipの感想・評価

-
いや、目覚めで終わっちゃだめでしょ。中身がないじゃないか。あと風評被害でギャスパーノエをディスらないで、彼には愛があるんだから。ファンタジー展開にはやく振り切るべきだったのかなー。チープな思いつきだけど。今作のパーティーの映像や馬の姿には残念ながら何も感じない。
ManaMarks

ManaMarksの感想・評価

3.5
ベジタリアンだった女の子が食人に目覚めるストーリーwith姉
音がきもーい…
久しぶりに目を背けたくなった🤣
無理な人が多そうな映画ね…
フランス映画の気だるさ感は好きだった
中途退席者が出ていて、さもありなんな、想像よりもガチのフレンチホラーだった。
エロくてグロくてエモくて血塗れなので、ダメなひとはダメなやつ。
わたしは大好きでした。
主人公が栗原類っぽくて、三白眼が最高。パンクス姉ちゃんのスレた感じも好き。
神経症的な描写もとても上手い。『ラプチャー』を思い出したりしながら観たけどこっちのが断然怖くて哀しくて身に覚えのある痛みを感じた。
音楽も良くて耳に残ってる。
食べちゃう件はともかく、あの学校の先輩後輩のあり方、日常が怖すぎるんですけど。マジですか?あんな感じなの?ちょうイルです。